FC2ブログ

旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

夕日に照らされたサンクトペテルブルク 素敵!

先日「ランチ」と書いてしまったのは実は「ディナー」でした(訂正済)

写真を見ているだけでは時間を間違ってしまうほど ロシアの夕暮れは遅いです。(言い訳)

おかげで目いっぱい観光できるメリットがあります。

「血の上の教会」に向かう車窓の風景です。

夕日で金色に輝く建物
IMG_q1141.jpg


聖イサアク大聖堂とニコライ1世の騎馬像
IMG_q1143.jpg



今度は空が金色に輝いています。
IMG_q1145.jpg



ニコライ1世はロマノフ朝第11代ロシア皇帝です。
IMG_q1148.jpg



こちらでは教会の塔の上の十字架が光り輝いています。
IMG_q1152.jpg




IMG_q1155.jpg




IMG_q1156.jpg



力持ちの彫刻がバルコニーを支えています。
IMG_q1160.jpg



                        ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「血の上の教会」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/10/04(火) 23:33:17|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうして屋根を歩いているの? -サンクトペテルブルクー

サンクトペテルブルクの夕食後  まだ明るいので、ホテルに行くまでにもう少し見学!!

サンクトペテルブルク市内を車窓から!!

IMG_q1095.jpg

断面が三角の面白い形のアパートメント

下をトラムが走っていました。

IMG_q1096.jpg

ちょっとでいいから乗ってみたい・・・・・



洒落た建物   前の通りに合わせて湾曲しているのか それとも、通りの方が合わせているのか・・・・・

IMG_q1100.jpg



こちらは多分 地下鉄の入口   どうして、地下鉄なのにこんな立派な入口を・・・・・

IMG_q1103.jpg



橋の欄干にオベリスク おまけにスフィンクス  どうして、こんなことに・・・・・

IMG_q1109.jpg



青いドームに金色の星を散りばめた教会   こういうデザインは見たことないかも!!

IMG_q1111.jpg

内側に星というのはありきたりな発想なのかもしれませんね



ネヴァ川沿いの道   散歩にも好適!?

IMG_q1114.jpg



ふと屋根の上を見上げてみると、若い人達が歩いています・・・・・

IMG_q1118.jpg


ビルの屋根散策ツアーみたいですが・・・・・・面白そう!!  あの薄黄色の建物の屋根の上、ぐるっと回るみたいです。

IMG_q1121.jpg



川沿いの建物 色やデザインも様々

IMG_q1122.jpg


一階は商業スペース  二階より上は住居か事務所  こういうのがヨーロッパの一般的スタイルですね。

IMG_q1127.jpg



あのアーチの向こうには何が????? 

IMG_q1129.jpg



こちらはサンクトペテルブルクの聖イサアク大聖堂

IMG_q1134.jpg

ピョートル大帝の守護聖人、ダルマチアの聖イサアクにちなむロシア正教の大聖堂です。

ロシア・ビザンチン建築様式に新古典主義様式のファサードがあります。

IMG_q1135.jpg

残念ながら、車窓からのチラ見観光です。


                   ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「夕焼けの街並み」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/10/03(月) 22:46:34|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンクトペテルブルクで食べたロシア料理はチキンキエフです

サンクトペテルブルク郊外のテーマパークのようなところにやって来ました。

西部劇に出てくる砦のようなものが建っていますが、ここはロシア


IMG_q1084.jpg


昔のロシア村 みたいな感じでしょうか・・・・
IMG_q1086.jpg



平日だからか、人気がないのか 遊びに来ている人はほとんどいません。
IMG_q1087.jpg


この場所についての説明はなかったものの
食事は一角のレストランでいただくことになりました。
IMG_q1088.jpg



ここには食事を楽しむ何組かのお客さんがいました。
IMG_q1089.jpg


ビートと豆のサワーサラダ
ビートの甘さとビネガーの適度な酸味 シャキシャキした食感が私好みで美味しかったです。
IMG_q1091.jpg



メインはチキンキエフ(キエフ風カツレツ)とピラフ
カツレツにソースはかかっていなくてシンプルな味です。

IMG_q1092.jpg



デザートはヨーグルトにキウイ添え

IMG_q1093.jpg


                             ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「屋根を歩く人」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/10/02(日) 22:26:30|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピョートル大帝夏の宮殿 大噴水は必見です! -サンクトペテルブルクー

ピョートル大帝の夏の宮殿   ようやく宮殿前の広い庭に出て来ました。

金色の尖塔があるの建物の向かって右側に宮殿本体が建っています。

IMG_q1043.jpg


広~い庭です!!  手前に水量の豊富な噴水が 水を吹き上げています。

IMG_q1044.jpg


その向こうの階段状の噴水が一番の見どころだそうです。

IMG_q1047.jpg


なかなか立派な・・・・・金色の像も並んでいます。

IMG_q1048.jpg


噴水の上のバルコニーにも沢山の方が見物しています。  あそこからはどんな風景が見えているんでしょう・・・・

IMG_q1052.jpg


噴水横の階段でバルコニーへ向かいます。 横から見える噴水もなかなか!!

IMG_q1057.jpg


振り返って見える景色!!  噴水の水はどこへ流れて行く??

IMG_q1060.jpg


最初に見えた建物 ドームの部分はほんとに金ピカ!!  十字架がいくつもあるので教会のようです。

IMG_q1061.jpg


バルコニーまでやって来ました。 

IMG_q1064.jpg

噴水から出た水は運河(?)を通って海へ流れているんだそうです。  すぐそこは海!!


などと見ていたら、噴水タイムも終了!!
音楽とともに 少しずつ噴水の水量が減っていき・・・・・・
ショーを見ているようです。

IMG_q1071.jpg


【今日もお疲れ様でした!!】という感じです。

時間が合えば、この時間に見学するのが最高かと!

IMG_q1073.jpg


宮殿の向かって見て右側の建物の先端は【双頭の鷲】 王家の紋章で飾られています。

IMG_q1074.jpg


この庭で最初に見た噴水も打ち止め!!

IMG_q1076.jpg


建物を見ながらバルコニーを歩き バスへと向かいます。

IMG_q1078.jpg


出口から見た宮殿です。

IMG_q1079.jpg


バスで移動中 新婚さん用のリムジンと遭遇!!  飾り付けがシンプルですね!

IMG_q1083.jpg



                            ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「ディナー」を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 




テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/30(金) 23:17:35|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピョートル大帝夏の宮殿 噴水くぐりでびしょ濡れ -サンクトペテルブルクー

しばらくお休みさせていただいていましたロシア旅行記を始めさせていただきます。
またお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

サンクトペテルブルク郊外にあるピョートル大帝夏の宮殿

大噴水は次回からじっくりご紹介するつもりですが
広大な公園内には大噴水以外にも大小150もの噴水が配置されているというから驚きです。

冬は凍ってしまうため、夏だけしか噴水が上がりませんので
まさに夏の宮殿です。

IMG_q1027.jpg


早速この地の売店で売られている傘を購入してさしている方もいますね。
IMG_q1030.jpg


次に進むには、この噴水たちと遊ぶことになります。
人を感知して吹き上がるように思えます。

どうしても通りたくない人には別の通路があるのでしょうけれど
ほとんどの人はここを通って行きます。
この噴水に濡れると良いことがあると言われているからです。
IMG_q1031.jpg

我がガイド氏も「通って行きますよ~」って。
駆け足で抜けたつもりでしたが、見事?濡れてしまいました。

IMG_q1033.jpg

でも空気が乾燥していたのですぐに乾きました。


IMG_q1034.jpg


階段状になったタイルを流れ落ちるさまも美しいです。
IMG_q1036.jpg



リスやキツツキにも出会えました。
IMG_q1039.jpg




IMG_q1041.jpg



                               ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「ピョートル大帝夏の宮殿 大噴水」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/28(水) 23:50:40|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ピョートル大帝夏の宮殿に向かっています -サンクトペテルブルクー


短いサンクトペテルブルク市内滞在でしたが、
それでも魅力が充分伝わる地でした。

なので個人的にはお気に入りの町の一つになりました。

バルト3国に行ってみたくて検索していたら
エルミタージュ美術館にも立ち寄れるツアーがあり
「どうせなら」と申し込んだのですが
実際サンクトペテルブルクに来てみてその魅力に魅了されました。

チャンスがあればまた訪問したいです。

名残惜しいですが、バスで郊外の「ピョートル大帝夏の宮殿」に向かいます。

IMG_q0977.jpg



ロシア北西部ラドガ湖からサンクトペテルブルクを経てフィンランド湾にそそぐ
全長74キロのネヴァ川を渡ります。
IMG_q0983.jpg

この街には運河と324もの橋があり、北のベェネツィアとも呼ばれているらしいです。
IMG_q0988.jpg


修復中の教会
IMG_q0993.jpg


足場の巨大さから、大規模修復だとわかります。
修復後、全貌が現れるのはいつになるのでしょうね・・・・
IMG_q0996.jpg


再びネヴァ川を渡ります。
IMG_q0995.jpg


高速道路の工事現場
IMG_q0998.jpg


無造作に道端に置かれた戦車

日本では考えられない風景です。
IMG_q1002.jpg


見張り小屋のある踏切
IMG_q1004.jpg



私たちが乗って来た「サプサン」号が走るモスクワ線でしょうか・・・・
それともほかの国に行く国際路線でしょうか・・・・
IMG_q1005.jpg




                        ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「ピョートル大帝夏の宮殿」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/04(日) 14:12:31|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

見どころ多くてしばらく続きます「エルミタージュ美術館」 外周編 -サンクトペテルブルクー


エルミタージュ美術館見どころつまみ食いスピードツアーも終了、朝入った入口近くから外へ出て来ました。

入口には長蛇の列が出来ていました。 ツアーのような予約をせずに来ると時間的に見学できないこともあるとか・・・

IMG_q0948.jpg



冬の宮殿の庭園を抜けて宮殿広場へ

IMG_q0949.jpg



宮殿を美術館にしているので、それ自体も美術品として鑑賞できますね!  維持するのも大変でしょう!!

IMG_q0950.jpg




広場に出て来ました。 馬車や人力三輪車が客待ちをしています。

IMG_q0952.jpg



カボチャ型の馬車   外国の観光客も写真を撮っていました。 

IMG_q0956.jpg



こちらは冬の宮殿の南東の端です。

IMG_q0957.jpg



エルミタージュの宮殿広場に面した中央ゲート 

IMG_q0958.jpg



向かい側に弓型に建てられているのは旧参謀本部です。

IMG_q0960.jpg

中央部のゲートの上には六頭立ての勝利の戦車と勝利の女神像が置かれています。



宮殿中央の真ん中の扉は閉められています。 王様しか通れなかったのでしょうね。 双頭の鷲の紋章がキラキラ!!

IMG_q0965.jpg



昔の貴族の衣装を着た方が!  重たそうですねぇ・・・・

IMG_q0968.jpg



広場には移動式のトイレが来ていました。 観光客が多いと こういうサービスも必要ですよね!!

IMG_q0969.jpg



エルミタージュからの移動途中で見えた噴水のある公園  夏に噴水は涼しげです!!

IMG_q0972.jpg



ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「ピョートル大帝夏の庭」への車窓を予定しています☆

                                  

ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/03(土) 22:00:09|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見どころ多くてしばらく続きます「エルミタージュ美術館」⑪ -サンクトペテルブルクー

エルミタージュ美術館内最後の記事は
レンブラントの作品が20点以上所蔵されている「レンブラントの間」です。

こちらも大変人気の部屋です。
IMG_q0934.jpg



「老ユダヤ人の肖像」
IMG_q0920.jpg





「ダビデとウリヤ」(ハマンの非難)
IMG_q0925.jpg






「ダナエ」

レンブラントが初めて手がけた等身大ヌード画であり、
彼の最高傑作の一つとも見なされているが、作品のサイズが大きかったためになかなか売却できずに
長くレンブラントの手元にあったと考えられている
1985年6月15日に、リトアニア人の青年から硫酸を浴びせかけられた上に刃物で二回切りつけられた。
これにより画面中央ほぼ全ての顔料が溶け落ち、水滴状になって垂れ下がるという大きな損傷を負ってしまう。
中でも大きな損傷を受けたのはダナエの顔、髪、右腕、両脚だった
修復は1985年から1997年の長期にわたって行われたが、完全に修復することはかなわなかった。
                                        -Wikipediaより一部抜粋ー
IMG_q0931.jpg





物語画の傑作「フローラに扮したサスキア」

出身地ライデンからアムステルダムに活動拠点を移し、名声を確立し始めた頃の作品の一つだそうです。
IMG_q0932.jpg



「学者の肖像」
IMG_q0933.jpg

エルミタージュ美術館を11話の長きに分けてご覧いただきましたが、
それでもほんの一部に過ぎないというのは言うまでもありません。











                      ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回は「エルミタージュ美術館」外周を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/02(金) 23:47:53|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見どころ多くてしばらく続きます「エルミタージュ美術館」⑩-サンクトペテルブルクー


ラファエロの【聖家族】

マリアと幼子イエス 彼を見つめる父ヨセフという構図です。

IMG_q0892.jpg




これは【イルカに乗った死せる少年】の像  Lorenzo Lorenzetti作です。

IMG_q0894.jpg

イルカが救おうとしているのでしょうか・・・・




この壁を飾っている絵も素晴らしい!!  中世やルネサンスの絵の主題はキリスト教によるものが基本ですね!

IMG_q0897.jpg

などと思って歩いていると、もうミケランジェロの間です。


ミケランジェロ作の【うずくまる少年】

IMG_q0898.jpg


背中の筋肉がすごい!!

IMG_q0900.jpg




次は大イタリアの間  天窓があって広い部屋です。

IMG_q0905.jpg



天井の細工も美しい・・・・

IMG_q0908.jpg



ここは道具をもって来て模写してもいいんですね!

IMG_q0910.jpg



次の天窓のあるスペインの間にはエル・グレコの絵がありました。

IMG_q0914.jpg

【使徒ペトロとパウロ】です。




                            -2016年7月に訪問ー

                                  ☆次回もたっぷり「エルミタージュ美術館」を予定しています☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ブログランキング・にほんブログ村へ 



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/09/01(木) 22:17:44|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見どころ多くてしばらく続きます「エルミタージュ美術館」⑨ -サンクトペテルブルクー

ガラスの装飾品が並ぶエリア

IMG_q0874.jpg


細かい刺繍が施されたテーブルセンター

ところどころ色褪せた部分があるので オリジナルかと思われます。
IMG_q0876.jpg



IMG_q0878.jpg


ラファエロの回廊です。
バチカンの回廊をそのまま模したものだそうです。
IMG_q0883.jpg



新エルミタージュエリア内の 「ラファエロの間」です。

人気のエリアの一つなので、人でいっぱい。
写真を撮るのも苦労します。
IMG_q0885.jpg


角度を変えるものの、どの絵も写り込みが激しくてきれいには撮れません。
わざとそのようにしてあるのかとも思います。

IMG_q0886.jpg


ラファエロ作 「コネスタビレの聖母」(The Conestabile Madonna)
男性が写り込んでいます。
皆さん順番待ちしているので、何枚もパシャパシャ出来る雰囲気ではなく
これ1枚しか撮っていないのですが、有名な絵なので載せることにします。

IMG_q0888.jpg




IMG_q0890.jpg


16世紀半ば頃の絵皿は、ルネサンス期のマジョリカ焼きです。

それぞれ、顔の表情が違うのが見て取れます。
IMG_q0891.jpg




                      ー2016年7月に訪問ー

                    ☆次回も「エルミタージュ美術館」を予定しています☆

-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2016/08/31(水) 22:47:47|
  2. ロシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」


家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


最新記事

カテゴリ

北海道 (38)
なばなの里 (36)
三重県 (19)
岐阜県 (59)
愛知県 (165)
滋賀県 (10)
京都府 (16)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (26)
山梨県 (26)
静岡県 (19)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (11)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (70)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (130)
オランダ (72)
ベルギー (160)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (24)
フィンランド (7)
スウェーデン (19)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (58)
フランス (6)
イタリア (76)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
UAE (7)
アブダビ (2)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (18)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
エジプト (18)
ウズベキスタン (9)
天使たち (46)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (12)
外食・内食 (21)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (12)
雑談 (41)
未分類 (0)
お得情報 (7)

過去ブログ記事



☆★過去ブログ編★☆
タイ(10)
韓国
『ソウル』(10)
『釜山・蔚山』(8)

マレーシア
『クアラルンプール』(9)

シンガポール(3)
アラブ首長国連邦
『ドバイ』(10)

トルコ(30)
スイス(6)
ドイツ
『フランクフルト』(5)

オーストラリア
『ケアンズ』(5)

ニュージーランド
『南島』(10)
『オークランド』(4)
ハワイ(4)
アメリカ(7)
台湾(12)


☆★乗った航空会社★☆
キャセイパシフィック
香港ドラゴン航空
中国東方航空
中国南方航空
アシアナ航空
ベトナム航空
タイ航空
Finnair
UA
ANA
デルタ航空
エバー航空
JAL
エールフランス
コンチネンタル航空
マレーシア航空
タイ航空
カンタス航空
ノースウェスト航空
ニュージーランド航空
エミレーツ航空
エティハド航空
ルフトハンザ・ドイツ航空
エアカナダ
スイス航空
カタール航空
アメリカン航空
Yeti航空
flybe航空
LATAM航空
ウズベキスタン航空

月別アーカイブ

リンク


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ