旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

「ドゥブロブニク」 旧市街 その2 プラツァ通りを歩きます

プラツァ通りは旧市街のピレ門から中心部ルジャ広場まで続く200m余りの目抜き通りです。
両側にはショップやカフェなどが並び賑わっています。

これはオノフリオの大噴水
ナポリのオノフリオ・デッラ・カヴァが1438年に造った大きな噴水で、
12km離れた源泉から水を引いて市内の2か所に設けられています。
16面の顔のレプリカの口から、水が噴き出していて飲料水となっています。
IMG_p4301.jpg


冷たい水ですが、そのまま飲む時にはお腹に自信が無い方は自己責任でお願いします。
IMG_p4304.jpg


オノフリオの大噴水 と向かい合って建っているフランシスコ会修道院
IMG_p4306.jpg




IMG_p4307.jpg



プラツァ通りにはいくつもの小路が交差しています。
IMG_p4310.jpg




IMG_p4311.jpg




こちらの路地奥にあるアイスクリーム屋さんのアイスクリームが美味しいと聞きましたので
ランチのあと食べに行きました(後日ご紹介します)
IMG_p4313.jpg



ショップが並ぶプラツァ通り
IMG_p4314.jpg



爽やかなブルーとホワイトを基調としたデザインのブティック「aqua」(アクア マリタイム)は人気でした。

たー君たちに買ってあげようかと思いましたが
見本品以外を広げると店員さんが慌ててやってきて、険しい表情で
「見本以外は触れないで!」という言い方にムッとしたので購入せずに出て来てしまいました。
IMG_p4315.jpg



ルジャ広場に到着です。
石の階段の上に建つのは聖ヴラホ教会
上にドゥブロブニクの守護聖人ヴラホの像 が建っているのが見えます。
IMG_p4318.jpg



スポンザ宮殿と時計塔
スポンザ宮殿は16世紀にドゥブロブニク共和国の税関や造幣局として建造され、
後期ゴシック様式とルネサンス様式が混在しています。
1667年の大地震の際に残ったただ一つの建物です。
その後、文化人などのサロンとなり、現在は古文書館として利用されています。
IMG_p4321.jpg


IMG_p4323.jpg



プラツァ通り
IMG_p4322.jpg




向こうの山はスルジ山
IMG_p4334.jpg



青空市場ではラベンダーや干しイチジク、ハンドメイド品などが売られていて賑わっています。
IMG_p4335.jpg



                                            -2015年7月に訪問ー

                                      ☆次回は城壁内(旧港)です☆





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/30(月) 21:00:05|
  2. クロアチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Birminghamから帰るよ~

Derbyへ来る時はブリュッセルからロンドン経由でしたが、帰りはロンドンより近いバーミンガム空港からフランクフルト経由です。

朝早い便なので、前回利用したことのある空港そばのホテルで宿泊。


朝食も空港内のラウンジで済ますことに!!

Pp1330206.jpg

日の出前なので、外はまだ暗く、ラウンジ内も閑散としております。


こじんまり・・・・

Pp1330208.jpg



パン類が温められていました。

Pp1330209.jpg




こんなところです。 ココアも作れます。

Pp1330213.jpg

カップケーキ 美味しい!!



フランクフルト行の機内で出た軽食 

Pp1330247.jpg




フランクフルトです。  空港ターミナルと着陸する滑走路との間に道路が・・・・・

Pp1330276.jpg




乗り継ぎの通路で見かけた案内板  こんなのあったっけ?という感想です。

Pp1330313.jpg





待ち時間がそこそこあったので、またフランクフルト空港のラウンジで一服!!

Pp1330316.jpg

ミカンがあることに気が付きました!! 世界中に広がりつつありますねぇ、ミカン!!




さて、やっと日本に帰れます。

食前酒にカンパリのオレンジジュース割

Pp1330350.jpg



和食をゲット出来ました。 なかなか取れないことが多かったのですが、今回はラッキー??

Pp1330351.jpg

メインはチキン・・・・

Pp1330352.jpg

デザートに抹茶のケーキ  棒状のチョコレートも付いて来ました。

Pp1330353.jpg




こちらは朝食です。 こちらも和食が選べました!!

Pp1330356.jpg

2週間の出張は、やっぱり長かった・・・・・

11月には上海に出張だったのですが、5月に行った時に書いた内容とホテル以外はほとんど変化が無かったので
割愛させていただいて、今年の出張記はこれでおしまいです。
お付き合い下さってありがとうございました。


                                  ー2015年10月の出張ー

                                 ☆次回からはジュマと交互にクロアチアのお話に戻ります☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/29(日) 19:57:25|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

wagamamaで日本食

Derbyのショッピング・モール Westfield に和食っぽいものを出すレストランがフードコートの近くにあります。

名前もWagamama!!

店の前に貼られているメニューも日本っぽいのです。

お試しがてら入ってみました。




テーブルの上に置かれていた紙の使い捨てテーブル・マット  なんとキリン・ビール!!

Pp1330032.jpg

キリンさん イギリスに醸造工場を持っています。

なので、輸入ビールというわけではありません!!




時間が早かったので、お客は他に2組ほど カメラの手前側に厨房と他のテーブルがあり、結構 店内は広いです。

Pp1330034.jpg




Wagamama Ramenを頼んでみました。 竹輪、焼いたチキンやチャーシューみたいな感じのポーク、メンマ、ゆで卵、ワカメ!!

Pp1330035.jpg

麺は細めで適度な茹で加減

問題はスープの味が薄いこと!!

キッコーマンの普通と減塩の醬油、ラー油と一味が置かれていて、それで味を調節しました。 塩が欲しかったのですが・・・・

Pp1330038.jpg



もうひとつ頼んだのがエビ入り揚げ餃子

Pp1330036.jpg

これはタレを付けなくても美味しかったです。

Pp1330037.jpg




この時期、朝日が出る時間が遅く、8時にはやっと全体を見ることができるぐらいです。

Pp1330042.jpg

通勤ラッシュも一山過ぎたところ


朝日が照らす街並み 紅葉している木も見えます。

Pp1330044.jpg


下に見える道ですが、2階建てバスが通勤通学の人達を運んで行くのを見ることができます。 数台繋がって行くのを見たこともあります。

Pp1330046.jpg





                                       ー2015年10月の出張ー

                                         ☆次回は最終回 バーミンガム空港から帰国です☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/28(土) 21:22:54|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドリア海の真珠と呼ばれる人気の観光名所「ドゥブロブニク」 旧市街 その1

橋を渡りピレ門から城壁内の旧市街に入ります。

IMG_p4283.jpg


巨大な歯車に目を奪われます。
IMG_p4285.jpg


有事に際にはこの扉が閉じられ、橋も跳ね上げて敵に備えたのでしょうね。
IMG_p4286.jpg


城壁内に足を踏み入れると一気にそこは中世

IMG_p4290.jpg


前回1667年の大地震でほとんどすべての建物が瓦礫になってしまった旧市街ですが、
1991年のユーゴスラビア軍の攻撃の際にも大きな被害が出て、
「危機にさらされている世界遺産」のリストにも載るほど破壊されてしまいましたが
その後の精力的に修復がなされたおかげで1994年にはそのリストからは削除されました。

写真右側がフランシスコ会修道院 左の石積みが城壁です。
IMG_p4291.jpg

プラツァ通りです。

不幸な歴史が繰り返されたことなど全く感じられないくらい、
今は中世のたたずまいを残す、すてきな街になっています。
IMG_p4292.jpg


修道院の中にある昔の薬局の入り口です。
1391年に開業したヨーロッパで3番目に古い薬局で、現在でも営業を続けています。
IMG_p4293.jpg



修道院の中庭です。
現在の建物は1667年の大地震の後に再建されたものですが
中庭は14世紀のままで、柱の彫刻が美しいです。
IMG_p4295.jpg


パネルには各国の来賓の方々のサインがありました。
IMG_p4297.jpg



日本の国旗の所には黒田清子(当時の紀宮内親王)さまのサインがありました。
クロアチアからの招待によりご訪問されたようです。

IMG_p4298.jpg



14~15世紀にかけて建てられた修道院は、もとは城壁の外にあったらしいですが
外敵から守るために14世紀にピレ門のそばの現在の場所に移されたようです。
ロマネスク様式の回廊の壁には病める人々を癒す修道僧の姿が描かれています。
IMG_p4299.jpg



                                        -2015年7月に訪問ー

                                      ☆次回も城壁内(旧市街)です☆





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/28(土) 00:19:45|
  2. クロアチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラックカントリーミュージアム その5 -イギリスー

お昼過ぎ、何か食べようということで、【イギリスと言えば!】の【フィッシュ・アンド・チップス】専門の店に!!

ずーっと行列が出来ていて、あのフライヤーでフィッシュとポテトがどんどん揚げられていました。

Pp1320857.jpg

ボリュームたっぷりで熱々、やむを得ずお残し・・・・


船着場へもどってみると立派な髭の船長さんがエンジンに点火!!

Pp1320876.jpg

船室も見られます!!


コンパクト!!  でも、ちょっと煙たい・・・・

Pp1320877.jpg




こちらは鍛冶屋さん  鉄の棒を曲げてチェーンを作るところを見せてくれるのですが・・・・ちょっと時間待ち!!

Pp1320890.jpg




鉄の棒を炉で真っ赤に熱します。

Pp1320895.jpg




それを金槌でたたいて曲げて行きます。 それを繋ぎ合わせながら作業すると、長いチェーンが出来るというわけです。

Pp1320903.jpg

毎日、何回も作業するところを見せているのですが、毎回一個ずつチェーンの輪が伸びていくことになります。

手前に積まれているのはその作品でしょうかねぇ・・・



通りの街灯  ガス灯でした。 こちらは炎そのものです。

Pp1320912.jpg




こちらのガス灯は違うタイプです。 こちらの方が明るそうです。

Pp1320918.jpg




ロイズ銀行の寄付が使われたいるようです。 このボード 目立たないところにありました。

Pp1320929.jpg



ちょっとリッチな人達の家の居間兼食堂です。 

Pp1320932.jpg

どの家も各部屋がコンパクトで、便利に設計されていました・・・・




ここで石炭が採掘されていた頃、奥の坑道から石炭を船で運び出すために出来たトンネル内を見学できます。

Pp1320965.jpg

船は例のナロー・ボートです。

初めからあったわけではなく、後年になって水路にしたそうです。

昔は人力で(壁に足をあてて動かして)船をうごかしていたんだそうです。

乗客が実演させられることになっています・・・


入口付近はレンガで補強されています。 船の灯りを消すと真っ暗・・・・

Pp1330003.jpg

あちこちから染み出た水が運んできたカルシウム分が鍾乳石のようになっていました。

かなり奥まで繋がっていて、面白い・・・・


                                         ー2015年10月の出張ー

                                                   ☆次回はイギリスで食べた和食の味です☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/26(木) 20:04:21|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドリア海の真珠と呼ばれる人気の観光名所「ドゥブロブニク」 城壁の外周

ロープウェイの乗り場から、城壁内に入場するため外周を歩きます。

ここは消防署だと思いますが
ハシゴ車が見当たらないので、
車体が赤く塗られていなかったら消防署だと気が付かなかったかもしれません。

IMG_p4253.jpg

市章なのでしょうか
IMG_p4255.jpg



城壁内に入る門は3か所ありますが、私達はピレ門から入ります。
IMG_p4256.jpg


ここはブジャ門
IMG_p4258.jpg


駐車場と崖の間の狭い石畳の通路を進みます。
人1人歩くのがやっとで、立ち止まると後ろの方に迷惑がかかるので
歩きながら写真を撮ります。
IMG_p4259.jpg


崖の上と城壁の上をつなぐ橋が架かっています。
現在渡れるのかどうかは不明です。
IMG_p4262.jpg




ドゥブロブニクは中世に地中海貿易で栄えた城塞都市で
旧市街を取り囲城壁は全長1940m 高さは最高で25mもあります。

旧市街の大部分を破壊した1667年の地震の際にも
城壁だけはほとんど被害を受けなかったらしいです。

現在の形になったのは15世紀から16世紀の事です。
IMG_p4263.jpg


城壁の上には遊歩道が設けられていて、1周することが出来ます。
IMG_p4264.jpg


ピレ門前のタクシーやバス乗り場
IMG_p4267.jpg


ここがピレ門です。
IMG_p4268.jpg


旧市街の西側にある ロヴリイェナツ要塞
IMG_p4274.jpg


こちらは城壁に設置されたボガール要塞です。
IMG_p4275.jpg



カヤックの乗場もあります。
海から見たらどんなふうに見えるのでしょうね。
IMG_p4276.jpg



ではメインの門 ピレ門から城壁内(旧市街)へ入ってみましょう。
IMG_p4282.jpg



                                     -2015年7月に訪問ー

                                      ☆次回からは城壁内(旧市街)を何度かに分けてご紹介します☆





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/25(水) 21:50:14|
  2. クロアチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブラックカントリーミュージアム その4 -イギリスー

右の壁にある穴はライムキルン

石灰(ライム:炭酸カルシウム)を焼いて生石灰(酸化カルシウム)にする設備です。 あそこからガンガン火を焚いていたようです。

Pp1320792.jpg

昔使われていた本物です。




年配の方々にも 懐かしい風景なんでしょうね??

Pp1320796.jpg





こちら金物屋さんの内部です。

Pp1320800.jpg

ここに置かれている金物 50年ほど前には まだまだ現役だったはずです。

細長い桶  実はブリキ製のバスタブ  一緒に行った人は子供時代に使ったことがあると言ってました。




これはゴキブリ取り  こんなのでゴキブリ つかまるのでしょうかね???

Pp1320805.jpg




この枕型のものは湯たんぽ!!

Pp1320808.jpg




お店の前の通りを水兵さんとスコットランドのキルトを着た兵士が歩いていました。

Pp1320818.jpg

女性の服装もシャーロック・ホームズに出て来る人達のようです。




この部屋では、オーブンの前で手芸の仕方を見せながら、昔の暮らしぶりを教えてくれました。

Pp1320834.jpg

燃料は石炭です。 家の裏に石炭が積み上げられていました。

そういうこともあり、舗装されていない地面は黒っぽい  もともと石炭鉱山ですしね。

そんなわけで Black CountryLiving Museum (ブラック・カントリー生活博物館)というわけですね・・・・・

時代的には19世紀から20世紀初頭でしょうか。





ここは船のドックです。 

Pp1320850.jpg




園内にはトラムが走っています。 乗れます!!

Pp1320851.jpg




こんなバスも走っています。 運転手さんは女性でした。 もちろん、これにも乗れます!!

Pp1320852.jpg




                                             ー2015年10月の出張ー

                                                   ☆ブラックカントリーミュージアムつづく☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/24(火) 20:24:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドリア海の真珠と呼ばれる人気の観光名所「ドゥブロブニク」 ロープウェイで山頂へ

クロアチア観光のハイライト「ドゥブロブニク」の旧市街の風景を
ロープウェイが少しずつ高度を上げて行く様子とともにご堪能ください
IMG_p4197.jpg



重厚な城壁に囲まれた向こう側が旧市街です。
IMG_p4201.jpg

IMG_p4203.jpg


前回かっこつけて「ロープウェイの中では海側の窓際が良いですよ」みたいなことを書きましたが
実際は窓際を取れてはいません

この方たちの隙間から手を伸ばして写真を撮っていました(笑)
IMG_p4206.jpg



IMG_p4208.jpg




IMG_p4211.jpg


標高412mのスルジ山頂に到着です。
先客さんでいっぱいでした。
IMG_p4214.jpg


白いパラソルの所は階段状に席が配置されたカフェレストラン
IMG_p4215.jpg



電波塔も設置されています。
IMG_p4216.jpg


すぐそばに浮かぶ小島はロクルム島
ドゥブロヴニクの沖合約600mのアドリア海に浮かぶ島です。
IMG_p4219.jpg




大小 多くの船が行き来している様子が見て取れます。
IMG_p4223.jpg


南の方角はやがてモンテネグロへと続いています。
IMG_p4224.jpg

こちらが前述のカフェレストランです。
IMG_p4225.jpg




ロクルム島は無人島ですが、定期船が30分置きに就航していて約10分で渡ることが出来ます。
過去にハプスブルク家のマクシミリアン大公が1859年に島に滞在用の邸宅を築き、大きな庭園も築かれています。

1959年に植物園がに設立され、マクシミリアン大公がカナリア諸島から持って来たクジャク類もいるらしいです。

ロクルム島は現在、ドゥブロヴニクへやって来る観光客に人気の観光地になっています。
レストランや散策路も整備されていて、島の南東部はヌーディストビーチになっているそうです。


IMG_p4234.jpg



ナポレオンが贈ったとされる白い十字架
現在の十字架は独立戦争後に建てなおされたもので、夜にはライトアップされ、
旧市街からよく見えるそうです。
IMG_p4237.jpg

ズームした旧市街
IMG_p4241.jpg

ズームした船の航行

こういう風景に出会えるゆえに旅に出るといっても過言ではありません。
IMG_p4247.jpg




                                      -2015年7月に訪問ー

                                      ☆次回は城壁の外周を歩きます☆





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/23(月) 22:42:48|
  2. クロアチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラックカントリーミュージアム その3 -イギリスー

居宅と離れたところにトイレが建てられていて、その横に豚小屋があるところを見たのですが、とうとう本物に出会いました。

きれいなワラの上でリラックス!! 

Pp1320690.jpg




途中で立ち寄ったレストランで、第一次大戦中のイギリス兵の出で立ちの人達が食事中!!

Pp1320715.jpg

博物館内のあちこちに出没しています。


こちらは 当時のとある事務所の風景!!

Pp1320716.jpg




あの辺りには各種の商店が並んでいます。

Pp1320733.jpg




当時の機関銃です。

Pp1320744.jpg




水冷式なんだそうです。

Pp1320746.jpg

水が熱くなったら、交換するようなことを言っていました。

Pp1320747.jpg




この辺りはイギリスに張り巡らされている運河の風景!

Pp1320766.jpg

荷物を運んでいたナロー・ボートが並んでいます。

Pp1320769.jpg




商店街の入り口にあったのはキャンディー屋さんです。

Pp1320778.jpg

イギリス人の彼には懐かしいタイプのキャンディーだらけだったようです。



                                                ー2015年10月の出張ー

                                                   ☆ブラックカントリーミュージアムつづく☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/22(日) 22:15:47|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドリア海の真珠と呼ばれる人気の観光名所「ドゥブロブニク」は行く価値あり

ボスニア・ヘルツェゴビナから国境を越えてクロアチアに入ります。
こんなに毎日国境を越える旅も珍しいです。

ここは係官が近くにいたので念のため隠し撮り風に撮りました

IMG_p4169.jpg




アドリア海に浮かぶ島々を見ながらのんびりまったりバスの旅

IMG_p4171.jpg


数えきれないほどのブイの下で養殖されているものは何でしょうね。

IMG_p4173.jpg


一般的な観光コースにはなっていないようですが、
山頂まで続く城壁があります。
IMG_p4175.jpg


深く切り込んだ入り江
IMG_p4177.jpg




大型客船も寄港するドゥブロブニク地区にあるグルージュ港には
この日も大きなクルーズ船が停泊していました。

このグルージュ港で一番人気があるのが、
フェリー乗り場の近くで毎日開かれる果物や野菜、魚を売るマーケットです。
ヤギのチーズやオリーブ オイル、ワインなどの地元特産品や、
イチジク、トマト、オレンジ、キャベツなど地元で採れた新鮮な野菜が並ぶようです。

IMG_p4178.jpg


グルージュ港から10分ほどでドゥブロブニクの旧市街に到着です。
これから あのロープウェイに乗車します。
IMG_p4182.jpg


ブーゲンビリアの花がお出迎え
IMG_p4183.jpg


雲一つない晴天に恵まれたおかげで山頂からの絶景が望めてラッキーでした。
IMG_p4184.jpg


あちらが旧市街

IMG_p4187.jpg


オレンジの屋根と、その向こうに見えるアドリア海の青のコントラストの美しさはため息ものです。
IMG_p4189.jpg


ロープウェイは徐々に高度が上がります。
IMG_p4190.jpg



ロープウェイの乗車位置は、並ぶタイミングにもよりますが、
やはり海側前列がお勧めです。
IMG_p4191.jpg



IMG_p4192.jpg




                                       -2015年7月に訪問ー

                                      ☆つづく☆





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/21(土) 22:50:00|
  2. クロアチア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。

ージュマんち登場人物ー

ジュマ☆(メインの筆者・主婦)
ジュマパパ☆(夫、サブの筆者)
たー君☆(孫息子)
ひなちゃん☆(孫娘)
☆(長女・ たー君、ひなちゃんの母親)
たー君パパ☆(たー君、ひなちゃんの父親)


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (10)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
ネパール (31)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (74)
カナダ (69)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (34)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ