旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

ネパールの旅最終回です「お土産はこんなの買いました」 -ネパールー

帰国はカトマンズからドラゴン航空で香港へ
香港からセントレアはキャセイパシフィック航空利用になります。

写真は深夜のカトマンズ空港の搭乗ロビー

ボーディングタイムが遅れていること以外は何の情報もなく
ひたすら時間を潰します。
ショップは数店しかなくて暇つぶしにはなりません。
IMG_q4909.jpg



有難いことに?1時間弱の遅れで搭乗することが出来ました。
IMG_q4918.jpg


機内食はチキンカレーとハーゲンダッツ
お腹が空いていなかったのでほとんど残しましたが
ハーゲンダッツは”キッチリ”いただきました。(笑)
IMG_q4922.jpg



約4時間15分で香港到着
楽勝です

IMG_q4923.jpg

ただ、待ち時間は5時間くらいあります。

ここで関西空港、福岡空港からいらしたツアーのメンバーとはお別れです。

(くどいですが)お腹は空いていませんが、メニューは何でもあります

IMG_q4926.jpg


(くどいですが)お腹は空いていませんが、帰りもエビワンタンを食べました
IMG_q4927.jpg


個人的に気に入っているキャセイパシフィック航空

12月ですので、機内にはクリスマスリースが飾ってありました。

IMG_q4929.jpg



お土産はハチミツ・紅茶・ヒマラヤ岩塩・イエティ航空の子供用Tシャツ など


上記の中の食べ物ではハチミツがお勧めです。
濃くてとても美味しかったです。


ひなちゃんにはバックを買ってきました。
IMG_q4931.jpg



こちらもひなちゃん用ですが、娘が「これ私が欲しい」と・・・・
IMG_q4932.jpg



これはショルダーバックですが斜めのファスナーがおしゃれです。
反対側にも同じタイプのファスナーポケットがありますので使い勝手がよく、
私がワンマイル用として使っています。
IMG_q4934.jpg


今回も長い間お付き合いいただきましてありがとうございました。

ネパールは想像以上に楽しめた国でした。
そういう意味では満足できる旅だったと思います。

一日も早い震災からの復興を願っています。



                         ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回からは「ペルーの旅」を予定しています☆

                                  

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/11(火) 23:39:17|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モモやダルバートで最後のディナー -ネパールー

いよいよネパールの旅も終わりが近づいて来ました。

このお土産物屋さんはネパール人経営のお店ですが、
日本語が通じる日本人御用達のお店です。

安いものから高価なものまで、お土産になりそうなものが一通り揃っています。
IMG_q4888.jpg




香港までの飛行機の出発時間が遅いので
カトマンズ市内で夕ご飯を食べることになります。

最初はポップコーン
前菜?なのかしら・・・・
IMG_q4891.jpg


これは何だったか忘れました
IMG_q4892.jpg



次に店員さんが食前酒を入れてくれます。
食前酒と言ってもかなりのアルコール度数だったと思いますので
私は舐めることさえできませんでした。

高いところから上手に容器に注ぎ入れる技はお見事!
IMG_q4898.jpg

こちらでも「モモ」が提供されます。
モモはチベット発祥の蒸し餃子です。
ピーナッツ入りのたれなどでいただきます。

IMG_q4901.jpg



ダルバート(定食)は大好きだったので最後にもう一度食べられてラッキー☆
おかず・ご飯・漬物を大きなお皿に入れて行ってくれます(お代わり自由)

見た目の色合いは良くないですが、私は香辛料で味付けされたどのおかずも好きです。
IMG_q4903.jpg


豆のスープ(ダル)もセットです。
IMG_q4904.jpg


民族舞踊も始まりました。
IMG_q4905.jpg


ドリンクはチャイ、デザートはプリンでした。
IMG_q4906.jpg



              ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は最終回「お土産編」を予定しています☆

                                  

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/10(月) 23:45:17|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アサン・チョークとインドラ・チョーク ーネパールー

クマリを拝顔したあとは、アサン・チョークインドラ・チョークへと歩きます。

色んな店が軒を並べており、人通りも多い通りです。

IMG_q4863.jpg

ネパール女性の民族服クルタスルワール、お香、真鍮製品等々  店先を飾っています。

店先で作業している職人さんもいます。

IMG_q4865.jpg


細い通りにも店が並んでいます。

IMG_q4869.jpg


こちらは2階もあるのかな・・・

IMG_q4870.jpg


【地球の歩き方】にも載っているお店???  日本語もOKだそうです。

IMG_q4871.jpg


中へ入ってみたい気もするのですが、急いで歩くガイドさん  
一列で歩いて、車やバイク、貴重品に気を付けるように!!とのことでした。

IMG_q4873.jpg

ほんとに人通りが多いところです。


アサンは複雑?!

迷子になる旅行者が一番多いのがこの辺りだそうです。

IMG_q4876.jpg


岩塩を発見!  黒いものはどう使うのかな??

IMG_q4878.jpg


車の走る通りへ出ました。 なんとなく、ホッとする感じ!!

小さなバスが停まり、お兄さんが出て来るところですが、車掌さんみたいなバスの補助要員さんです。

IMG_q4883.jpg

乗り降りが頻繁なので、扉を無くしたの??? 


              ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は「最後の夕食」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/09(日) 21:35:30|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマリの館 -ネパールー

再びプラタップ・マッラ王の石柱 の前を通ります。
崩れ落ちた大きな石
下にいたらひとたまりもなかったことでしょう。
負傷者がおられたのかどうか定かではありませんが、
おられなかったことを祈るばかりです。

IMG_q4833.jpg




屋根のある場所に収められて復旧の日を待つ塔の一部
IMG_q4835.jpg



ハヌマン・ドカのNau.Talle.Durbarの震災前と震災後の姿
IMG_q4839.jpg

IMG_q4840.jpg




何度も記事中には出てきていました「クマリ」という言葉ですが、やっと実際に来ることが出来ました。
クマリの館」です。

クマリ(Kumari、Kumari Devi)とは、ネパールに住む生きた女神のことです。
密教女神ヴァジラ・デーヴィー、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、
ネパール王国の守護神である女神タレージュやアルナプルナの生まれ変わりとされており、
国内から選ばれた満月生まれの仏教徒の少女が初潮を迎えるまでクマリとして役割を果たします。

クマリは一人ではなく、ロイヤルクマリ(一人)とローカルクマリ(地方に多数)がいるようです。
カトマンズの館にいるロイヤルクマリには国王もひれ伏すほどだそうです。

クマリに選ばれるには32もの条件があり
その一部を挙げると

☆健康である
☆すべての歯が欠けていない
☆菩提樹のような身体
☆牛のような睫毛
☆獅子のような胸
☆鹿のような脚
☆アヒルのように柔らかく透き通った声
☆黒い髪と目

などです。

3階の左側中央の窓からクマリが顔を出しますが
クマリの写真撮影は禁止されています。
IMG_q4842.jpg




顔を出す予定時間の少し早めに館の中庭に入り写真を撮りながらその時を待ちます。
その間にも、現地ガイドさんはしつこいほど「写真は絶対撮らないでくださいね!」を繰り返します。
IMG_q4843.jpg


待つ私達にも、おのずと緊張が走ります。
IMG_q4845.jpg


ガイド氏は「あのカーテンがかかった窓の後ろで写真を撮っていないか見張っている」とも言います。
IMG_q4846.jpg



IMG_q4856.jpg


ほぼ予定された時間に濃い化粧を施された少女が窓から顔を出しました。
笑みは無く、厳しい顔つきで、中庭の人達に視線を向けて
十秒くらいで館に消えていきました。

クマリを見ると幸せになるという言い伝えがあるそうです。

入館の際に首からかける「入館パス」の写真で、現在のクマリをご覧ください。
IMG_q4853.jpg

3~4歳で親元を離れることになったクマリは
特別な儀式以外には外出はせず、クマリの館の中で生活をします。
学校に行く事も不可能なために勉強は館の中で行い、友人と遊ぶこともあるそうです。ー一部wikipediaより引用ー






                  ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は「立ち並ぶ商店街」を予定しています☆

                                  

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/09(日) 00:47:07|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧王宮 ハヌマン・ドカ -ネパールー

旧王宮が博物館になっています。 あちこち地震で壊れており、支えがないといけないようです。

入り口辺りにあった赤い衣で覆われた像   オシラ様を思い出しました。

IMG_q4797.jpg


門のふちに描かれた模様  仏の眼???

IMG_q4799.jpg


門衛さん 

IMG_q4800.jpg


ヒンズーの神様って色々ですね!

IMG_q4801.jpg


中庭  地震の前の景色に戻るには何年かかるのでしょう・・・・

IMG_q4802.jpg


歴代の王様の絵や写真  これは王様の椅子かな

IMG_q4803.jpg


あちこちヒビが走っています。 この程度の支えで大丈夫なんでしょうか・・・・・

IMG_q4806.jpg


こちら側は無傷だったのか それとも修復済?!

IMG_q4808.jpg


王族が乗った輿  重たそうです。

IMG_q4809.jpg


アメリカが資金を提供している保全プロジェクトだそうです。

IMG_q4810.jpg


これは何??

IMG_q4814.jpg

日時計だそうです。

IMG_q4815.jpg


この扉  撮影せずにはいられない感じ!!

IMG_q4816.jpg


あの窓から外を見ていたのはどんな人達だったのでしょうねぇ・・・

IMG_q4821.jpg


腕の良い彫刻職人がたくさんいたんでしょうね!

IMG_q4822.jpg


出口付近にはお決まりのようにショップがあります。

IMG_q4823.jpg


へこんでいるジープ

IMG_q4828.jpg

1962年に王様が乗っているところへ爆弾テロが!! それで傷ついたのだそうです。

IMG_q4829.jpg


この辺り 修復作業のための場所になっていました。 頑張ってください!!

IMG_q4830.jpg




             ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は「クマリの館」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/06(木) 22:02:00|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトマンズ市内を歩く -ネパールー

小高い丘の上にあったスワヤンブナートからカトマンズ市内に移動。
カトマンズは標高1300mに位置するネパールの首都です。


沐浴をする子供、水をくむ大人
井戸は生活には欠かせない存在です。

IMG_q4752.jpg


ストゥーパもあちこちに点在します。
お墓に立てる「卒塔婆(そとば)」はこのストゥーパから来ているらしいです。
IMG_q4754.jpg



ここも2015年の地震で大きな被害を受けました。

完全に崩れ落ちた建物も少なくなく、
地震前に撮られた写真と比べると、いかに大参事であったかが分かります。
IMG_q4767.jpg


ダルバール広場です。
ダルバールとは宮廷という意味らしいですが
カトマンズだけではなく、パタンやバクタプルにも「ダルバール」と呼ばれる広場があります。

IMG_q4768.jpg


周辺には多くのチベット仏教の寺院が集まり、観光客の姿も多く見かけます。
IMG_q4773.jpg



IMG_q4774.jpg



プラタップ・マッラ王の石柱 と ジャガナート寺院
屋根にとまる無数の鳩が印象的です。
IMG_q4776.jpg



格子の細工が細かすぎて、中の仏像を撮ることができません。
IMG_q4781.jpg




IMG_q4783.jpg



カトマンズにある石像の中では最も大きいものの一つで、シヴァの化身であるカーラ・バイラブの像です。
シヴァの破壊神としての化身で、目を見開き、首に頭蓋骨のネックレスを巻き、人間の皮を羽織って、人々を恐れさせる外見をしています。
カーラ・バイラブの前でうそをつくと即座に死んでしまうと信じられており、
17~18世紀には、政府はこの像の前に犯罪の容疑者を連れてきてその罪を白状させていたといいます。
                           -引用元 「西遊旅行」サイトー
IMG_q4788.jpg



                   ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は「ハヌマン・ドカ」を予定しています☆

                                  

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/05(水) 22:12:27|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトマンズの起源と言われる伝説の地「スワヤンブナート」その3 -ネパールー

私達が使った石段の反対側の石段

怖いぐらいですが、ここを背にして写真を撮っていた観光客が落ちて死んだとか・・・・・

IMG_q4728.jpg


参拝される時には充分に気を付けてください。

IMG_q4731.jpg



浮彫のヴァジュラ  煩悩を打ち砕く法具です。

IMG_q4732.jpg



カトマンズ 大きな街です。  

IMG_q4734.jpg

写真に写っている黒いシミのようなものは鳥です。



おサルさん 何考えてるんでしょうねぇ・・・・・

IMG_q4739.jpg



マハ・チャイテャの隣にあるお堂

IMG_q4741.jpg


ここもゴールデンテンプルです。

IMG_q4744.jpg



参道の土産物屋さん  これはドアの取っ手が並んでいました。

IMG_q4748.jpg

日本では目にすることが無いようなデザインのものが並んでいました。



アヒルのヒナも販売中!!

IMG_q4749.jpg



ここはヒンズー教の寺院ではないのですが、こんな絵も売られていました。

IMG_q4750.jpg





ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は「町の風景」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/04(火) 22:50:13|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトマンズの起源と言われる伝説の地「スワヤンブナート」その2 -ネパールー

400段の階段を上って頂上に到着
こちらも2015年の大地震で大きな被害を受けたようです。
このサルたちもさぞびっくりしたことでしょう。

IMG_q4716.jpg

石段の両側や頂上には
多くのお店が並び、見たこともないものも売られています。

IMG_q4719.jpg




寺院中央には下部が白いドーム状、上部はブッダアイ(仏陀の知恵の眼)を四方にもつ高さ15mの黄金の仏塔がそびえ、
5色の鮮やかなタルチョ(旗)が四方八方へ伸びています。
IMG_q4720.jpg


尚、この仏塔は正確にはストゥーパではなく、マハ・チャイテャ(大チャイテャ)と呼ばれているそうです。

この年に亡くなった父の冥福を祈り手を合わせます。

IMG_q4722.jpg



半端ない数の石像が並べられています。
IMG_q4721.jpg





神聖であろうとなかろうと、サルたちは生きるために食べ物をあさります。
IMG_q4725.jpg


チベット仏教の特徴でもあるマニ車

IMG_q4726.jpg


巨大なヴァジュラ(金剛杵)
IMG_q4727.jpg


鉄格子の向こうに金色の仏さまが見えます。
IMG_q4730.jpg




 ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回も「スワヤンブナート」を予定しています☆

                                  

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/03(月) 23:38:03|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトマンズの起源と言われる伝説の地「スワヤンブナート」その1 -ネパールー

スワヤンブナートはカトマンズ中心部から西に3㎞程のところにある丘の上にある仏教の寺院で
ネパール最古と言われ、世界遺産の一部になっています。

近くにはバスを停められないので、ちょっと離れたところで下車

すぐに現れたのが水牛の群れ!!  なかなか・・・・・・

IMG_q4697.jpg


少し行くと坂道!  スワヤンブナートの関連施設が見えて来ました。

IMG_q4703.jpg


仏教関連施設に付き物の色とりどりの飾り【タルチョ】が頭上に!!

IMG_q4706.jpg


通り道にサルが・・・・・・ ここはモンキー・テンプルと呼ばれるほどで、サルがたくさんいるそうです。

IMG_q4707.jpg



境内の入口を入ったところ!  ブッダ・アイ(仏陀の知恵の目)が訪問者を見つめています。

IMG_q4709.jpg


参詣者にウリや水などを売る屋台が並んでいます。

IMG_q4714.jpg



切り売りのココナッツも
IMG_q4713.jpg

ここから400段ほどの石段を登ります・・・・・・


          ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回も「スワヤンブナート」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/02(日) 21:32:41|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランチは宮廷料理の「ギャコック」 -ネパールー

ランチタイムになりました。
まずは「モモ」と「スープ」
「モモ」はチベットの餃子というか点心と言ってよいのか・・・
とっ~ても美味しいです

IMG_q4689.jpg



こちらはこれから提供される鍋料理「ギャコック」の調味料になります。
「ギャコック」とはかつて宮廷でふるまわれていた料理の名前です。
各々が気に入ったものを器に取っていただきます。
茶色いのは醤油に似た味
赤いのはコチジャンのようなやや辛みのある味
透明で緑色の細切りが浮いているものは見た目に似合わず激しく辛いですので
最初は控えめに器に取った方が良いと思います。
IMG_q4690.jpg



鍋はこんな形をしています。
IMG_q4691.jpg



鶏がらや豚骨を長時間煮込んだスープにをハープや岩塩で味付けして
骨付きチキンやスペアリブがトロトロになるまで煮込まれ
小エビの天婦羅、ブロッコリーやパプリカなどの野菜もたっぷり入った鍋料理です。


IMG_q4692.jpg




春雨のようなものと一緒にいただきます。
スープ自体はあっさりした味付けなので、前述の調味料を足します。
美味しいです!
IMG_q4693.jpg


他にヌードルやライスなど好きなものを好きなだけ。
です。

素材はいくらでも追加してくれますが、
美味しいとはいえ、そんなに食べられるものではありませんでした。

IMG_q4694.jpg


IMG_q4695.jpg





デザートのお菓子

IMG_q4696.jpg


このレストラン
トイレまでが遠くて、しかもお店とトイレの間にお土産物屋さんが連なっています。
なので女性陣は早めに食事を切り上げてお土産物屋さんに物色に行きました。


                 ー2016年12月に訪問ー

                    ☆次回は「スワヤンブナート」を予定しています☆

                                  

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/03/30(木) 23:42:13|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (156)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (15)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ