旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

そうだ 京都へ行こう! 金閣寺 ーその2-

舎利殿の次に、人々がシャッターを切るのがこの松

CIMGa9425.jpg


元は盆栽の五葉の松だったのですね。
CIMGa9426.jpg


600年生き続ける生命力に驚くと共に、
600年この形を維持され続けている庭師の方々のご苦労もいかほどかと・・・

神社だと御神木にも匹敵する松です。
CIMGa9429.jpg



芽生えたばかりのうす緑の若葉
CIMGa9431.jpg



まるで置きのものようなゴイサギ

この池に棲んでいるのだと、
タクシードライバーさんがお客さんに説明しているのが耳に入って来ました。
CIMGa9435.jpg



(足利)義満公お茶の水に使ったと伝えられる 銀河泉
CIMGa9438.jpg



鯉が龍門の滝を登ると龍に変身するという故事に由来し、
まさにこれから滝を登ろうとする鯉をかたどった石を配している龍門の瀧

CIMGa9439.jpg



鯉魚石(りぎょせき)と読みます。
CIMGa9440.jpg




CIMGa9441.jpg

                                -つづくー


ちびっ子を連れて旅に出ていますのでこの記事は予約投稿です


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/04/30(火) 10:33:16|
  2. 京都府
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうだ 京都へ行こう! 金閣寺 ーその1ー

イギリス人さんに前日「京都のどこに行きたいですか?」と聞いたら
走り書きのメモを見せてくれました。

Kinkakuji
Kiyomizudeta
Sanjusangendo

ネット検索して探したらしいです。

OK!この3つなら廻れます。

と言うことで、まずは京都駅から一路 北区の金閣寺さんへ



CIMGa9411.jpg


総門をくぐると
CIMGa9413.jpg


左手に鐘楼があります。


梵鐘は一突き200円の表示が

突いている人はいませんでした。
CIMGa9414.jpg

鹿苑寺(金閣寺)は臨済宗相国寺派のお寺です。

黄金に輝く舎利殿は最近張り替えられたものと思っていたのですが、
屋根の修復工事の勘違いで
金箔が張り替えられたのは昭和61~62年にかけて昭和の大修理の際ですから、かなり前です。

30年近くたってもその輝きは健在でした。

CIMGa9418.jpg



CIMGa9417.jpg



本堂に当たる方丈は
2005年(平成17年)から解体修理が行われ、2007年(平成19年)に修復工事を終えました。
CIMGa9420.jpg


今一度、いろんな角度から舎利殿を・・・・・
CIMGa9422.jpg




CIMGa9432.jpg


金閣を水面に映す鏡湖池(きょうこち)を中心とする池泉回遊式庭園です。

CIMGa9437.jpg

                    ーつづくー


ちびっ子を連れて旅に出ていますのでこの記事は予約投稿です


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします


関連記事
  1. 2013/04/29(月) 10:48:37|
  2. 京都府
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

世界遺産であり国宝でもある姫路城 その1

出張でイギリスから来た同僚と姫路に来ました。

気温は低めでしたがお天気も良く、空いた時間で駅から少し歩いて姫路城へ!!

日本が初めての彼が撮った外人目線の写真をご紹介します。



こちらが入り口の門につながるお堀の橋 

IMG_10671.jpg 



この門をくぐると、姫路城見学の始まりです。

『門が木で出来てる!! 鉄で覆って、鉄砲にも耐えるようになってるのね!』

IMG_10681.jpg 



『あの石の柱には何が彫られているの?』  読めないわなぁ・・・・・彼には!

『記念に写真撮って行こ!』

IMG_10691.jpg 




『また、門がある!』

 『鉄砲や矢を射る穴が開いてる! 国のお城と同じだね!』

人間の考えることは、どこでも同じってことだね。

IMG_10701.jpg 
『この松は盆栽?』  

違うよぉ、日本人は こういう形が好きなの!

盆栽はね、植木鉢に植えてあるやつのことだよ。




今、姫路城は天守閣部分の屋根を葺き替えや壁の漆喰の塗り直しをしています。

なので、天守は養生で外からは見えません。

でも、特設のエレベーターで店主の屋根のすぐそばまで上がれます。

前回の修理が50年前なので、次はいつになるか!?

貴重な機会なので、上がりました。

面白かったのか、写真無しです。

最上階でお目にかかったボランティアのお姉さん(我々より先輩です)が色々と教えてくれました、英語で・・・・

【工費が28億円ほど、この仮設の見学施設や足場が13億円ほど、もうじき工事も終わって見学施設も解体されること、
姫路城が白鷺城とも呼ばれていること、屋根の漆喰が数年するとカビなどで黒くなってくること等々】

「2年以内に、また来てください。まだ瓦を押さえて漆喰が真っ白のうちに!」

というおまけのご案内もいただきました。

屋根の葺き替え工事は終わっていて、職人さんはいませんでしたが、良い経験をさせていただきました。

IMG_10721.jpg 
今度は 奥さん連れて遊びにおいでよ!!


さっきのお姉さんが言っていた【お姫様専属のメィドさんの住んでいた所】へ行こう!



『きれいだねぇ・・・』

IMG_10731.jpg 



『日本の風景!!』

IMG_10751.jpg 
『柱は木なんだ! あれは何???』



『この感じ、いいなぁ!!』

IMG_10761.jpg

あの地面の模様は、古い瓦を埋めてあるんだよ。

『何のため?』

う~ん、わからん!

『あの奥は何?』

う~ん、それもわからん!

             ーつづくー


ちびっ子を連れて旅に出ていますのでこの記事は予約投稿です



本日の記事はジュマパパが担当しましたー

楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/04/28(日) 10:36:50|
  2. 兵庫県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホテルリーガロイヤル大阪とその周辺

宿泊ホテルはリーガロイヤル大阪

何度か所用で来たことはありますが、宿泊するのは初めてです。

今でこそ、大阪市内には高級ホテルが林立していますが
一昔前にはこのホテルは大阪一の格式高いホテルだったのではないでしょうか・・。
(当時はロイヤルホテルと言う名前でした)

こちらで結婚式を挙げると「お~!」と言われる。
そんな時代もありました。

大阪駅とはピストンバスで結ばれていて所要時間は約10分ほど。
早朝と夜以外は6分間隔で運行されているので便利です。


CIMG94061.jpg



メインエントランス前の風景です。

せっかくだから川沿いも散策して写真に撮りたかったのですが
連日朝7時45分のバスに乗り、帰って来たら22時ごろ
とてもその元気がありませんでした。

CIMG94041.jpg



大阪駅までのバスから見える風景

住んでいる時には何とも思わなかった風景が
観光客として訪れると、なかなか素敵と感じるのは不思議です。
CIMG94071.jpg



来るたびにビルが増えている気がします・・・・
CIMG94091.jpg




-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします






関連記事
  1. 2013/04/27(土) 09:42:52|
  2. 大阪府
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

依佐美(よさみ)送信所がたどった足跡を記念館で見る ー後編ー

依佐美(よさみ)送信所の鉄塔が立っていた内側は、
今でも自由に建物を建てることが出来ないそうです。

農地として利用されていました。

送信所の規模は東京タワーが建設されるまでは東洋一だったようです。



CIMGa9334.jpg

何より私が驚いたのは、平成6年まで在日米国海軍が所有していたということ。
基地以外でも、
アメリカ軍の管理下に置かれていた施設がつい最近まで存在したのですね。

終戦後も利用できると考えた米軍は攻撃を避けたと聞きました。


そして平成5年まではアメリカ海軍はここから送信していたということです。

米・ソの冷戦時代には重要な施設であったと推測されます。


CIMGa9335.jpg


真珠湾攻撃暗号電報「ニイタカヤマノボレ」も
この依佐美送信所から潜水艦向け超長波が送信されたと考えられているそうです。

CIMGa9336.jpg




CIMGa9337.jpg



機械遺産に認定されているのも頷けます。

CIMGa9339.jpg



モールス信号記録装置


CIMGa9340.jpg




コイルも大きい!

使われている木材もすべてドイツから運んで来たらしいです。
CIMGa9341.jpg




2階から全景を見ることが出来ます。
CIMGa9342.jpg




どこの博物館・美術館でもそうですが
ただふらっとお邪魔しただけでは、説明パネルを全部読むことはないジュマですが

ガイドさんに案内していただくことで
その施設・展示物の持つ意味がよくわかり、知識を得ることが出来ます。

今回もご案内くださったガイドさんに感謝です。
CIMGa9343.jpg




-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします






関連記事
  1. 2013/04/26(金) 18:03:21|
  2. 愛知県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

依佐美(よさみ)送信所がたどった足跡を記念館で見る ー前編ー

フローラルガーデンよさみの隣(?)に、こんな鉄塔が建っています。

高さも中途半端な感じなので、何かなぁ?と思って、近寄ってみました。
CIMGa9323.jpg 

と、こんな掲示が・・・・・・

CIMGa9326.jpg

ここには、そんなに歴史のある送信所があったのか・・・・それも つい最近まで米軍に接収されたままだったなんて!


鉄塔の向かいには記念館がありました。

内部へ侵入!!!


在りし日の鉄塔は、こんなに広い場所を使っていたんですね! 

CIMGa9330.jpg 


ちょろちょろと見学していたら、休日だけ詰めておられる方が来られて、色々と送信所の歴史を教えていただけました。

今まで知らなかった歴史の一端を教えていただけて、得した気分になりました。



ここに展示されている送信設備はすべて設立当時にドイツから輸入されたものばかりのようです。

CIMGa9327.jpg 


銘板にベルリンとあります。最近まで使われていたので、今でも動きそうな高周波発電機!

CIMGa9331.jpg

この発電機を動かしていた動力源も、電気だそうです。

CIMGa9329.jpg

この銘板にも骨董的価値がある??

CIMGa9332.jpg 




最近では、なかなかお目にかかれないナイフ・スイッチ どんな人達が操作していたんでしょうねぇ・・

CIMGa9333.jpg



本日の記事はジュマパパが担当しましたー

楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/04/25(木) 20:46:59|
  2. 愛知県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フローラルガーデンよさみ -植物編ー

今週はジュマパパ 家には帰ってきてはいるのですが
連日の接待で帰宅時間が遅くてなかなかブログまで手が回らず、
ジュマの記事が続いていてごめんなさいね。


フローラルガーデンよさみ  今日はトリミングした花を中心にご覧ください。

名前はフローラルガーデンよさみではありますが、
花好きさんが、庭園を目当てに訪問するというのとはちょっと趣旨が違う気がします。

そんな中に咲いていた お花や多肉をピックアップしていました。
CIMGa9310.jpg


ケイズガーデンカフェ
CIMGa9311.jpg


建物の中にあります。
ガーデインググッズも売っているのかな・・・
CIMGa9315.jpg


何となくいい雰囲気

先日食事をする施設が無いと書きましたが、”大人のランチ”ならOKです。
CIMGa9316.jpg


原種のチューリップでしょうか
CIMGa9319.jpg



バラ(名前不明)
CIMGa9321.jpg




葉っぱの様子からさつきかな・・・
CIMGa9325.jpg



ケイズガーデンカフェと同じ建屋の入り口にある多肉展示

CIMGa9312.jpg




CIMGa9314.jpg



卵かと思ったらこれもサボテン
CIMGa9358.jpg




ねじれながら成長するものもあるのですね。
どういう意味があるのかしら・・・
CIMGa9359.jpg




CIMGa9361.jpg




CIMGa9350.jpg



CIMGa9351.jpg



駐車場横の畑には菜の花が植わっていますが、訪問時は殆ど咲き終わりでした。
CIMGa9363.jpg

次回は この公園の前身であった「依佐美(よさみ)送信所」の記念館をご紹介します。
国防上非常に重要な施設であったこの送信所のたどった数奇な運命をじっくり!



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/04/24(水) 14:56:10|
  2. 愛知県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フローラルガーデンよさみ ーちびっこ編ー

たー君・ひなちゃんが楽しめる所に行きたい との至上命令で?
「フローラルガーデンよさみ」に行きました


刈谷市にある「フローラルガーデンよさみ」は依佐美(よさみ)送信所跡地に作られた公園です。

公園内は家族連れでいっぱい

思っていた以上に広くて、たー君たちには格好の遊び場です(入場・駐車場ともに無料)

CIMGa9295.jpg


鯉のぼりも嬉しそうに泳いでいました。
CIMGa9298.jpg



周囲にはベンチが置かれていて、座りながら子どもを見守ることが出来ます。
CIMGa9300.jpg



たー君たち 本当に楽しそう
CIMGa9297.jpg



ひなちゃんも、助けを呼ぶことなくどこでも登ります。
ここは無理?と思っていたところも平気で渡り歩くので
成長ぶりに驚かされました。
CIMGa9304.jpg


中央に配置されたせせらぎ
CIMGa9309.jpg


大人1人100円で子供3人まで無料の機関車もリーズナブル
CIMGa9308.jpg

園内にはカフェはありますが、レストランはありませんので
お弁当を持ってくるか、他のところで食事を済ませて来る必要があります。




CIMGa9356.jpg

ちなみに、たー君たちはいつまでも帰りたがりませんでしたので、大人は半日潰す覚悟が必要です

次回は園内に咲いていた花とサボテンをご紹介します。




-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/04/23(火) 13:21:26|
  2. 天使たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

洗礼堂 後編 -ピサー

16日に空港へMickさん(イギリス人)を迎えに行って
翌日、突然うちに連れて来ちゃって、
18日は滋賀・大阪・兵庫の顧客回りに行くのに駅まで送って・・・と
なんだかんだ毎日会っている私

で、金曜日に私も合流するため大阪へ・・・
土・日は観光案内をしてゆうべ遅くに関西から帰って来ました。

Mickさんは日本は初めてなので
どこもかしこも興味津々で
特に歴史の古いものをじっくり見たいということだったので
1か所滞在が長~い!

大阪宿泊なので、ええかっこして?パンプスを履いて行ったのが間違いで
「足疲れる」

朝8時から夜10時ごろまでのジュマパパとMickさんのトークに必死で着いて行くのも

「疲れる~」(着いて行けてないけれど・・・)

夕べは、片づけもせずベット直行でした


ジュマパパは今朝からMickさんと東京に行っていますので
かれこれ1週間一緒ですから、さぞ疲れているだろうと思います。

そんなこんなの日々を送っています。

で、進行の都合上
今日の記事はピサの最終回です。


洗礼堂は2階(と言うのか?)に上がることが出来ます。

見下ろすとこんな感じ。
CIMGa7959.jpg


八角形であることがよくわかります。
CIMGa7961.jpg



CIMGa7967.jpg




CIMGa7968.jpg



窓からドゥオモと その後ろに斜塔が見えています。

こうして見ると、斜塔が傾いているのがよくわかりますね。
CIMGa7970.jpg



階段の幅は狭いです。
CIMGa7972.jpg



ここにもお墓があります。
教会ではよく見るシーンですが
キリスト教ではお墓を踏むことは許されるのですよね。

CIMGa7973.jpg




広場の外壁に沿って露店が軒を連ねています。

CIMGa7985.jpg


イタリア旅行、この後ローマに移動です。

ただ、先日たー君たちと行った公園のお話があり、
週末は沖縄に行く予定で
戻ったら関西の旅を記事にしたいと思っていますので

しばらくの間イタリア旅行記はお休みさせていただきます。


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/04/22(月) 23:09:18|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

洗礼堂 前編 -ピサー

ピサのドゥオモ広場の最後は洗礼堂です。
2回に分けてご覧くださいね。

こちらも見事な造りです。


CIMGa7943.jpg



彫刻の「美」は ため息ものです。

12世紀 彫刻家ピサーノ親子が設計し、数百年かけて完成したものです。

クーポラの上にはサン・ジョヴァンニの像が建っていることから
サン・ジョヴァンニ礼拝堂とも呼ばれています。
CIMGa7944.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチが洗礼を受けた礼拝堂でもあります。

中から天井を見上げるとこんな感じ

CIMGa7947.jpg



説教壇の彫刻も見事です。
CIMGa7946.jpg





近づいてみましょう・・・。
CIMGa7949.jpg


CIMGa7951.jpg



大理石の壁にはめ込まれたステンドグラスが周囲を飾ります。
CIMGa7950.jpg



そして、見逃して欲しくないのがこのシーン

係りの人がおもむろに中央に歩いてきたかと思うと
歌いはじめます。
歌と言うか、叫んでいる風にも思えます。

音(声)が8回反響し、こだまのようにドーム内を駆け回るのです。

その響きの美しさは、どんな音響効果が整った劇場でも経験したことがありません。

ドゥオモ広場に行かれる方は、どうぞお聞き逃しの無いように・・・・
CIMGa7957.jpg

                     後編は2階から見える風景です。

明日から3日間は、ジュマパパの会社のイギリス人さん接待で
大阪・京都・奈良方面に行ってきますので、
イタリアブログはお休みさせていただきます。

元気があれば?携帯から様子をご報告させていただきます。

皆さまよい週末を・・・・


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


楽しんでいただけたら
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

関連記事
  1. 2013/04/18(木) 21:52:12|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (42)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ