旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

チェスター Dee川に架かる橋 -イギリスー

ロマンガーデンをざっくり見学して、すぐ横のニューゲートから城壁の中のエリアに入りました。


向こうへ行くとディー(Dee)川方向
CIMGc2957.jpg


反対方向に行くと街の中心です。

CIMGc2958.jpg


ディー川はすぐそこですから写真を撮りに行きました。

CIMGc2959.jpg



ブリッジゲートを抜けるとディー川が流れています。
CIMGc2960.jpg



幅の狭い橋で行きかう車も多いですが、歩道があるので安全に歩くことが出来ます。
CIMGc2961.jpg



橋から川を覗くと、段差(私は”どんど”と呼んでいますが、正式にはなんというのかしら?)があり
鳥たちが羽を休めていました。
CIMGc2963.jpg


丸の所がボートクルーズの乗り場です。
2時間と30分のコースがあるようですが、雨が降っていたこともあり乗りませんでした。

CIMGc2966.jpg


橋の反対側はこんな感じ
特別なことは無く、ありふれた風景ですね。
CIMGc2964.jpg






2000年にイベントがあった記念のプレートでしょうか・・・
CIMGc2968.jpg


街の中心へ引き返します。

お昼になったので、何か食べようと思います。

小さな飲食店はそれなりにありますが、外からではメニューがイマイチわからない。

この辺りからThe Rows(ロウズ)と呼ばれる木組みの商店街が続きます。
チューダー様式の建物の2階部分のバルコニーがつながって通路になっています。

CIMGc2971.jpg



ロウズは16世紀~19世紀に出来た物らしいです。

(後日また別の写真でご覧いただきます)

CIMGc2972.jpg



ロウズを見学しながら歩いていると、美味しそうなファストフード店がありました。


CIMGc2975.jpg

好きなお肉を選ぶとパンにはさんでくれます。
CIMGc2976.jpg




量は大概の場合、 私には多い。
なので一番淡白なターキーにしました。
CIMGc2973.jpg



それでも、この厚みでこの量
頑張って食べましたが半分残りました。

パンも温めてありフワフワだし、味は美味しかったです
CIMGc2974.jpg

                         ーつづくー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 22:24:00|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェスター 雨のロマンガーデン -イギリスー

イーストゲートから城壁の外側に沿うように南に歩くと5分くらいでロマンガーデンに着きます。

隣には半分発掘された状態のローマ円形劇場があるらしいですが行っていません。

CIMGc2946.jpg



持って出たガイドブックには解説が載っていないので
よくは分からないのですが、言葉の響きに魅かれて来ました。

とにかく中に入ってみましょう・・・・

CIMGc2947.jpg



小学生が社会見学に来ていました。
ローマの戦士風の方が説明している模様
CIMGc2948.jpg


それを横目に奥まで進みますが、やはりなんだかよくわからない

CIMGc2949.jpg




他の観光客さんが引き返したあたりから私も引き返します。
CIMGc2950.jpg



ローマ時代の弔いを説明しています。

CIMGc2951.jpg



床下暖房の設備もあったようです。
CIMGc2952.jpg



立派なローマ風呂
豊かな生活を送っていた様子がわかります。
CIMGc2953.jpg




このモザイクは最近完成したもののようです。
どうりで保存状態が良すぎると思いました。

CIMGc2954.jpg

                       ー次回はDee川とランチですー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/10/30(水) 20:03:58|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チェスターに到着♪ -イギリスー

ノッティンガムから3時間
やっとチェスターに着きました

CIMGc2935.jpg



写真を撮っているうちに誰もいなくなっちゃった。

皆さんが進んでいった方に向かいましょう・・・。

CIMGc2936.jpg



チェスターの駅は町の北東にあります。
歩くと20分くらいらしいですが、傘が必要なくらいの雨が降っていたので
バスで中心地まで行くことにしました。

駅前からバスに乗ります。
ガイドブックには40番のバスに乗るとよいと書いてありますが
40番がなかなか来ないので、次に来たバスのドライバーさんに「イーストゲートクロックの所に行きますか?」と聞く。

「クロックの前じゃないけれど近くなら停まるよ」と言うので
近くでもいいや・・・と乗りました。

降りたバス停付近はこんな感じです。

建物は去年行ったストラットフォード・アポン・エイヴォン(シェイクスピアの生誕地)に似ています。

CIMGc2938.jpg



交差点を曲がると時計が印象的なイーストゲート(東門)が見えました。
CIMGc2940.jpg



チェスターの歴史は古くローマ時代までさかのぼります。
ローマ人が紀元74年ころに砦を築いて以来ウェールズ侵略の拠点となった街です。

イギリスの中でも中世の面影がもっとも色濃く残されている街だと言われています。

城壁は全長3キロ1周1時間ほどで回れるようです。
CIMGc2941.jpg



ジュマは最初に城壁の外側にあるロマンガーデンから見学することにしました。
CIMGc2942.jpg


クルーズ乗り場の方に行くとあるはずです。
CIMGc2943.jpg



5分くらい歩くとニューゲートが見えました。
雨だからか、こちらの方には観光客が殆どいません。

写真の左側にロマンガーデンがあります。
CIMGc2944.jpg


               ー次回はそのロマンガーデンですー




-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/10/29(火) 21:16:48|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノッティンガムからチェスターへ遊びに行きました -イギリスー

9月に行ったイギリスの続きです。

ジュマパパは仕事なので、私一人でどこ行こう・・・

距離がありましたが2000年の歴史を刻む城壁の街チェスターに行ってみることにしました。



c_05_uk_500n1111.gif


ノッティンガムからはこの電車に乗ります。

種類がいろいろあるので、切符は窓口で駅員さんから買う方が楽だと思います。
当日切符は片道ずつより往復買う方が安いです。(途中下車も出来ます)

時間帯によってOff-Peakと Anytimeチケットがあり
オフピークチケットはかなり安くなりますが乗れる時間に制限があります。
(おおむね、発車時刻が平日9時半以降で15時半から19時15分を含まない時間)

ジュマが一人で利用する時には治安も考えて少々高くてもエニタイム切符を買っています。



CIMGc2879.jpg



車内からは宿泊ホテル(ジュリーズ・イン)がよく見えます。
CIMGc2881.jpg



窓口でチケットを買うと、乗換駅と乗り換え時間がプリントされたものを一緒にくれました。
切符と一緒に、プリントアウトして出て来るようです。
(去年は一度も貰った覚えが無いです)

Stockport乗り換え?

線路が縦横に何本も敷かれているイギリス。
私の思っていたルートとは全然違ったので
念のために聞いてみると
「これが一番早く到着できますよ」とのこと

プリントされたルートで行くことにしました。


ただ、乗り換え時間が5分

ストックポートがどれくらいの規模の駅なのかわからないので
この時点ではかなりドキドキしています
(後から考えると、乗り換えられない時刻は表示するはずがないのですがね)

当日限りの切符ですが、有効期限は5日間。

CIMGc2882.jpg



ともあれ、1時間40分のんびり車窓を見て過ごします。

なだらかな丘が連続するイギリスらしい風景が続きます。
CIMGc2900.jpg

ストックポートに到着して乗り換えは階段を下り、隣のホームに移動します。
階段下で切符のチェックをしていた駅員さんにチェスター行のホームを確認し、小走り


CIMGc2903.jpg


CIMGc2904.jpg

まだ電車が来ていなかったので「間に合いました」
CIMGc2905.jpg



ストックポートからチェスターまではローカル線のようで
電車も座席も安っぽいものでした。

CIMGc2908.jpg

発車してほどなく見えた飛行機。

リバプールに近いので、リバプール空港に着陸しようとしている飛行機かもしれません。

CIMGc2909.jpg



各駅停車なので(距離はそんなに無いはずなのに)1時間20分もかかりました。
CIMGc2910.jpg


隣の電車の運転席

CIMGc2914.jpg



デザインが美しい「Hale」駅
CIMGc2918.jpg



家があるのは駅の近辺だけです。

CIMGc2928.jpg



「greenbank」の駅舎には十字架がありました。
教会も兼ねているのかしら・・・・
CIMGc2933.jpg

数えたわけではないですが15~20くらいは駅があったように思います。

ノッティンガムを出てから3時間
ようやくチェスターに着きました

                  -つづくー





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします




関連記事
  1. 2013/10/28(月) 21:43:07|
  2. 英国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界遺産ミーソン遺跡 後編 -ベトナムー

ミーソン遺跡 ここまで切り拓くのも大変だったでしょう。

ベトナム戦争でも被害を受けた遺跡を修復し、更に発掘し続けている方々に感謝!!!



レンガ造りの祠がいくつもあります。

CIMGc1262.jpg 


最盛期はたくさんの人がお参りしていたのでしょう。

CIMGc1263.jpg 



頭が無いのですが、多分見つかっていないんでしょう。 人為的に取られたのかも知れませんね。

CIMGc1264.jpg 



今、発掘が済んでいて、見学可能な地区の地図です。

CIMGc1267.jpg 



ある木に大きなコブを発見! アリの巣です。

何故こんな高い所に造るかというと、
この辺りは洪水が起こるらしく、それから巣を守るための知恵らしいです。

CIMGc1268.jpg 



林の向こうに開けた場所が・・・・

CIMGc1269.jpg 



そこには発掘を待っている遺跡があります。

CIMGc1270.jpg 




大き目の広間がある建物には発掘で出たものが展示されていました。

不発弾もありました。

CIMGc1271.jpg

もちろん信管などは抜き取ってあります

CIMGc1272.jpg 



千手観音??

CIMGc1273.jpg 



こちらでは発掘と修復が行われていて、関係者以外立ち入り禁止です。

CIMGc1274.jpg 



A地区の発掘は、まだ当分先になりそうでう。

CIMGc1275.jpg 


全体が発掘されて全貌が分かるのはいつになるのでしょう???

CIMGc1276.jpg



CIMGc1277.jpg 




隣の高台から見えたのが、先ほどの立ち入り禁止の場所です。 もうちょっとかも知れませんね、完了するのは!!

CIMGc1278.jpg 



遺跡の入り口まで戻って来たら、何かの催しの準備が進められていました。 何するの??

CIMGc1281.jpg

ミーソン遺跡も暑かった・・・・・



本日の記事はジュマパパが担当しましたー

楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/10/27(日) 21:56:30|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界遺産ミーソン遺跡 前編 -ベトナムー

今日は朝から、毎年恒例の幼稚園の発表会の衣装を作っていました。
今年の衣装はパフスリーブのワンピースに白のエプロン
共布で髪のリボンを作ります。

たー君の時からだと5回目
慣れというのは恐ろしい?(笑)
1日で出来ました。
明日ひなちゃんが来たら衣装合わせして調整します。


それはさておき
今日のお話は世界遺産ミーソン遺跡(前編)です。

ダナン市内から南西に約60㌔ 車でおよそ1時間半くらいのところにあります。

CIMGc1242.jpg


駐車場から遺跡までは10分くらい歩きます。
(奥の駐車場まで行ってくれるドライバーさんもいましたが、
道が狭いので、我々のバスは手前の駐車場停まりです)

山の中にあるので 蚊がいるかと思い蚊よけのジェルを持って行きましたが
使う機会はなかったです。
CIMGc1243.jpg




ここが奥の駐車場

遺跡はすぐそこです。
CIMGc1244.jpg



ミーソン遺跡はチャンパ時代の宗教寺院遺跡です。
チャンパは2~17世紀に外国との交流で栄えた王国で、ミーソンはその中心的聖地だったそうで、
ヒンズー教のシバ神が祀られています。
CIMGc1246.jpg


歴史的価値が高い遺跡ですが、ベトナム戦争でかなり破壊されたようです。

70もの遺構が草や林の中に点在しています。

CIMGc1247.jpg


1999年に世界遺産に登録されています

CIMGc1254.jpg


首を失った像

CIMGc1255.jpg



CIMGc1256.jpg



オリジナルは石が隙間なく積まれています。
修復かオリジナルかは積み方でわかるとガイドさんが教えてくれました。

CIMGc1257.jpg



これは水道の跡

CIMGc1258.jpg



「ここはコウモリのおしっこの臭いがきついから入りたくない」とガイドさん

CIMGc1259.jpg



ジュマたちは入って来ました。

でも何だかよくわからない・・・・
確か説明は受けたはずですが忘れました

コウモリの臭い?

ちょっと生臭かったけれど鼻を塞ぐほどではなかったです。
CIMGc1261.jpg

このエリアで引き返す人もいましたが
せっかくだからもうちょっと奥まで行ってみました。

                       ーそれは後編でー


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします




関連記事
  1. 2013/10/26(土) 23:57:33|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中部地方の郷土料理店 NGOCTUYET -ベトナムー

朝 フエを出て、ミーソンへ向かっています。

途中、このレストランで昼食です。

CIMGc1218.jpg 


豪華な感じです。 でも扇風機は外せません!

CIMGc1219.jpg 


こちらで出されたのは ベトナム中部の郷土料理 

どれも口に合う美味しいものでした。



混ぜ麺のような・・・・

CIMGc1222.jpg 



春巻き 美味しい!!

CIMGc1223.jpg 



野菜とお肉の炒め物 揚げたせんべいに載せても美味しい

CIMGc1224.jpg 



白身魚のスープ 適度な辛さ!

CIMGc1225.jpg 



牛肉の炒め物 

CIMGc1226.jpg 


さやいんげんの炒め物

CIMGc1227.jpg 



チマキです。

CIMGc1229.jpg

美味しかった!!!



本日の記事はジュマパパが担当しましたー

楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/10/25(金) 20:21:26|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからが楽しみなダナンベイエリア 後編 ーベトナムー

このかまぼこ型の建物は、元はベトナム戦争時のアメリカ軍の施設だったようです。

ダナンは、ベトナム戦争時アメリカ軍最大の基地が置かれた地です。


CIMGc1194.jpg




クラウン・インターナショナル・クラブ
会員制のリゾートホテルでしょうか・・・。

真っ白な砂浜が続くノンヌォックビーチ
その北にミーケービーチと続くウォーターフロントは近年高級ホテルの建設ラッシュのようです。

ただ、ホテルとホテルの間には墓地が残っていたりもします。

CIMGc1195.jpg



このあたりはノンヌォック村で石像屋さんが多くあります。
大理石の像です。

後ろに見えているのは五行山
5つの山から成っています。
CIMGc1200.jpg



大理石で出来ていることからマーブルマウンテンとも呼ばれています。

周辺に石屋さんが多いのは、この山が大理石で出来ているからです。

五山の中で一番大きいトゥイーソン(標高108m)の山腹の洞窟には仏像が安置されています。

CIMGc1203.jpg




端の山の展望台(左)と塔(右)が見えています。
この展望台はエレベータになっているのでしょうか・・・。


CIMGc1204.jpg



大理石の像

CIMGc1207.jpg


そして急に田舎の風景になります。


CIMGc1210.jpg



ベトナムの米の収穫は年に3度だとか・・・・

訪問時は6月ですから
2回目の植え付け風景でしょうか・・・・

CIMGc1211.jpg



これまでフエから移動してきて信号機を見たのは数えるほどしかないです。
大きな町でも信号機は殆どありません

それでも暮らしていけるベトナム恐るべし

そういう事情ですから、何故ここに信号?と疑問に思うほどひっそりとした交差点

記念に?写真を撮りました。
CIMGc1214.jpg




バイクのお店はたくさんあります。

平均月収が日本円で6万円
バイクは平均月収の2~3倍もするそうです。

ベトナムでバイクはHONDAと呼ばれているようです。

なので「YAMAHA(製)のHONDAを買いに行く」という具合になります。



CIMGc1215.jpg




高級そうな洋服屋さん

仕立てが良さそうです。

でもベトナムでコート?
どんな人が着るのでしょうか・・・・・

CIMGc1217.jpg


                        -次回は中部地方の郷土料理ですー

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします


関連記事
  1. 2013/10/24(木) 21:49:04|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからが楽しみなダナンベイエリア 前編 -ベトナムー

a_17_vietnam_500n.gif 


なんだかすごい橋が見えてきました。 Rong橋(龍橋)というそうです。

CIMGc1167.jpg

この橋はハン川の河口、ダナン湾に入るあたりにあるSong Han橋の南1km(川上)ほどのところにあります。

この橋は全長666m、幅37.5m、6車線、ダナン発展願望の代表だそうです。(2013年3月29日開通)

CIMGc1168.jpg 


こんな工場を建てる計画があるようです。

CIMGc1170.jpg 



こちらがSong Han橋  2000年開通です。

CIMGc1171.jpg 

この橋、夜になると交通規制があって、橋の中央部が回転して、船を通すようになっているとか!

びっくりですね!!





バスはハン川に沿ってはしります。 川沿いにはリゾートが林立!!

CIMGc1174.jpg



CIMGc1176.jpg 





こちらは戦争記念の塔でしょう。

CIMGc1178.jpg 



こちらは何かの競技場???

CIMGc1180.jpg 



途中でロッテ・マート発見  ちょっと寄って欲しかった・・・・・

CIMGc1182.jpg 



こちらも建設中のリゾート??

CIMGc1187.jpg 



コテージ風のリゾートもありました。

CIMGc1190.jpg

ベトナム第3の都市ダナン ダナン空港開設で港湾都市としての発展もさることながら、観光リゾートしても発展中!!

                       -後編に続くー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/10/23(水) 22:40:52|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間口が狭すぎるビルの不思議 -ベトナムー

ダナンの街に帰って来ました。

バスの中からぼんやり見る風景
その中でも間口の狭いビルが目に付きます。


ここはホテルのようです。

隣地は開いているのに横には窓がほとんどありません。

道すがら見て来たビルから想像するところ
隣同志はピッタリくっついている建物が多いので、
やがて隣にピッタリくっついてビルが建つのなら、最初から窓は造らないでおこう!と言う考えか
風向きから2方向だけに窓を造るほうが風通しが良いのか
皆さんはどう思われます?
CIMGc1153.jpg



ワンフロアー1部屋か2部屋

ベトナムは昔の日本のように間口の広さで税金額を決めているのでしょうか。

CIMGc1154.jpg



こちらは近代的な卵型のビルです。
CIMGc1159.jpg



ここは軍事施設でしょうね
CIMGc1160.jpg


この可愛さは幼稚園?

CIMGc1161.jpg



ピンク色の教会風の建物は何でしょう・・・・
有刺鉄線に囲まれているので私有地?
と言ってもベトナムの土地はすべて国有地ですから貸与地と言った方が正しいですが。
CIMGc1162.jpg




ココは何?

バス移動の間は
現地ガイドさんの案内は、よほどの名所を通過した時しか無いのでさっぱりわかりません。
CIMGc1163.jpg




学校かな・・・・
CIMGc1164.jpg

ー次回は開発ラッシュに沸くダナンのベイエリアですー


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチgoお願いします


関連記事
  1. 2013/10/22(火) 21:48:57|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (155)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (9)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ