FC2ブログ

旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

神秘の子羊が見られる 聖バーフ大聖堂 その1 -ゲントー

ブリュッセルの西約50キロにある、東フランドル地方の古都ゲントは見どころが市庁舎の周りに集まっているので
余程マニアックな場所に行かない限り迷うことは無さそうです。

なので速攻フリータイムになりました。

私たちはまず、聖バーフ大聖堂神秘の子羊を見に行きました。 

聖バーフ大聖堂はカール5世が洗礼を受けたゲント最古の教会です。

カール5世

ゲント生まれのカール5世は、
ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝であり、スペイン国王としてはカルロス1世と呼ばれる。
ハプスブルク帝国の絶頂期に君臨し、近世における最も重要な人物の一人である。
その治世は、ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の創造者、体現者と言われる。

                                          -wikipediaよりー


ヤン・ファン・アイクの祭壇画「神秘の子羊」は門外不出なので
ここでしか見ることが出来ません。

神秘の子羊

複雑な構成で描かれた非常に大規模な多翼祭壇画。

板に油彩で描かれた初期フランドル派絵画を代表する作品の一つで、
12枚のパネルで構成されており、
そのうち両端の8枚のパネル(翼)が畳んだときに内装を覆い隠すように設計されている。
これら8枚のパネルは表面(内装)、裏面(外装)ともに絵画が描かれており、
翼を開いたときと畳んだときとで全く異なった外観となって現れる。

日曜日と祝祭日以外の日には翼が畳まれており、さらに布が掛けられていることも多い。

制作を開始したのは、
その生涯も作品もほとんど伝わっていないフランドルの画家フーベルト・ファン・エイクである。

                                         -wikipediaより抜粋ー

祭壇画は別室に展示されていて、入場料が必要です。
日本語のオーディオガイド付き

撮影は禁止
それでもこそっと写真に収めようとする人もいましたが、
係りの人のチェックは厳しく、すぐに注意されていました。

祭壇画の写真パネルが教会内に展示されていましたので
どういう絵かは後日ご紹介します。
CIMGd6302.jpg



混雑している祭壇画の部屋を出て、教会の中は一部を除き撮影自由。

後期ロマネスクから後期ゴシックまでの様式が見られます。
CIMGd6307.jpg



CIMGd6309.jpg



CIMGd6310.jpg


ダミアン神父の像

ダミアン神父はベルギー出身の宣教師です。
アメリカ合衆国ハワイ州モロカイ島において、当時、誰も顧みなかったハンセン病患者たちのケアに生涯を捧げ、
自らもハンセン病で命を落としたカトリック教会の聖人です。

CIMGd6311.jpg


あちこちに掲げられている祭壇画
CIMGd6312.jpg



立派な説教壇
CIMGd6313.jpg




CIMGd6314.jpg



過去に使われていた鐘でしょうか・・・・
CIMGd6315.jpg
                                                                 -つづくー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/07/08(火) 17:15:00|
  2. ベルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<聖バーフ大聖堂 その2 -ゲントー | ホーム | スヘルデ川とレイエ川に挟まれた美しい街ゲント -ゲントー>>

コメント

まさしく大聖堂です

v-254yottittiさん、

>あのカール5世が洗礼を受けた由緒ある聖バーフ大聖堂なのですね

小さな街ですが、古都らしい雰囲気が漂い素敵な所でした。
大聖堂もなかなか立派で圧倒されました。

>ゲントという場所も今回初めて知りましたが、そこのご出身とは、ヨーロッパの歴史は奥深いです

ゲントとブルージュは別の日に電車で行こうと思っていましたが、
方角を見ると同じ
しかも両方訪問できるツアーがあったので
これもツアーに乗っかった次第です。(笑)

>祭壇画はもちろん、ステンドグラスが見事ですね
さすが最古といわれる教会ですね

どの地の大聖堂も素晴らしいですが、
こちらのステンドグラスもため息が出るほど美しいものでした。

  1. 2014/07/08(火) 20:43:23 |
  2. URL |
  3. ジュマ #-
  4. [ 編集 ]

あのカール5世が洗礼を受けた由緒ある聖バーフ大聖堂なのですね
ゲントという場所も今回初めて知りましたが、そこのご出身とは、ヨーロッパの歴史は奥深いです
祭壇画はもちろん、ステンドグラスが見事ですね
さすが最古といわれる教会ですね
  1. 2014/07/08(火) 18:11:51 |
  2. URL |
  3. Yottitti #eKx3u/rI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tabifami.blog40.fc2.com/tb.php/1518-c8e8c0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」


家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


最新記事

カテゴリ

北海道 (38)
なばなの里 (36)
三重県 (19)
岐阜県 (59)
愛知県 (165)
滋賀県 (10)
京都府 (16)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (26)
山梨県 (26)
静岡県 (19)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (11)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (70)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (130)
オランダ (72)
ベルギー (160)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (24)
フィンランド (7)
スウェーデン (19)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (58)
フランス (6)
イタリア (76)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
UAE (7)
アブダビ (2)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (18)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
エジプト (18)
ウズベキスタン (9)
天使たち (46)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (12)
外食・内食 (21)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (12)
雑談 (41)
未分類 (0)
お得情報 (7)

過去ブログ記事



☆★過去ブログ編★☆
タイ(10)
韓国
『ソウル』(10)
『釜山・蔚山』(8)

マレーシア
『クアラルンプール』(9)

シンガポール(3)
アラブ首長国連邦
『ドバイ』(10)

トルコ(30)
スイス(6)
ドイツ
『フランクフルト』(5)

オーストラリア
『ケアンズ』(5)

ニュージーランド
『南島』(10)
『オークランド』(4)
ハワイ(4)
アメリカ(7)
台湾(12)


☆★乗った航空会社★☆
キャセイパシフィック
香港ドラゴン航空
中国東方航空
中国南方航空
アシアナ航空
ベトナム航空
タイ航空
Finnair
UA
ANA
デルタ航空
エバー航空
JAL
エールフランス
コンチネンタル航空
マレーシア航空
タイ航空
カンタス航空
ノースウェスト航空
ニュージーランド航空
エミレーツ航空
エティハド航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
スイス航空
カタール航空
アメリカン航空
Yeti航空
flybe航空
LATAM航空
ウズベキスタン航空

月別アーカイブ

リンク


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ