旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その7 ラトビアで活躍中の日本人サッカー選手に声をかけられる -ラトビアー

ランチタイムです。


IMG_q1968.jpg


ちょっとおしゃれな感じのお店です。

IMG_q1969.jpg


机の上にはライ麦パンが待っていました。  夜はロウソクに明かりが灯るようです。

IMG_q1970.jpg


歴史を感じるレンガの壁!!  いい感じなんですけど・・・

IMG_q1971.jpg


ビートのスープ  白く見えているのはジャガイモ味のメレンゲみたいなものでした。

IMG_q1973.jpg


メインはローストポーク

IMG_q1974.jpg


デザートはフルーツ  やや酸っぱいイチゴでした。

IMG_q1978.jpg



食べ終わってレストランの外でボーっとしていたら、『日本の方ですかぁ?』と怪しげな(?)若い衆が二人・・・・

IMG_q1979.jpg

誰やねん!?と思うのが普通!!
話を聞くとこちらのプロチームでプレイしているサッカー選手とのこと!!  生のプロサッカー選手と会ったのは初めて!!
二人以外の人と日本語で話したかったようです。
ちゃっかり写真を撮らせてもらいました。

頑張ってるかなぁ・・・・・・


                   ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は今回の旅の4か国目「リトアニアへの車窓」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/20(火) 19:34:29|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その6 三人兄弟の家 -ラトビアー

ネパールから無事帰って来ました。
私がこれまで行ったアジアの国の中では
いろんな意味で一番発見が多かった国かもしれません。

が・・・・・・・・

まずはラトビアの記事の続きを書かせていただきます。

覚えているのか 自分

ネパールの旅の記憶が濃すぎたのと
ラトビア訪問が7月でしたから 記憶が薄れつつあります

が・・・頑張ります


まずはリガ歴史地区の美しい外壁群をご覧ください。
IMG_q1944.jpg


IMG_q1945.jpg


IMG_q1947.jpg



建物内部の階段は狭いので、物を運び込むのは窓から
窓の上の黒い部分に滑車が付いていて運び上げるようになっています。
大変ですね。
IMG_q1949.jpg




この門はスウェーデン門
かつてスウェーデン兵がこの近くに住んでいたことから名づけられたそうです。(再建です)
カップルがくぐると幸せになると言われているらしいですよ。

IMG_q1953.jpg



こちらは1225年創建の聖ヤコブ教会です。
塔の高さは80mあります。

IMG_q1956.jpg




塔の中程にある突起物には“哀れな罪人の鐘”と呼ばれる鐘がつるされています。
市庁舎広場で罪人の処罰が行われる際には、この鐘を鳴らして知らせていたらしいです。

IMG_q1957.jpg




IMG_q1965.jpg



こちらの3軒並ぶ建物は三人兄弟の家と呼ばれる有名な観光名所です。

三連を成すリガの典型的な建物で、
外観は建築当時の姿をほぼ留めていて、3つともそれぞれの時代を表す特徴的な建物です。

右側の建物は、15世紀に建築されたリガ最古の石像住宅です。

中央の黄色の外壁の建物は
17世紀に建築され、正面はオランダのマニエリスム様式となっています。

左端は17世紀末に建設され、他の2軒に比べ間口が狭いバロック様式建物です。

現在 ラトビア建築博物館となっていて見学することもできます。
IMG_q1963.jpg



建物の前で演奏する人達がいます。
日本人だとわかると♪春のうららの隅田川~♪を演奏してくれますが
ちょっと音程が違っていました。
IMG_q1964.jpg








IMG_q1967.jpg




                          ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「異国で頑張るサッカー選手」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/20(火) 00:38:26|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その5 猫に隠された秘密 -ラトビアー


おしゃれな感じの角部屋(?)

IMG_q1914.jpg


と思ったら、装飾芸術とデザインミュージアムなんだそうです。

IMG_q1915.jpg



土産物屋さんのショーウィンドー  琥珀が置かれていました。 

IMG_q1921.jpg



Riga Black Balzams  24種類の材料から醸造されるお酒です。 ラトビアの銘産品ですね!!

IMG_q1923.jpg


長~い荷車にようにも見えるカフェ  ちょっとした工夫です!

IMG_q1927.jpg



こちらの建物はSmall Guildの建物  商人の組合ですね!

IMG_q1929.jpg



その近くにある建物のトンガリ屋根の上には猫が!!  

IMG_q1930.jpg


昔、ギルドに入りたかった人が断られ、腹いせにそっぽを向かせた猫を屋根に載せたのだとか・・・・ 

IMG_q1931.jpg


ほんとですかねぇ・・・・

IMG_q1933.jpg



壁の飾り? 旗の柄を差すところみたいです。 遊び心ですねぇ・・・

IMG_q1935.jpg



リガ大聖堂 バルト三国で最大最古の大聖堂  1221年に木造で建設されました。 その後の増改築で現在の姿に!!

IMG_q1940.jpg

立派なパイプオルガンがあるそうです。



アールヌーボー調の様式をユーゲント様式とも呼ぶそうですけど、当時の建築家の知恵と工夫、独創性の賜物?!

IMG_q1941.jpg

ここは美術館だそうです。



大聖堂前の広場に面したカフェのある建物の上の方  面白いですねぇ・・・  

IMG_q1942.jpg

八角形のでっぱりはどんな風に使っているんでしょう???


                  ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回も「リガ歴史地区」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/07(水) 23:01:12|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その4 ブレーメンの音楽隊 -ラトビアー

こちらは聖ペテロ教会
ルーテル教会の教会です。

展望台があり、そこからは市内を一望できるようですが いつもながら登っていません。
IMG_q1898.jpg



教会前のカフェ
IMG_q1899.jpg


リガの市内観光バスは「長~い
IMG_q1901.jpg




小さな町ですので徒歩でも充分回れますが、バスで回ることもできます。
IMG_q1902.jpg


ラトビア伝統楽器 クアクレを演奏する少女
イベントなどでは生花で作った冠を被る女性も珍しくないようです。
IMG_q1906.jpg


こちらはブレーメンの音楽隊の銅像
ブレーメン(ドイツ)にある音楽隊の像がなぜにこちらにも?

ブレーメンとリガは姉妹都市だそうで、その縁からこちらにも像が建てられているようです。

下からロバ、イヌ、ネコ、ニワトリと並んでいます。

ロバの前足を撫でながら願い事をすると願いがかなうという言い伝えがあるようですが、
正しい謂れを知らぬまま適当に撫でていく人が多く、顔もピカピカです(笑)


IMG_q1909.jpg


ジュマパパも顔を撫でています
それにしてもニワトリまで手が届く人ってどれだけ背が高いのでしょう・・・・
それとも・・?
IMG_q1911.jpg

皆様はぜひロバの前足を撫でてくださいね。

ちなみに、グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」の動物たち
実際にはブレーメンには行っていない(たどり着いていない)らしいですよ。



                  ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「猫に隠された秘密」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/06(火) 22:36:43|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その3 中央市場と博物館-ラトビアー

リガのアールヌーボー様式の建築物見学のあとは中央市場へ!!

中央市場はリガ中央駅のすぐ近くにあります。

IMG_q1881.jpg

バスを降りて、少し歩きます。  市場横にある倉庫(?)



中央市場が見えて来ました。

IMG_q1882.jpg



内部はこんな感じ!

IMG_q1883.jpg



あの太いのはウナギの燻製???

IMG_q1886.jpg



平日だったせいか、お客さんも少ないです。 お店もですけど・・・・

IMG_q1888.jpg



市場の次は夕べ来てみたダウガバ川に架かる橋の旧市街側の広場  ラトビア銃手広場(Latovian Shooter's Square)

広場に面したこの建物はHouse of Blackheads

IMG_q1889.jpg

独身のドイツ商人のギルド、Brotherhood of Blackheads、が14世紀に建てたものです。 
第二次世界大戦の際、1941年にドイツ軍に爆撃され、破壊されました。
その後1948年、ソビエトによって取り壊されています。

現在の姿に復元されたのは1995~1999年だそうです。

IMG_q1890.jpg


ここはラトビア占領博物館   ソビエト連邦に組み込まれた時代を見ることができるようです。

IMG_q1892.jpg



無くなってしまっていたものを復元するって、すごいことです!!

IMG_q1893.jpg



こちらはリガの市役所   向かって左隣にはリガテクニカル大学もありますよ!

IMG_q1895.jpg


House of Blackheadsの左隣の奥にあったおしゃれなカフェ  まだ開店前みたいですねぇ・・・

IMG_q1897.jpg



                      ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回も「リガ歴史地区」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/05(月) 23:10:15|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その2 世界一小さなカフェらしい -ラトビアー

ドイツ人によって都市の基礎が造られ「ドイツよりもドイツらしい」ともいわれるリガですが、
とりわけ旧市街にはハンザ同盟時代の街並みが残されています。

ロマネスク、ゴシック、バロックなどの建築様式が混在する歴史的学術的価値の高さは
ソ連支配の時代に旧市街の開発がほとんどされず、
逆にこれが街並み保存に寄与したともいえるようです

にしても、隣り合うビルの建築様式の違いには困惑します。

IMG_q1836.jpg



鍵穴のような形をした窓がある建物
しかも各階違う形をしている懲りようです。
IMG_q1845.jpg


IMG_q1847.jpg

この地出身のイギリスの哲学者でオックスフォード大学教授でもあった
アイザイア・バーリン( Isaiah Berlin 1909年6月6日 - 1997年11月5日)が住んでいた建物

IMG_q1849.jpg



7月のリガはアジサイも花盛り
IMG_q1850.jpg




色とりどりのベゴニアもこの街によく合っています。
IMG_q1854.jpg


屈強なドラゴンを配した立派な建物ですが、今はゲーム専門店になっているようです。
IMG_q1853.jpg


1879年に建設されたPAULS STRADINS医学史博物館
のプレート(外観写真がありません)
IMG_q1863.jpg


医学史博物館の向かいに位置するのはロシア大使館
IMG_q1864.jpg


こちらも大使館だと思いますが、旗が巻き付いていて国名は分かりません。
IMG_q1866.jpg


車窓から見た近代的なビルの赤で囲んだところは世界で一番小さなカフェらしいです。
数席しかないのかしら・・・・

IMG_q1872.jpg




                     ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「中央市場と博物館」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/04(日) 23:09:51|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バルト海の真珠 リガ歴史地区 その1-ラトビアー

朝ごはんを食べて、のんびり長めの散歩をしましたが、リガ旧市街の観光に出発です。

ここはラトビアのウクライナ大使館前です。

IMG_q1821.jpg


IMG_q1822.jpg

大使館の前には広いKronvalda公園があります。



すぐ近くの角を右に曲がってStrelniekuという通りに入りました。 この付近にはアールヌーボー様式の建物がたくさんあります。

IMG_q1823.jpg

左手の建物、若干汚れて見えますが、建物の上の方 特徴的です。  

壁にも飾りがあるのですが、外壁の汚れを落とすと きっときれいなんでしょうけど・・・・



数十メートル進むと右手にあるのが これ!!

IMG_q1824.jpg

面白いデザインですねぇ・・・


この建物の前に置かれていた胸像

IMG_q1825.jpg

1901-1912にかけてリガの市長を務めたGeorge Armitsteadさんの像です。
彼はイギリス人の商人の子としてラトビアで生まれました。 チューリッヒやオックスフォード大学でも勉強したエンジニアでした。
ロシアなどで働いたあとリガに戻り、家業を発展させたのち、リガの市長に選ばれました。
彼の在任中、現在みられるたくさんの建物や、学校、病院、動物園、図書館などを建設し、
小さな町であったリガを大きな都市にしたという功績のある方だそうです。

IMG_q1828.jpg



アールヌーボーの本場 パリでもなかなか見られないかもしれません。

IMG_q1826.jpg


個性の強い建物が2軒並んでいても、お互いのデザインを潰しあわないのが素晴らしい・・・・

IMG_q1827.jpg



次の角を右に曲がるとAlberta通り  先ほどの黄土色の建物は角地に建っていて、こちらがAlberta通り側の壁です。

IMG_q1831.jpg

こちら側が正面のようです。

設計者は何を表したかったんでしょうねぇ????

IMG_q1832.jpg


上の飾り 

IMG_q1833.jpg


女神様のイメージ??

IMG_q1835.jpg



                     ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回も「リガ歴史地区」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/01(木) 22:20:32|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダウバガ川を隔てるだけで、まるで廃墟の様相 -ラトビアー

ホテル前を流れるダウバガ川に架かるAkmens橋を渡ると旧市街に行けますが
そこは夕べ少し歩いたし、今日の観光の目玉なので
今朝は川と反対側を散策に・・・・


カラスさんの朝食はこれですか?
真黒ではなくツートンのカラスです。
IMG_q1792.jpg

大通りではトラムやトロリーバスが行きかっています。
そろそろ人々の活動が始まるようです。
IMG_q1794.jpg


とはいえマイカーらしきものはほとんど走ってなくて、
広い道路でも余裕で横断できます。

IMG_q1795.jpg


それにしてもひっそりしすぎ

皆どこにいるの~?
IMG_q1796.jpg


道路を渡ってガラス越しにオープン前の建物の中を覗くと電車が並んでいます。

ここはラトビア鉄道博物館でした。
IMG_q1798.jpg


その向かいに建つのがラトビア国立図書館

IMG_q1799.jpg


立派な建物ですね。
時間があれば入ってみたかった。

IMG_q1805.jpg

IMG_q1806.jpg





で、鉄道博物館の隣はというと
突然こんな風景になるから驚きです。

IMG_q1800.jpg

多分住宅街

多分住んでらっしゃる

IMG_q1801.jpg

アパートが並び
乗用車が停車している

信号もある

でも
人いない!


首都でありながら
人いない!


IMG_q1802.jpg

土曜日だからでしょうか・・・・・

IMG_q1808.jpg




                    ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回からは「旧市街散策」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/11/30(水) 23:30:33|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝食後の散歩は気持ちいい~ -ラトビアー

レストランで朝ご飯!!

一番乗りですねぇ・・・・

IMG_q1774.jpg



野菜系が色々あるのが嬉しいです。

IMG_q1775.jpg


IMG_q1776.jpg



食後、もう少しお散歩です!

IMG_q1777.jpg


向かいにあった入り江(?)の桟橋に降りるステップ   まだ陽が低いので影が長い・・・・

IMG_q1779.jpg


ダウガバ川への出口側へ行ってみました。

IMG_q1780.jpg



大きなクルーズ船が着岸しているようです。

IMG_q1782.jpg


どの辺りを廻っているんでしょう???  バルト海クルーズとか?

IMG_q1787.jpg



小さいけど 遊覧船?

IMG_q1783.jpg



アパートメントが建っていたので、多分 住民の方用の駐車場があるようです。

IMG_q1784.jpg

こんな公園みたいなところに住むというのも良いかも!?です。   夏と違って、冬は暗くて寒いのでしょうけれど・・・・



水草も増殖中!  どんな花が咲くのかな?

IMG_q1785.jpg



ホテル方面を振り返ると・・・・人影無し!!

IMG_q1788.jpg



ホテルへ戻る途中 クラシックカーが!!  タイム・スリップしたような気分でした。

IMG_q1789.jpg




                 ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「古ぼけた街」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/11/29(火) 22:15:53|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リガ旧市街と「ラディソン・ブル リガ」 ホテル周辺 ーラトビアー

ラトビアは正確にはラトビア共和国です。
EUとNATOに加盟し、通貨はユーロ、人口は約200万人
その首都がここリガです。
リガは「バルト海の真珠」とも呼ばれています

世界遺産に登録されている旧市街「リガ歴史地区」は
約300棟のアールヌーボー調の建築物の宝庫です。

IMG_q1757.jpg




2012年に英国の旅行案内サイト「First Choice」で「世界で最も美しい国」1位に輝いたのも頷ける美しさ!

こちらは旧市街の市庁舎広場に面したブラックヘッド会館
15世紀に建てられたドイツ未婚の商人のためのギルドハウスです。

IMG_q1758.jpg

ドイツ軍の攻撃により大破したため
現在の建物は1995年~1999年に再建されたものです

IMG_q1759.jpg

IMG_q1763.jpg


IMG_q1760.jpg


街の中心の広場
IMG_q1761.jpg


夜の10時頃ですが、まだまだ街には人がいっぱいです。
昼のように明るいことも手伝って、治安は良いです。
IMG_q1762.jpg

けれど、翌日の観光に疲れが出ないように
そろそろホテルへ戻ります。


さすがに、23時を過ぎると次第に暗くなってきます。
ホテル前からライトアップされている旧市街を撮りました。

IMG_q1765.jpg


こちらはバルト海クルーズの船も寄港する港の方向
IMG_q1767.jpg


翌朝のホテルのテラス席
まだレストランがオープンしていませんので閑散としています。

IMG_q1770.jpg


エントランス前でパシャ
今日もお天気よさそう~
IMG_q1772.jpg



                  ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「朝食と朝の散歩」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/11/27(日) 23:19:33|
  2. ラトビア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (4)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ