FC2ブログ

旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

ダブリン街歩き その3 -アイルランドー

アイルランド最後の日になりました。
宿泊していたダブリンの街も見納め
当てもなく歩いてみました。

中心部にあるメインストリート、オコンネルストリート O’Connell Streetは
南北に続く幅約50メートル、長さ500mの大通りです。

天を衝くようにそびえるのはThaSpire


高さ120メートル、先端わずか15cmという細長い柱がオコーネルストリートの中心部に建てられています。
建設は2003年と比較的新しく、賛否両論あるそうですが、
その高さからダブリンのどこからでも見つけることができ、
夜間にはその先端が光るため、ランドマークとしての役割をしています。
q20170718_130430.jpg



ランチはお決まりのアイリッシュ・ビーフシチューにしました。
やはり一度は食べて帰りたいですから・・・。

「アイリッシュ」と普段食べているビーフシチューとの大きな味の違いは判りませんでしたが
文句なしに美味しかったです。
q20170718_131534.jpg

デザートはライス・プディング
q20170718_131540.jpg



リフィ川からダブリン湾の方を望む風景
q20170718_134404.jpg



DARTlineを走る列車が通過して行きます。
q20170718_134641.jpg



左のドームがある建物は税関です。
q20170718_135015-PANO.jpg

トリニティ・カレッジ近くの国立図書館
q20170718_143043.jpg



こちらレンスター・ハウスは議会議事堂です。
q20170718_143220.jpg


国立考古学歴史博物館の展示品

Broighter Hoard の数々

1896年2月に発見された、
アイリッシュ・アイアン・エイジの最も美しい宝庫だともいわれています。

バッファロー
q20170718_144515.jpg


ブロイターボート
q20170718_144520.jpg


Viking Art Styles
q20170718_144800.jpg


q20170718_144833.jpg


q20170718_145127.jpg


クラレンドン・ストリート近くの小さな教会
Carmelite Church

q20170718_153924.jpg


訪れる人も少なくひっそりとしています。
q20170718_154038.jpg



q20170718_154109.jpg



q20170718_154231.jpg


今回も長いアイルランドのお話にお付き合いいただきありがとうございました。
帰路はANAのB787(ドリームライナー)を利用したくて
デュッセルドルフ乗り継ぎ便を選びました。

ー2017年7月に訪問ー


                    ☆次回は「乗り継ぎ時間を利用した「ドイツデュッセルドルフ」観光を予定しています☆



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/29(月) 22:19:03|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界十指に入る奇景「ジャイアンツ・コーズウェイ」ーアイルランドー

本日のツアーの最終目的地は【ジャイアンツ・コーズウェイ

入り口の手前にある芝生では たくさんの人達がサンドウィッチなどを食べていました。

ここにはレストランが一軒しかないので大勢の観光客が食事をすることは出来ないし、軽食スタンドもありません・・・・

というわけで、ピクニックに来たようなものです・・・・

q20170717_134959.jpg

ジャイアンツ・コーズウェイは海岸にあります。

ここは まだ ほんの入り口! 大きな石が規則正しく並んでいるように見えます。

q20170717_135043.jpg

大きな石が並んでいるような海岸が続きます。

ジャイアンツ・コーズウェーとは【巨人の石道】という意味だそうです。
アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールがスコットランドの巨人ベナンドナーとの戦いのために作ったのだとか。

q20170717_135643.jpg

話はいくつかあるようですが、最後は戦う前にベナンドナーが逃げ帰って めでたしめでたし!!

q20170717_140130.jpg



かなり歩いた辺りで こんな感じになります。

六角柱がメインの石の柱が連なる【柱状節理】が見られます。

q20170717_140320.jpg

4万本もあるとか・・・・

q20170717_140806.jpg

みんな登ったり降りたり・・・・・

q20170717_140836.jpg

日本でも柱状節理が見られる場所はありますが、これほどの規模のものは無いかと・・・・

q20170717_140843.jpg

6千万年ほど前の火山活動の結果だそうです。

q20170717_140856.jpg

広大な地域に溶岩が出てきたなんて・・・・どんな光景だったんでしょう・・・・・

q20170717_141132.jpg



q20170717_141425.jpg


ここが一軒あるレストラン兼ホテルです。

q20170717_144002.jpg

ちらっと内部を拝見しましたが、いい感じのところでした。

 



 ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「ダブリン街歩き」を予定しています☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村


関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/18(木) 23:07:27|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンジャラスなキャリック・ア・リードの吊り橋ーアイルランドー

キャリック・ア・リードの吊り橋ーCarrick-A-Rede Rope Bridgeーは
トリップアドバイザーで「死ぬまでに一度は渡りたい世界の徒歩吊り橋10」にランクインしている
ちょっと1歩を踏み出すのに勇気がいる吊り橋です。


断崖が続く途中の景観
q20170717_154243.jpg




駐車場付近で吊り橋を渡るためのチケットを購入、そこから1キロほど歩いて行ったところに吊り橋があります。
q20170717_154526.jpg



右に見えているのがその橋です。
q20170717_155055-PANO.jpg



橋の途中ですれ違うことが出来ないので
両側にいる係りの人の指示にしたがって交代で渡りますので両方に順番待ちが出来ています。

橋の長さは20mほどなので思ったより恐怖感は無く「もう渡り終わった?」と思うほどあっけないです。
個人的には奈良県十津川村の「谷瀬の吊り橋」の方が怖いです。
q20170717_155101.jpg


島に渡り陸側を見るとこんな感じ
q20170717_155118.jpg


釣り船と小屋がありますが、今は使われていないそうです。
q20170717_155258.jpg


風もあまり強くなく、穏やかな日和でラッキーでした!
風が強いと橋はかなり揺れるらしいですから・・・・・
q20170717_155343.jpg




ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「巨大な石柱群のジャイアンツ・コーズウェイ」を予定しています☆



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/10(水) 22:39:39|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルファストの街のタクシーツア― -アイルランドー


この日は英国領の北アイルランドにあるコーズウェイベイ・コーストへ向かいます。

Wild Rover Toursの日帰りツアーです。

q20170717_082455.jpg

途中 北アイルランドのベルファストに立ち寄りました。

【タイタニック・エクスペリエンス】か【ブラック・タクシー・ツアー】のどちらかを選ばなければなりませんでしたが、
タクシーの方を選んでみました。

何をするのかよく分かっていなかったのですが、カトリックとプロテスタントの紛争を学ぶツアーでした。

q20170717_100522.jpg

カトリック系の住民が住むエリアの壁

紛争の際に亡くなった人々の写真や名前 亡くなった時期などが描かれていました。

q20170717_101343.jpg

当時の新聞記事など・・・・・

q20170717_101456.jpg

こんな形の爆弾も使われていたそうです。

q20170717_102303.jpg


1981年にハンガーストライキの末 衰弱死したIRA暫定派のボビー・サンズさんを称える絵だそうです。

q20170717_102730.jpg


私たちが歩いたのはこの辺り

q20170717_102812.jpg


アイルランドがイギリスの統治から独立する時に、イギリスに残留した北アイルランド

q20170717_104947.jpg

地区を分ける壁の上部には 容易に超えることが出来ないように トゲトゲ!!

q20170717_105138.jpg

民家の周囲も同じように 固い守りになっていました。

q20170717_110307.jpg

学校もカトリック系とプロテスタント系に分かれているそうです。 容易に解決できる問題ではないというのが分かりました。


ちょっと複雑な気分で、集合地点のタイタニック・ベルファスト前へ移動!

q20170717_112458.jpg

タイタニック号は ここ ベルファストの造船所で建造されました。

そんなわけで、沈没から100年となる2012年に記念事業として建てられたのがタイタニック・ベルファスト

q20170717_112723.jpg

タイタニック号の建造当時の状況を知ることが出来るそうです。

こちらも面白そうです! 両方とも行けたら良かったのですが・・・・・



 ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「キャリック・ア・リードの吊り橋」を予定しています☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村


関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/07(日) 22:00:00|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューグレンジとモナスターボイス -アイルランドー

ー  新年 あけましておめでとうございます。
記事の投稿スパンが長くなってしまったジュマんちですが
今年ものんびりと進められたらと思っています。
   どうぞよろしくお願いいたします  ー



アイルランド旅行の続きです。

今日はニューグレンジとモナスターボイスです。

ダブリンから北西に約60キロの丘陵にある約5000年前の巨大墳墓群の代表が
このニューグレンジ

前にご紹介したケルト人の聖地タラの丘遺跡の北にあります。

ガイドブックでもおなじみの半円形の非常に整った形をした古墳です。

周辺には大小40ほどの古墳が発見されています。

IMG_r0716_150026.jpg




続いて訪れたのは
モナスターボイス


ボイン川渓谷から北にいくつかの丘を越えたところにあります。

聖パトリックの弟子聖ブイトが5世紀に建てたものです。

先端が破壊されたラウンドタワーの周囲には多くの墓標があります。
IMG_q20170716_153500.jpg




q20170716_153934.jpg



q20170716_154026.jpg



q20170716_154434.jpg


そのなかでもひときわ背の高いハイクロスがこれです。

10世紀のもので
アイルランドでもっとも有名な十字架の一つとされています。

十字架の中央の輪は日輪を表しています。
最後の審判を示す聖人や
キリスト降誕の際に贈り物を持って来た東方の三博士
モーゼやアダムとイブなど聖書の物語が描かれています。

文字が読めない人が多かった当時の教育のために用いられたと言われています。
q20170716_154857.jpg




q20170716_155201.jpg



ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「タクシーで巡るツアー」を予定しています☆



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/03(水) 21:10:21|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」


家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は





旅するファミリー情報局2 - にほんブログ村


旅行記
記事一覧


最新記事

カテゴリ

北海道 (38)
なばなの里 (36)
三重県 (19)
岐阜県 (59)
愛知県 (165)
滋賀県 (10)
京都府 (16)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (26)
山梨県 (26)
静岡県 (19)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (11)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (70)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (130)
オランダ (72)
ベルギー (160)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (24)
フィンランド (7)
スウェーデン (19)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (58)
フランス (6)
イタリア (76)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
UAE (7)
アブダビ (2)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (18)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
エジプト (18)
ウズベキスタン (9)
天使たち (46)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (12)
外食・内食 (21)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (12)
雑談 (41)
未分類 (0)
お得情報 (7)

過去ブログ記事



☆★過去ブログ編★☆
タイ(10)
韓国
『ソウル』(10)
『釜山・蔚山』(8)

マレーシア
『クアラルンプール』(9)

シンガポール(3)
アラブ首長国連邦
『ドバイ』(10)

トルコ(30)
スイス(6)
ドイツ
『フランクフルト』(5)

オーストラリア
『ケアンズ』(5)

ニュージーランド
『南島』(10)
『オークランド』(4)
ハワイ(4)
アメリカ(7)
台湾(12)


☆★乗った航空会社★☆
キャセイパシフィック
香港ドラゴン航空
中国東方航空
中国南方航空
アシアナ航空
ベトナム航空
タイ航空
Finnair
UA
ANA
デルタ航空
エバー航空
JAL
エールフランス
コンチネンタル航空
マレーシア航空
タイ航空
カンタス航空
ノースウェスト航空
ニュージーランド航空
エミレーツ航空
エティハド航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
スイス航空
カタール航空
アメリカン航空
Yeti航空
flybe航空
LATAM航空
ウズベキスタン航空

月別アーカイブ

リンク


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ