FC2ブログ

旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

スカンセン野外博物館 後編 -スウェーデンー

世界初の野外博物館スカンセン野外博物館の続きです。


首都ストックホルムの中にありながら、タイムスリップしたような街並みがそこにはあります。


見慣れない形をした塔を持つ教会
r20180626_111550.jpg


木材を豊富に使った造りは北欧ならではという感じがします。

r20180626_111632.jpg


内部も見事なまでの木造
r20180626_111719.jpg


天井画も美しいです。
r20180626_111830.jpg



r20180626_113923.jpg


放し飼いのヘラジカをすぐそばで見ることができます。

ちなみに、ショップエリアではヘラジカの肉料理が食べられますが
試食も出来ました。
柔らかくて臭みがなく美味しかったです。

r20180626_114000.jpg


トナカイ

r20180626_114622.jpg


先住民族 サーミ人(Sápmi)の住居を復元したもの
r20180626_115015.jpg


中はこんな感じ
r20180626_115030.jpg


そこかしこでリスを見かけました。
r20180626_120248.jpg


おいしそうな香りに誘われてパン屋さんへ・・・・

r20180626_121654.jpg


ふわふわで とても美味しかったです。
r20180626_122044.jpg



r20180626_122757.jpg


こちらはサブのエントランス
こちら側にはケーブルカーもありますが
私たちは下りだったので徒歩で降りました。(のんびり歩いても10分くらい)

ちょうど鼓笛隊が出発するところでした。
r20180626_124501.jpg



ー2018年6月に訪問ー


☆次回は「ヴァーサ号ミュージアム」を予定しています。


ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/01/28(月) 12:36:19|
  2. スウェーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカンセン野外博物館 前編 -スウェーデンー

またまたストックホルムパスを使って移動です(このパス、本当に便利)
市庁舎前のバス停から2階建てのHOP ON- HOP OFF BUSで車窓からの市内観光かねて
ユールゴーデン島に行きました。

照りつける日差し、エアコンなし でかなり暑いです。
下の階に移動したりしましたが、部屋の中の空気が籠ってもっと暑かったです。

r20180626_094852.jpg



セーデルマルム島に入り、
スタッツガードハムネン港のバイキング・ターミナルを経由しします。
r20180626_101658.jpg



ガムラスタン島を通って本土に入りユールゴーデン島へ・・・・


スカンセンでバスを降りました。

スカンセンは1891年にオープンした野外博物館です。

平日なので空いていましたが、社会見学の子供たちがたくさん訪れていました。
r20180626_104621.jpg



全体はこんな感じ
かなり広いです。
r20180626_104809.jpg



会場へはこの急なエスカレータを使います。(別のルートを徒歩で上がることも可能)
r20180626_105449.jpg




この博物館は、急激な工業化により古い伝統が失われていくのを憂いた創設者の
ハッセリウスhasseliusが全国から160棟の伝統的建物を集めてオープンしたものです。

農家、教会 貴族の邸宅など1700~1900年代の建物を見ることができます。
r20180626_110339.jpg


r20180626_111440.jpg




ー2018年6月に訪問ー


☆次回も「スカンセン」を予定しています。


ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/01/23(水) 14:20:29|
  2. スウェーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボートで行く「ドロットニングホルム宮殿」観光 -スウェーデンー

ストックホルムパスを使ってボートでローベン島(Lovon)にある
「王妃の小島」を意味する「ドロットニングホルム宮殿Drottningholms slott」に出かけました。
(ボートからの風景は前回の記事に書いています。)

船はの大きさはこんな感じ
人気の観光地なので乗客は多かったです。


r20180625_125903.jpg


船を降りてから徒歩で数分で宮殿に到着

ロイヤルファミリーが暮らすエリアを覗いて、観光客も見学が可能です。

5月から9月までは毎日開館されています。  ーその他の月はHPでご確認くださいー
r20180625_130115.jpg

「18世紀に建築された王室の居城の中でも
もっともよく保存された例であると同時に、この時代のヨーロッパでも
代表的な王室の建築物でもある」
というのがユネスコの世界遺産リストの登録理由だそうです。

16世紀から建築が始まり18世紀半ばまで増改築を繰り返し、
イタリアやフランスの影響を受けた華やかなバロック様式の建築で三階建220室を誇ります。

r20180625_134246.jpg




入ってすぐの階段ホール
r20180625_131115.jpg

淡いブルーの壁に金の装飾が美しい
ロヴィーサ・ウルリーカ王妃の図書室
r20180625_132410.jpg


宮殿の窓から見た庭園とメーラレン湖
r20180625_133311.jpg



エーレンストラールの間
r20180625_131739.jpg




カール10世グスタフの記念ギャラリー
r20180625_131646.jpg


赤ちゃん用のベット
r20180625_131947.jpg



典儀の間
r20180625_133514.jpg





宮殿の裏に広がる広大な敷地内には、迷路のような刈り込みがされたバロック庭園が広がっています。


r20180625_134304.jpg



r20180625_134313.jpg



ー2018年6月に訪問ー


☆次回は「スカンセンエリア」を予定しています。


ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/01/16(水) 15:07:29|
  2. スウェーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ストックホルムパスを使ってボートツアーに!-スウェーデンー

ストックホルム市庁舎の内部ツアーを終えて中庭からメーラレン湖畔散策です。

r20180624_170256.jpg


昼間の暑さからは幾分解放され、のんびり散策
r20180624_170612.jpg



対岸にはガムラスタンエリアが見えています。
r20180624_171036.jpg





翌日再び市庁舎前にやってきました。
この日も、中央駅にあるホテルに宿泊している便利さを享受しています。


r20180625_104704.jpg



この日は
ストックホルムパスを使って
ボートでドロットニングホルム宮殿に行ってみました。
r20180625_105445.jpg


乗り場は市庁舎のすぐそばです。
本数もそれなりにありました。
r20180625_112028.jpg





前日に乗り場のチケット売り場で予約しましたが
一番早い便はすでに予約でいっぱい。
次の便なら取れました。

この日も気温が高め
「頑張って観光しましょう・・・・」
r20180625_121008.jpg




途中2箇所の乗り場(桟橋)を経由します。
r20180625_123644.jpg





r20180625_124530.jpg





おおよそ1時間ほどでドロットニングホルム宮殿が見えてきました。
詳しくは次回に・・・・・
r20180625_125238.jpg



ー2018年6月に訪問ー


☆次回はストックホルムパスを使用して「ドロットニングホルム宮殿」を予定しています。


ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村



関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/01/11(金) 15:53:02|
  2. スウェーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストックホルム市庁舎はノーベル賞の晩餐会場でもあります -スウェーデンー

明けましておめでとうございます。
更新間隔が長くなってしまっているこのブログですが
今年もよろしくお願いいたします。



新年1回目はストックホルムの市庁舎です。
ストックホルム中央駅の西側(徒歩10分くらい)のところに位置し
ストックホルムの人気観光地でもあります。

見学するはガイドツアーに参加しなくてはなりません(英語のみ)。
ゆっくり話してくれますので、英語が得意でない私でも理解ができました。

夏季は30分毎、冬季は1時間ごとにスタートします。

何とか最終回のツアーに間に合いました。


ナショナルロマン様式のこの建物は
1911年から23年にかけて作られました。

ますはブルーホールの大広間
r20180624_160201.jpg



中世イタリアの広場を思わせるデザインで、
採光は高窓から取り入れています。

r20180624_161200.jpg





コンサートや式典などに使われていますが
一番有名なのは毎年12月10日に開かれる「ノーベル賞授賞祝賀晩餐会」ではないでしょうか。

ただ、参加人数が多さゆえに
当日はぎゅーぎゅー詰めでお食事されているらしいですよ。
r20180624_161230.jpg



r20180624_161553.jpg




2階には市議会議場があります。
r20180624_161614.jpg


ヴァイキング・ルネッサンス様式が施された天井は必見です。

r20180624_162624.jpg


ハイライトは黄金の間
まばゆいばかりの1800万枚の金箔モザイクで飾られた壁面があるこの部屋は
ノーベル賞受賞パーティの舞踏会広間として使われます。

r20180624_163255.jpg


r20180624_163810.jpg


壁画は「メーラレンの女王」です。
r20180624_164502.jpg



ー2018年6月に訪問ー


☆次回はストックホルムパスを使用したボートツアーを予定しています。


ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村



関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2019/01/04(金) 15:36:15|
  2. スウェーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


最新記事

カテゴリ

北海道 (38)
なばなの里 (36)
三重県 (19)
岐阜県 (59)
愛知県 (165)
滋賀県 (10)
京都府 (16)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (26)
山梨県 (26)
静岡県 (19)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (11)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (70)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (130)
オランダ (72)
ベルギー (160)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (24)
フィンランド (7)
スウェーデン (19)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (58)
フランス (6)
イタリア (76)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
UAE (7)
アブダビ (2)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (18)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
エジプト (18)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (12)
外食・内食 (21)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (12)
雑談 (41)
未分類 (0)
お得情報 (7)

過去ブログ記事



☆★過去ブログ編★☆
タイ(10)
韓国
『ソウル』(10)
『釜山・蔚山』(8)

マレーシア
『クアラルンプール』(9)

シンガポール(3)
アラブ首長国連邦
『ドバイ』(10)

トルコ(30)
スイス(6)
ドイツ
『フランクフルト』(5)

オーストラリア
『ケアンズ』(5)

ニュージーランド
『南島』(10)
『オークランド』(4)
ハワイ(4)
アメリカ(7)
台湾(12)


☆★乗った航空会社★☆
キャセイパシフィック
香港ドラゴン航空
中国東方航空
中国南方航空
アシアナ航空
ベトナム航空
タイ航空
Finnair
UA
ANA
デルタ航空
エバー航空
JAL
エールフランス
コンチネンタル航空
マレーシア航空
タイ航空
カンタス航空
ノースウェスト航空
ニュージーランド航空
エミレーツ航空
エティハド航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
スイス航空
カタール航空
アメリカン航空
Yeti航空
flybe航空
LATAM航空

月別アーカイブ

新着コメントさん

これまで交流いただいたブログ

お役立ちリンク


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ