FC2ブログ

旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

グローテマルクト広場と市庁舎ーアントワープ(ベルギー)-

c_10_netherlands_500n3.gif



ノートルダム大聖堂のすぐ前にあるのがグローテマルクト広場です。

P1230691.jpg



国旗が掲げられているのが市庁舎
ベルギー最大のルネッサンス建築です。
(内部はバロック調)

この市庁舎のホールは
「フランダースの犬」のネロ少年が
最後の望みをかけた絵画コンクールの発表があった場所です。

結果は落選。

俗人ジュマは
「作者は何故当選させてあげなかったんだろう・・・」と思ってしまいます。


P1230692.jpg





さまざまな形のギルドハウスが取り囲むように建っています。
P1230693.jpg



私の劣等感からかもしれませんが
ヨーロッパの人って座っているだけで絵になりますね。

P1230694.jpg




ブラボーの像をバックに記念撮影をする中年?ライダーご一行

P1230696.jpg




こちらがその英雄シルヴィウス・ブラボーの像です。

P1230697.jpg

ブラボーの伝説とは
昔、巨人アンティゴンが高額な通行料を要求し
払えないと分かるとその人の手を切り落とすという悪行をしていました。

アンティゴンに一人勇敢に立ち向かったローマ軍の隊長シルヴィウス・ブラボーは
巨人の手を切って投げつけました。

この噴水の像はまさに巨人の手を投げようととしている瞬間です。
下の部分には巨人アンティゴンが手を切られて横たわっています。


ブラボーが巨人のhant(手)を切り取ってwerpen(投げる)ことから
アントワープの名前が付けられたという説もあります。







P1230698.jpg




夏休み中、市庁舎が一般公開されていたので行列に加わってみました。


内部も価値ある素晴らしいものだということはわかりますが
ガイドツアーがフラマン語だったので
(置いてあったガイドブックも中国語はあっても日本語は無し)
詳しいことはさっぱりわかりませんでした 

と言う訳で
写真だけでお楽しみください。
P1230704.jpg






P1230705.jpg



アントワープ名誉市民のCHARLES ・S・ SUSSMAN
P1230706.jpg





P1230707.jpg






P1230708.jpg





P1230709.jpg





市庁舎を出ると小雨が降っていました。
雨宿りに教会が見えるカフェでお茶しました。
P1230711.jpg


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3

今日の懸賞はこちら
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2010/10/26(火) 09:46:42|
  2. ベルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ファッション・ウォーキングとルーベンスの家ーアントワープ(ベルギー)- | ホーム | アントワープのノートルダム大聖堂最終回ーベルギーー>>

コメント

伝説って面白いですね

v-254magamikさん、

市庁舎の前にこれだけ大きな銅像(噴水)を作るということはブラボーさんは相当な英雄なんでしょうね。

伝説と書きましたが、半ば実話に近いのかも知れませんね。

市庁舎は詳しくご紹介できなくて申し訳ないです。
きっとすごいものなんだろうと思いますのに悔しい。

ネットで検索してみたのですが載ってないんですよ・・・(*'Д`)=3

いつも読んでいただいて感謝感激雨あられです。
(古ゥ~)
  1. 2010/10/27(水) 22:39:07 |
  2. URL |
  3. ジュマ #-
  4. [ 編集 ]

どれも驚きです

こんばんわ~
すばらしい建築物にステンドグラス、そしてたくさんの絵、もう、びっくりですね。
シルヴィウス・ブラボーの像は日本では考えられないですが・・・。
伝説を読ませていただきよく分かりました。
”ヨーロッパの人って座っているだけで絵になりますね”同感です。不思議ですね~~。

全て読ませていただいてます、
おかげさまにて色々知識が増え、とてもありがたいです。

  1. 2010/10/27(水) 22:21:39 |
  2. URL |
  3. magamik #-
  4. [ 編集 ]

皆さんへお返事です

v-254みかんちゃん、

hant werpenからAntwerpen妙に納得しますよね~(笑)

これは諸説あるなかの一つだそうですが
私はこの説が一番好きです。

知識は殆どないのですよ(汗)

帰ってから記事にする時に調べているわけでして・・・(お恥ずかしい)



v-254kamyさん、

ストーリー的にはkamy作と似通っています。
風車小屋の主が翌日ネロの身元引受人になろうとしていたことや、
コンクールの絵を見た著名な画家が
彼を引き取り養育しようとしていたらしいです。

けれどネロはそのことを知らず前日に息を引き取るという筋書きです。

著者がイギリス人で無くフランドル地方の人だったら
ハッピーエンドだったかもしれませんね。

「フタンダースの犬」の物語について面白いサイトを見つけました。

お時間がある時に見てくださると嬉しいです。


http://www.a-dog-of-flanders.org/index.html
  1. 2010/10/26(火) 20:32:23 |
  2. URL |
  3. ジュマ #-
  4. [ 編集 ]

「フランダースの犬」私なら

>「作者は何故当選させてあげなかったんだろう・・・」
作者は、西洋的お涙頂戴に、徹したのでしょうが、
だとすれば、当選させたうえで、もっとインパクトを、
与えるべきだったように思いますね。
例えば、
ネロは、当選の通知を受け取れずに、
パトラッシュと共に、教会で息絶えた。
当選通知が、来た事を知ったアロアは、
早くネロに知らせたくて、吹雪の中を教会に向かって走る。
ネロとパトラッシュが、協会で静かに息絶えた時、
アロアは、胸騒ぎがして立ち止まり、吹雪に向かって、
ネロとパトラッシュの名を、絶呼するのであった。
これでどうでしょうか?
  1. 2010/10/26(火) 18:27:15 |
  2. URL |
  3. kamy #-
  4. [ 編集 ]

アントワープって・・・☆彡

>ブラボーが巨人のhant(手)を切り取ってwerpen(投げる)ことからアントワープの名前が付けられたという説もあります。

すごく勉強になりました。
ジュマパパさんとジュマさんの旅行は、深いですよねぇ~
いつも感心します。
知識が有ると、旅の仕方も変わりますね(^-^*)


  1. 2010/10/26(火) 18:22:21 |
  2. URL |
  3. みかんちゃん #eoiZu7NI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabifami.blog40.fc2.com/tb.php/422-864b43fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」


家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


最新記事

カテゴリ

北海道 (38)
なばなの里 (36)
三重県 (19)
岐阜県 (59)
愛知県 (165)
滋賀県 (10)
京都府 (16)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (26)
山梨県 (26)
静岡県 (19)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (11)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (70)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (130)
オランダ (72)
ベルギー (160)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (24)
フィンランド (7)
スウェーデン (19)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (58)
フランス (6)
イタリア (76)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
UAE (7)
アブダビ (2)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (18)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
エジプト (18)
ウズベキスタン (9)
天使たち (46)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (12)
外食・内食 (21)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (12)
雑談 (41)
未分類 (0)
お得情報 (7)

過去ブログ記事



☆★過去ブログ編★☆
タイ(10)
韓国
『ソウル』(10)
『釜山・蔚山』(8)

マレーシア
『クアラルンプール』(9)

シンガポール(3)
アラブ首長国連邦
『ドバイ』(10)

トルコ(30)
スイス(6)
ドイツ
『フランクフルト』(5)

オーストラリア
『ケアンズ』(5)

ニュージーランド
『南島』(10)
『オークランド』(4)
ハワイ(4)
アメリカ(7)
台湾(12)


☆★乗った航空会社★☆
キャセイパシフィック
香港ドラゴン航空
中国東方航空
中国南方航空
アシアナ航空
ベトナム航空
タイ航空
Finnair
UA
ANA
デルタ航空
エバー航空
JAL
エールフランス
コンチネンタル航空
マレーシア航空
タイ航空
カンタス航空
ノースウェスト航空
ニュージーランド航空
エミレーツ航空
エティハド航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
スイス航空
カタール航空
アメリカン航空
Yeti航空
flybe航空
LATAM航空
ウズベキスタン航空

月別アーカイブ

リンク


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ