旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

ドイツ ハイデルベルグ城(1)

c_22_germany_500n.gif




1時間足らずでハイデルベルクに到着!

ここ、マンハイム方面からはトラムでも来られます。




ハイデルベルクといえば、まずはハイデルベルク城ですね。

バスはお城のある丘の上へ向かって坂道を登り、駐車場へとやって参りました。

PB293906.jpg 

ここからでも、お城の壁の端っこが見えています。

まだ、霞んでいますが、お天気回復の気配!






添乗員さんがチケットを買いに行っている間、この門の前で待機です。

PB293911.jpg

この門をくぐって、橋を渡るとお城の入口があります。


この門は【エリザベート門】と呼ばれており、
シュトュックガルテンと呼ばれる庭園とお城をつなぐところにあります。


この門、当時の城主 プファルツ選帝侯が
お妃エリザベートの誕生祝いに建てたということですが、
なんでも一夜のうちに建て、
翌朝ここを散歩で通りかかったお妃を驚かせたという話があるとか!

PB293913.jpg 

偉い人は何をするか分かったもんじゃありません!!



ハイデルベルクはバーデン・ヴュルテンブルグ州にある町で、
このハイデルベルク城はドイツでも有名なお城のひとつです。
記録では、13世紀頃からお城として機能し始めたようです。
マイン渓谷の底部から約80mの高さにあり、
ケーニヒスシュトゥールという山の北斜面に位置しています。

昔、ドイツの皇帝は7人の選帝侯の中から選ばれていて、
ハイデルベルク城は そのうちの一人であるプファルツ選帝侯が
長く居城としていました。
 
17世紀の半ば頃から、ハイデルベルク城を巡る状況は不安定化し、
1685年に当時の当主カール2世が子供も無く
亡くなったあと起きたプファルツ継承戦争で進入したフランス軍によって破壊されてしまい、
現在に至っています。

その後、マンハイムに居城(というより宮殿)は移されました。



このお城、宗教改革で有名なマルティン・ルターも訪れたことがあるそうです。





あの時計が組み込まれている建物は【城門塔(あるいは時計塔)】です。

PB293919.jpg 




では、エリザベート門をくぐって、空掘にかかる橋を渡りましょう。





橋の反対側にあるのが あの【城門塔】

PB293922.jpg

時計は生きています。 というわけで、9時ちょっと前です。

1531年から1541年の間に建設されたこの塔は防衛の要とされており、
現在でも主要な入口です。

獅子の間に銀の盾があったんだそうですよ!!



渡っている今の橋は石造りですが、
フランス軍によって破壊された後、暫くの間は跳ね橋だったそうです。




空堀に見えるあの小さな小屋のようなものは【選帝侯の泉】のひとつです。

PB293923.jpg

マンハイムに居城を移したあとも、マンハイムの水の質が悪かったことから、
ここからマンハイムまで水を運ばせたんだそうです。

将軍様へ献上の温泉みたいなものか・・・・





城門塔をくぐり抜けて、城内にやって来ました。

PB293926.jpg 

右手に見合えるアーチのある建物は【井戸棟】 休憩できます。
その向かいにあるのが【ルーブレヒト館】
正面にあるのが【フリードリッヒ館】





この壁だけしか残っていないのは【オット ハインリッヒ館】

右側にある壁は【ルードヴィッヒ館】

左側にあるのが【ガラスの広間棟】 
3階にヴェネツィア・ガラスで飾られた鏡の広間があったそうです。

PB293929.jpg 






PB293930.jpg 

フリードリッヒ館は屋根もしっかり修復されています。

左側の建物は【婦人の部屋棟】 女官のためのものです。




あの壁にあるものは日時計です。 ちょっと薄暗いので、今日は使えない・・・・・

PB293932.jpg 




フリードリッヒ館 立派な建物ですね。 あれ、空が青くなって来てますね!

PB293933.jpg 

フリードリッヒ館は、
マンハイムの創設者である選帝侯フリードリッヒ4世に因んで名付けられています。

ファサード壁面に据えられた像は、代々の選帝侯です。





建物の中に入る前に、フリードリッヒ館の裏側にあるバルコニー棟へ!!
PB293917.jpg

フランス軍 思いっきり壊して行ったんですね・・・・・


-本日の記事はジュマパパが担当しましたー

楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
ポチgoお願いします


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/14(水) 21:21:20|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドイツ ハイデルベルグ城(2) | ホーム | ドイツ 冬の朝の風景>>

コメント

v-212 バラカさん

戦争とは言いながら、ほんとにもったいないことですね。

日本のお城も明治維新で、相当数が石垣だけ残して無くなってしまいました。

そういった歴史あるものが残っていたらなぁ!と思うことが多いです。

まぁ、その時代の人々にとっては考慮の外だったんでしょうけれど。
  1. 2011/12/16(金) 20:34:46 |
  2. URL |
  3. ジュマパパ #-
  4. [ 編集 ]

たくさんの写真と丁寧な解説付きで見せていただけて、とてもHappyです。

こういう建物を見たり、一夜で建てたなんていう逸話を知ると、ほんと、昔の人は、現代人よりスケールが大きいんじゃないかと感じますね。

時を刻んできた時計、そして、日時計にも含蓄を感じます。

それにしても、戦争は、歴史的な建物でも平気で壊してしまうものというのも、こういう写真を見ると実感します。(戦争でというジュマパパさんの解説がなかったら、わからなかったですけど)
  1. 2011/12/15(木) 22:33:24 |
  2. URL |
  3. バラカ #MrDePj8Q
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabifami.blog40.fc2.com/tb.php/732-27cff070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (8)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (2)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ