旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

見てるだけでも楽しめちゃうストリート・マーケットーアムステルダムー

netherland500ns.gif


Albert Cuyp Market(アルバート・クイップ・マーケット)でカナルバスを降りると
市内観光バスが走っていました。

多くの都市で見かけるようになった、この2階建て観光バスですが、
ジュマんちはまだ一度も乗ったことが無いです。

P1230056.jpg



停留所の名前になっているAlbert Cuyp Market(アルバート・クイップ・マーケット)では
商店街のお店が、自分の店舗の前の道路にもテントを張って商品を並べています。

衣料品店が多いですが
アクセサリー・花屋・魚屋・飲食店等
見て歩くのがとっても楽しくて
ジュマんち、日を変えて2回行ったほどお気に入りの場所です。

日曜日はお休みです。



P1230057.jpg





陽気なストリートバンドのおじさんたち

P1230059.jpg





花屋さん

P1230062.jpg





座って演奏しているグループの周りを廻ると6人で即興の息のあった演奏。
大したものです。

P1230065.jpg







魚屋さんにはヒラメ・タイ・タラなど日本でもおなじみの魚がいました。

P1230068.jpg






お腹が空いたのでここいらでお昼。


P1230071.jpg





アムステルダムのスズメちゃんが来てくれました。
と思ったらどうも違うみたい・・・・

この子は誰でしょう?

ちなみにオランダではスズメは絶滅危惧種に指定されているようです。

P1230074.jpg





トリュフのリゾット(トリュフは刻んで中に煮込まれています)

かなり美味しかったです 

P1230075.jpg





クロケット(コロッケ)を食べたジュマパパは
「コショウが利いたクリームシチューのようなとろっとした牛肉コロッケ」
だと申しておりました。

P1230076.jpg

アムステルダムMAP


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3

bsa31.gif

今日の懸賞はこちら
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 09:55:21|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ドック・風車・アムステルホテルーアムステルダムー

netherland500ns.gif

アイ湾に出ると、市内の運河と違って波が高く感じました。

また運河に戻ると波も 他のボートが立てる以外ほとんど無く穏やかなものです。




大きな跳ね橋を見かけました。 大小 所々にあります。

P1230007.jpg

背の高い船が通れる場所は限られているんでしょう、きっと。





あの船は修理中なのか、それとも造っているんでしょうか??

P1230009.jpg





ここはかなり古い造船所です。
その昔 大きな木造帆船も建造されていたところだそうです。

P1230012.jpg

今はScheepvaart Museumと呼ばれる博物館になっているそうですが、
まだ使えそうな感じですね。

オランダ海洋博物館の1画にあるのですが、海洋博物館はただいま改装中!!




バスはオランダ海洋博物館の横を通って、
Nieuwevaartと呼ばれる幅広の運河を東へ進みます。




生活感あふれるハウスボートに出会いました。

P1230014.jpg

これは、もともと船だったタイプですね。

エンジンを動かして、家ごと旅行(航海)に行けそうですね。





行く手に大きな風車が見えて来ました。

P1230016.jpg

右手にもハウス・ボートが見えていますが、
あれは船に家を造ったのではなくて
コンクリート製のフロートの上に家を建てたタイプです。

新しいハウス・ボートですね。
よそで作ったものを曳航して来るんだそうです。

あれだと、ただ水の上に住んでいるだけで、
どこかへ航海に出るというわけにはいきませんね。






アムステルダムの6基現存する風車のうち、市街地に一番近いところにある
De Gooyer Windmillと呼ばれる大きな風車を右手に見ながら
バスはシンゲル運河へ入って行きます。

P1230023.jpg

この風車は1725年製、
20世紀の始めごろまでトウモロコシの製粉工場として動いていたそうです。
その後アムステルダム市が購入し整備されたそうですが、
1972年の嵐で壊滅的なダメージを受けたそうですが、
1976年までに修理・再建されたものだそうです。


今は醸造所があって、
ビールやサラミ、チーズなどと一緒に楽しめるようになっているそうです。
バーの調度品は骨董状態だそうです。




この風車の近くにある水上バス乗り場はDapper MArketというところで、
すぐ近くにテントが並ぶマーケットがあります。

例のドイツ人ご夫妻はここで降りて行かれました。

何か良いものを見つけられたでしょうか?!




私たちはもう少し先まで行きます。





モダンなアパートメント 窓が小さいのは冬対策でしょうか。

P1230036.jpg






水上バスは熱帯博物館や東公園を左に見ながらシンゲル運河を西へと進みます。





近代的なビルも建っています。 柳がすごいですね。

P1230042.jpg








なんだか立派な建物が見えてきました。

P1230046.jpg







これ、シンゲル運河がアムステル川と交差するところにある
インターコンチネンタル・アムステルという由緒あるホテルです。

P1230048.jpg

ここ各国の首脳や女優のマレーネ・デートリッヒさんも泊まったホテルだそうです。






私たちが降りたのはAlbert Cuyp Marketというバス停。

P1230053.jpg

あの建物はオランダ中央銀行です。

ここから少し歩いて行きます。

アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3
bsa31.gif

関連記事
  1. 2010/08/30(月) 08:44:59|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カナルバスでアイ湾に出てみましょうーアムステルダムー

netherland500ns.gif




赤コースのカナルバスはここが終点

P1220970.jpg



同じ船着き場で、黄色コースのバスを待っていると
すぐにやって来ました。


P1220972.jpg




このコースはアムステルダム中央駅の北側にあるアイ湾を通ります。
P1220928.jpg



半円柱のものは、駅のホームです。

P1220975.jpg






あらあら、船にまで落書きされちゃったのかしら・・・
P1220978.jpg





市立近代美術館が改装中のため
一部をこちらに移して展示してる旧TPGビル

P1220984.jpg









P1220986.jpg







船の形をしていますが、海洋博物館ではなく
国立科学技術センターです。

デザインを手がけたイタリア人 レンゾ・ピアノ氏は
関西空港もデザインしたそうです。

P1220995.jpg








P1220996.jpg








帆船が並んでいます

P1220999.jpg

これらの帆船が常設なのか、係留しているだけなのかはわかりませんが
次の週にはアムステルダムで5年に一度の帆船パレードが開催されると
ホテルのコンシェルジェ ロナルド氏(名刺くれた)が教えてくれました。

1週間違い!
悔しいですが、ジュマパパの休暇は年初から決まっていたので
仕方が無いですね


アムステルダムMAP


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3

bsa31.gif

今日の懸賞はこちら
名古屋近郊の方はどうぞ
関連記事
  1. 2010/08/29(日) 01:09:09|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カナル・バスから見た風景ーアムステルダムー

netherland500ns.gif


アムステルダムのカナル・バスの路線が
GREEN RED BLUE ORANGEの4路線あることは前回ご紹介しましたが、
最初に乗ったはRED LINEです。

P1220928.jpg


乗り場はANNE FRANK HOUSE KEIZERSGRACHT(カイザー水路アンネ・フランクの家前)、アンネ・フランクの家の東側です。
こちらがRED LINE用です。

西側にも乗り場があって、そちらはANNE FRANK HOUSE PRINSENGRACHT(プリンセン水路アンネ・フランクの家前)と言います。

そちらはGREENLINE用です。運行の向きが逆です。



RED LINEは右回りなので、中央駅に向かっています。



運河の上には、そこかしこに橋がかかっています。それも色んなタイプ!! 

P1220947.jpg



橋に合わせてボートも設計されているのでしょうけれど、ギリギリ・・・・・



P1220949.jpg



お嬢さん、なかなかの腕前とみました。



P1220953.jpg


「うしろの天窓 開けましょうか??」
という運転手さんのご提案で!!

ちゃっかり後ろへ移動しました。

P1220954.jpg

ボートはこれでないと!!!



船内では、所々で建物の説明を、オランダ語、英語、フランス語、スペイン語の
4ヶ国語でしてくれるのですが、
タイミングがずれたりして なかなか分かりません・・・・・



T字路(?)で 船は右へ90度曲がります。

左へ曲がると こんなゲートになっています。
カナル・バスは入って行けないかな?!

P1220956.jpg

仕事とはいえ、うまい操船です。





またすぐに左へ! 
駅の西側の不思議な高層建築が・・・・(駐車場でしょうか? いまだに何なのか分かりません)

P1220960.jpg





あの橋をくぐるとアイ湾に抜けます。

P1220961.jpg

機関車のねじれた矢印のようなマークはオランダ鉄道のマークですね。

引っ張っているのは2階建ての車両なのでインター・シティーと呼ばれている「新快速、特別快速」に相当する列車です。

こんなところにも自転車が止められています。





ここで右折 中央駅西乗り場は もうすぐです。




駅前駐輪場が見えてきました。 3階建て!

P1220962.jpg







P1220963.jpg





そばで見ると圧巻です。

P1220964.jpg






中央駅西乗り場に到着!! お客さんがいっぱい待ってます。

P1220968.jpg

この船は、GREEN LINEに変わります。

私たちは ここで降りて 一番外側を回るORANGE LINEに乗ることにしました。

例のドイツ人夫妻も そうするみたいです。

混まないと良いのですが・・・

アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3
bsa31.gif

関連記事
  1. 2010/08/28(土) 09:34:38|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワンデイチケット買ってカナルバスに乗ってみましたーアムステルダムー

netherland500ns.gif



運河に浮かぶハウスボートもさまざまです。

周りをお花で飾ったこのおうちは素敵ですよね~

ひょっとしたらお店だったかもしれません。

P1220924.jpg

全長75キロにも及ぶアムステルダムの運河には
住宅が不足していることもあり
用済みの運搬船を転用したハウスボートがたくさんあります。

現在は2400軒くらいのハウスボートがあるといわれていますが
違法係留の問題も深刻です。

係留許可が下りれば電気・水道が引かれ、郵便も届きます。





水上ポリスさん

P1220925.jpg




アンネ・フランクの像

P1220926.jpg





近くにカナル(水上)バスのチケット販売所があったので
まずは、どのエリアに何があるのかを把握するため
一日観光バスならぬ、一日水上バスで市内観光。

ワンデイフリーチケットを購入しました。
P1220927.jpg





どのコースでも利用できます。

P1220928.jpg






チケット売り場の横が乗り場

ドイツからいらした同年代かと思われるご夫妻とおしゃべりしながら
バスが来るのを待ちました。

ドイツはお隣の国
車でいらしたらしいです。

そのご夫妻とは翌日別の観光地でもバッタリ!

偶然過ぎる!!
びっくりしましたよ~


P1220929.jpg





カナルバスに乗るドイツ人のご主人

P1220931.jpg





運転手さんは女性でした。

中は広くシートもきれいです。

P1220932.jpg







P1220935.jpg

アムステルダムMAP


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3

bsa31.gif

今日の懸賞はこちら
関連記事
  1. 2010/08/27(金) 09:02:44|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

観光名所「アンネの家」は大行列ーアムステルダムー

netherland500ns.gif

さて、どっちへ行こうかねぇ?????

と地図を見ると、ダム広場から西の方に運河を3つ越えると「アンネ・フランクの家」を発見!!

距離は600mほど 行ってみることにしました。

工事中の王宮の前を通って、ラートハイス通りを歩きます。







途中の花屋さんです。きれいですね。

P1220905.jpg

お値段も貼ってありますが、どれがどの値段なのか・・・・







この辺りは 運河と運河の間が100~200mです。

P1220906.jpg





全く水の都ですね。

P1220907.jpg





西教会が見えて来ました。「アンネ・フランクの家」は西教会の北側です。

P1220912.jpg






3つ目の運河を越えて西教会の前に出ると、人の列が・・・

P1220913.jpg

あれは、まさかアンネの家に行こうとしている人たちの列???





西教会の窓 大きいですね。 中はきっと明るいに違いありません。

P1220914.jpg




あの列はやはりアンネの家まで続いていました。
とりあえず最後尾に!
なかなか前に進まないなぁ・・・・



街路樹でも見上げながら待つしかない感じ

ジュマが先の方がどうなっているか偵察に出かけました。


P1220915.jpg


と、一人のラテン系の若い衆がやってきて
『ここ、アンネの家の列ですか?』
『そうだと思いますよ』

怪しいお兄ちゃんかと思ったら、
アルゼンチンのブエノスアイレスから来た旅行者でした。

『アルゼンチン、今年は寒いそうですね?』
『ブエノスアイレスでは雪が降ったりしていないけど、南の方ではかなり寒いです』

などと話をしていたら、ジュマが戻って来ました。

ジュマが訊いてきたところによると、どうも1時間以上待たなければならないようです。






アンネの家までは150mほどあるようでした。

ここが先頭付近です。

P1220922.jpg




中でチケットを買うのですが、先頭で待っているお兄さんも腕組み!!!

P1220917.jpg



中ほどに日本人の団体がいたのですが、ガイドさんが
「今のうちに、交代でトイレに行ってくださぁい」
と言っていました。

これは、どうしたものか?????






「アンネ・フランクの家」はこの建物の向こう側にあるのですが・・・・

P1220920.jpg

根性無しの二人連れは、「アンネ・フランクの家」見学をギブ・アップ!!

アルゼンチンの青年にバイバイして 行列を見物しながら移動開始!!!

さて、次は何をしたものか?!?!


アンネが窓から見ていた栗の木が強風で倒れたということを
8月25日のニュースで知りました。

見ておけばよかったか・・・?

アンネの家の木ー関連記事


アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3
bsa31.gif

関連記事
  1. 2010/08/26(木) 10:03:28|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

裏通りを抜けるとダム広場に出ますーアムステルダムー

netherland500ns.gif




可愛いジョウロを売っていました。
でも9.95ユーロはちょっと高いですね。
P1220885.jpg






こういうものをウインドーに飾っているのも裏通りならでは?

P1220886.jpg








アムステルダムは結構汚いです。
煙草の吸い殻や紙類が歩道に捨てられています。

商業施設や公共施設の室内はすべて禁煙ですが、
道路に面したテラス席や歩き煙草などはOK

よって、日本よりはるかに副流煙を吸ってしまうことになります

ヨーロッパの朝の風景   清掃車


P1220887.jpg






ホテルから、ゆ~っくり歩いても15分くらいでダム広場に着きます。


P1220888.jpg

アムステル川を1270年ごろにせき止めてダムラック通りを作って以来
街の中心地として栄えている場所です。



このオベリスクは第二次世界大戦の戦没者慰霊塔とレジスタン運動の記念に
1956年に作られました。



P1220893.jpg





西側には王宮がありますが工事中でした。

ガイドブックには、2008年リニューアルオープン予定と書いてありましたが
長引いているようです 



P1220891.jpg

王宮はスペインがオランダの独立を承認した1648年に着工され、
元は市庁舎として建てられましたが
フランス占領時代に、ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトが王宮として使い
返還後に王室へ献上されたものです。


P1220903.jpg





周辺の建物


P1220892.jpg








P1220895.jpg







マダムタッソーの蝋人形館と前を走るトラム

P1220897.jpg



P1220900.jpg


アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3

bsa31.gif

今日の懸賞はこちら
関連記事
  1. 2010/08/25(水) 08:37:45|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

朝の(うちに)アムステルダム裏通り散策

netherland500ns.gif


朝ごはんを食べて、ひとまず部屋に戻り、窓から見える景色をチェック。

聖ニコラウス教会の塔が すぐ隣ほど近くにあります。

P1220871.jpg

外の空気はヒンヤリしていて、上着が要りそうです。






正面は アムステルダム中央駅の前

P1220872.jpg

朝早い時間帯は通勤途中の方々が歩いていたり、自転車に乗っていたり、バスやトラムに!!!




さて、我々も出かけましょう!!




ホテルのロビーでポストを発見しました。これ、使われています。

P1220866.jpg







ロビーを出るとレンタル・バイク、自転車も借りることが出来ます。

P1220867.jpg







我々は待ち歩き!! ホテルを出て左、駅とは反対側へ向かいます。

突き当りを左へ、中華街方面へ!

P1220868.jpg

昨日の夕方は、この辺りには沢山の人がいましたが、朝は・・・・・

あの赤地にXXXの旗は アムステルダムの旗です。





少し行くと運河です。

P1220873.jpg

家の造りから見て、波はほとんど立たないんでしょうね。

ボートもさほどスピードを出せるところじゃないし。

温暖化で水位が上がったら、一階は水浸し???





橋の欄干は、自転車置き場と化しています。

P1220874.jpg

あちこちにボートが浮かんでいますが、
こちらの方々 ボートでお出かけするんですかね?!




この運河に沿って歩いて行ってみることにしました。




すぐに、こんな建物に出会いました。

P1220877.jpg

由緒ある建物でしょうね、きっと。
木で出来た雨戸がこの地方の特徴的なものだそうです。

部屋の中はどんななんでしょう???




先ほど見えた橋の欄干には、自転車がとてもしっかりした鍵で固定されています。

P1220878.jpg

運河の水は あまりきれいじゃないですね。








さすが パン屋さんは早くから開いていますね。

P1220882.jpg

ショー・ウィンドゥには、美味しそうなものが・・・・・





運河から一本 入った道へ回りました。

P1220883.jpg

ここは あの「飾り窓」地区のすぐそばです。

「日中でも気をつけてください」とガイドブックにあったりしますが、
こんなに人がいないんじゃ気をつけようがないですね。
もちろん、こんなのは 朝早くだからでしょうけどね。

飾り窓ーWikipediaー



暫く行くとCOFFEE SHOP「BABA」

P1220884.jpg

ここ コーヒーも飲めますが、
マリ○ァナなどのドラッグも提供しているところです。

アムステルダムでは合法です、もちろん!!

【COFFEE SHOP】がそういうお店だと言う意味ですので、
コーヒーを楽しみたい方は【Cafe】へどうぞ!!!


市内のあちこちに両方ともありますが、我々はCafeしか入っておりませんよ!!

アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3
bsa31.gif

関連記事
  1. 2010/08/24(火) 08:13:56|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ケバブとNHバルビゾンの朝食  ーアムステルダムー

netherland500ns.gif




アムステルダム中央駅構内の天井です。

ヨーロッパでは一つの建物を大事に長く使うので黒光りして温かみを感じます。
日本はどうしてすぐに壊しちゃうのでしょうね・・・

P1220855.jpg






日本の暮らしの感覚からは、
今が20時半すぎだということがなかなか納得できません。

P1220856.jpg








クロケット(コロッケ)やさつまあげかウインナーかよくわからないような物が
自販機で売られています。

P1220857.jpg







でも私達は隣のケバブ屋さん(世界中にお店があるDoner Company)で
ケバブバーガーみたいなものにしました。

「野菜はどれを入れる?」と聞くので
「全部入れて」とお願いしたはいいけれど、
茶色いピーマンみたいに見えている物がメチャくちゃ辛い 

結局全部取り除いて食べました。

そういえば、前にいたお兄さん
それだけはいらないって言ってたのよね・・・


P1220858.jpg


ちなみに物価は、
食品はスーパで売っているものは安いですが
外食や売店で買うミネラルウォーターなどは日本と同じくらいの感覚です。

洋服なども日本と同じくらいの値段。

市内で免税店は見かけませんでした。




ともあれ、この日はホテルに帰って23時ごろには寝ました。



今回は朝食の付いたプランを予約しましたので
朝はホテルレストランで食べます。

ホテルの周りにはたくさんのレストランがありますので
全く食事に困ることはないですが、
朝食時間に開いているお店は少ないように思えました。


ホテルレストランの朝食は平日6時半~10時半
            土曜7時~11時
            日曜7時~12時まで利用できます。

P1220863.jpg







品数は結構多いです。
写真のほかに、温かい物は
卵(スクランブルとゆで卵)やウインナー・ベーコン
ポテトや豆

ドリンクメニューも豊富です。

P1220859.jpg









パンも色々ありました。

甘いパンコーナー

P1220860.jpg



甘くない?パンコーナー
P1220865.jpg






P1220862.jpg

ジュマパパは4日目ぐらいから飽きてきたようですが
私は全然大丈夫!

一日で朝が一番食べたかもしれません




デザートはコーヒームースやとろとろプリン
でも、とろとろすぎてあまり好きではありませんでした。

P1220864.jpg

アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3

bsa31.gif

関連記事
  1. 2010/08/23(月) 08:39:39|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

東京駅のモデル「アムステルダム中央駅」とNHバルビゾンホテル

c_10_netherlands_500n.gif


アムステルダム・セントラル駅で下車したものの、どちら側へ出たら良いのか????

さすが中央駅 乗客がたくさんいます。

駅構内の地図があるわけでもなく、どちらへ歩いていけば良いやら・・・・・

やっと見つけた駅員さんらしきオジサンに

「NH バルビゾン パレス ホテルはどっちに行けば良いんですか?
 駅のすぐそばなんですけど。」

「多分 あっち側に行けば良いんじゃないの」

というアドバイス!!

そちらへ向かって駅を出て、ぐるっと見回すと見えました NHバルビゾン

中央口に出たので市電の線路を超えて歩道を左へ
運河を渡って、更に広い道を渡って、また左へ
ホテルに到着しました。
所用時間は、信号しだいですが5分ほどでしょうか。

概ね、信号を守る人が多いようです。


市電、バス、水上バスなどの乗り場も集中しているところなので、移動は楽そうです。




では、チェック・イン

P1220840.jpg

ロビー ゆったりサイズですね。





6階の駅に向かった部屋をもらえました。
眺めは悪くないと受付のお兄さんが言ってました。

P1220841.jpg

部屋もゆったりサイズです。

午後7時過ぎですが、外はかなり明るい!!





部屋の中をちょっとご案内しましょう。

テレビは日本の放送は受信していません。

P1220842.jpg










P1220843.jpg






洗面台は広くて使いやすかったです。

フェイスタオル、バスタオルは大きい!!
バスローブは大きすぎてジュマは引きずっていました(汗)

P1220844.jpg







アメニティー

P1220846.jpg

バスタブは湯量たっぷり出ます。
諸外国にありがちな、
湯温が一定しなく、使っている最中に水になったり熱湯になったり
ということも無く
設定温度通りの湯が出ます。

シャワーも固定ではなく外して使用できるタイプです。

使いにくいお風呂はストレスになりますので
嬉しかったです。

運河が多いので夏場は蚊がいます。
フロントマンは「ここにいても時々刺されるんですよ~」
と言っていましたので
念のため就寝時に蚊よけを部屋の4隅にスプレーしましたが、
私達はホテルでも、観光中でも一度も刺されませんでした。

NHバルビゾンホテル





荷解きも済み おなかも空いて来たので、
周辺の偵察を兼ねて晩御飯を食べに出ました。


ホテルの前の風景です。右手にホテル、左手に中央駅があります。

P1220847.jpg

オランダは自転車天国!!

この自転車専用道が曲者です。
日本で言う原付も走りますが、自転車もかなりのスピードで走って来ます。

気をつけないと、自転車にはねられそう・・・・・

どけどけ!という感じでベルを鳴らして走って来ます。





ホテルのすぐ北側に教会があります。聖ニコラス教会です。

P1220848.jpg

ちょっと時間が遅いので扉は閉まっていました。 
近いうちに内部を拝見させていただきましょう。





中央駅へ行ってみることにしました。




こちらは中央駅前の運河の南東側にかかる橋の上です。

来た道よりも、こちらからのほうが駅まで早く行けますね・・・・

P1220849.jpg

右手のレンガの建物が中央駅で、この橋の下に水上バスの乗り場があります。

真ん中の運河の上のところ、カフェになってます。

パンケーキとかかれた幕があるので、パンケーキが美味しいんでしょうかね?!





東京駅はアムステルダム中央駅を真似て建てられたそうです。

P1220850.jpg








中央駅の西側です。大きな駅ですねぇ・・・・

P1220851.jpg

オランダで初めて開業した路線は、
ここアムステルダムから西へ向かってハーレムという所までだったんだそうです。
ハーレムは日本でいうと新橋というところでしょうか。







駅の時計が午後8時13分を示しています。

P1220853.jpg

日本だと、もう暗くなっている時間ですがまだまだ明るいです!!

さて、食べ物 食べ物!!!

アムステルダムMAP



-本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングに参加しています。
「見たよ~」の足跡ashiatoとして
ポチgoにほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ

ポチgo
していただけると
と~っても嬉しいです。ハートハート
Rank Up は次の記事への励みになります。
ご協力ありがとうございます。
jumee☆thanks3
bsa31.gif

関連記事
  1. 2010/08/22(日) 02:04:07|
  2. オランダ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (33)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (34)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ