旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

ドラゴン航空利用 クアラルンプール~香港間

昨日は強風が吹き荒れて、今朝起きると一面雪景色だった愛知県です。

お昼過ぎには雪も止み、時折お日様も顔を出していますので、積もった雪は溶け始めて来ました。
夫は安全のために冬用タイヤを装着した車で出社しましたので
ノーマルタイヤの車で出かける自信がないジュマは、今日は家でじっと過ごしています。

皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか?
ご無事をお祈りしています。


今日は帰国のクアラルンプールから経由地香港への機内の様子です。
キャリアはドラゴン航空
キャセイパシフィックが子会社化した航空会社で、初めて利用しますので最初不安でしたが
行きに利用して、サービスも機体も全く問題ないと分かったので、復路も安心して乗れました。

席はほぼ満席
飛行時間は約4時間です。
CIMGd8367.jpg


こちらはチャイルドミール
口コミに書かれていたおもちゃのおまけはありませんでした。
CIMGd8370.jpg



こちらは大人用
内容はこちらの方がよかったので、チャイルドミールをリクエストしない方が良かったと後悔

仕方なく、子供たちにはこちらを食べさせました。

CIMGd8372.jpg



「ゼロ・クラビティ」が観られたのはラッキーでした
CIMGd8371.jpg

香港上空は気流が悪く、(以前書きましたが)何度か乱高下を繰り返したので怖かったですが
シートベルト着用サインが出ていたので怪我をする人も無く無事に到着しました。
CIMGd8373.jpg

          -次回は最終回 香港~セントレア間ですー
             (お盆休み中の旅行ですから、長くかかってしまってごめんなさい)


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/18(木) 15:12:38|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クアラルンプール国際空港内の風景 タコもいるよ!

マレーシア最後の朝は かなり早起きとないりました。

往路は香港を経由してペナンの空港着でしたが、帰路はクアラルンプール国際空港から香港経由です。

ここは1998年に開港した新空港で、アジア最大の広さがあり、成田空港の10倍も広いそうです。

この空港の設計は黒川紀章氏、メインターミナルは大成建設、サテライトは竹中工務店が施工!

日本の技術力を駆使して建築されています。



以前来た時 1998年開業直後のペトロナスツインタワーを見ているので、初めてではないのですが、ほぼ記憶から消えております。

というわけで、初めて来た気分です。

広くてゆったりしています!!

CIMGd8358.jpg



CIMGd8360.jpg



チェックインカウンターから入った後、自動化されたエアロトレインで移動です。

CIMGd8361.jpg



エアロトレインの中 タコがいっぱい・・・・・

CIMGd8362.jpg



CIMGd8363.jpg

広いので、エアロトレインの旅も楽しめます?!

CIMGd8364.jpg



CIMGd8365.jpg



レストランや免税店も充実ですが、ゆっくりしている時間も無く・・・・・

CIMGd8366.jpg

空港のお店巡りは香港までおあずけ・・・・・


               -次回は香港までの機内の様子ですー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お手数ですがお願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/17(水) 20:29:03|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マレーシア最後のディナーは水辺の中華料理店でした

マレーシア旅行最後のディナーはプトラジャヤ近郊の中華レストラン

大きな池に面して建っていて、窓が無く開放的な造りです。

夕方になると涼しい風が抜けて行きます。

水辺なので、蚊大丈夫かしら・・・?と思いましたが全然いませんでした。
ボウフラ対策万全ね
CIMGd8350.jpg



料理はお馴染みのものが並びます。
問題なく美味しいチャーハン
CIMGd8352.jpg


卵焼き(芙蓉蟹ではないです)
CIMGd8353.jpg


鶏の野菜甘酢あんかけ
CIMGd8354.jpg


揚げ豆腐と野菜のあんかけ
CIMGd8355.jpg



レンコンとナッツの炒め物
CIMGd8356.jpg



魚の姿揚げ
CIMGd8357.jpg

メニューの正式名は分かりませんので、私が見た目で書いたにすぎません

どれも美味しかったですよ。

毎日の食事は子供用のメニューはありませんので
大人と同じものが出されます。

7歳と5歳(旅行時)のちびっ子たちが「食べたいものが無い~」と言ったら困るな・・・
まあ、その時にはホテルでルームサ-ビスをお願いしよう
と思っていたのですが
一度も不満を言うことなく、食べられるもの(好きなものだけ)を食べてお腹を満たしてくれたのには感謝です。

普段の生活では、どのレストランに行くかで兄妹喧嘩をするのですが
ツアーではわがままは許されないということが小さいながらも理解できたのかもしれませんね。

これならまた連れて行ってあげてもいいなと思いました。

                  -次回からは帰国の様子ですー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/16(火) 17:11:17|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マラッカのショッピングエリア -マレーシアー

マラッカ史跡観光も終了 こちらでトイレ休憩です。

CIMGd8345.jpg

ここは大きなショッピング・モールの裏手の公園です。 トイレは裏口からモールに入ったところ!!


ヒナちゃん 休憩中のネコちゃんを発見!!

CIMGd8343.jpg



周辺 ちょっと面白い!!

CIMGd8344.jpg




あんなものまで置かれています。

CIMGd8346.jpg




こちらがトイレを使わせていただいたショッピング・モールのメインの入り口のひとつです。

CIMGd8347.jpg



バスに乗り、プトラジャヤのホテルへ戻ります。

途中でイオンさんのクレジット・サービスのお店を発見!

CIMGd8348.jpg

イオンさんの大きな看板も見つけました。 ご発展ですねぇ・・・

CIMGd8349.jpg

                          -次回はマレーシア最後のディナーですー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お手数ですがお願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/15(月) 21:11:24|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セントポールの丘の下にあるサンチャゴ要塞跡 -マレーシアー

セントポール教会があった丘を下った所にマラッカの城塞のうち唯一残る「サンチャゴの門」があります。
修復を重ねながら何とか持ちこたえていると言った様子が歴史の長さを感じます。

CIMGd8333.jpg



かつてあったマラッカの城塞は、
1世紀以上におよぶマラッカとアチェのスルタン軍による攻撃から防護するため
ポルトガル軍の指揮官が建設を始めたもので、
打ち壊した宮殿や、王族の霊廟、モスクなどのパーツを で城壁を築きました。
かつては高さ40mの見張りの塔もあったようです。

1641年にオランダ人がポルトガル 人の支配したマラッカを奪い取ると、オランダ人は城塞を再建・拡張しました。

その後、イギリスからオランダに返還された後のマラッカが オランダ人によってイギリスへの反攻に用いられるとの恐れから、
1795年に城塞を破壊することが決定されました。
1807年英国は弾薬を用いて城塞を吹き飛ばしましたが、
ラッフル卿らは、自国民が城塞を破壊 し尽くすことに介入し中止させようとしました。
しかし、時すでに遅くサンチャゴ門だけが破壊から免ました。
CIMGd8334.jpg




CIMGd8336.jpg



向こうに見えるのは「Metaka Sultanate Palace Museum(マラッカ王宮博物館)」
1396年にマラッカ王国を建国した初代国王パラメスワラが王宮を建造しましたが、
後にマラッカを占領したポルトガル軍によって焼き払われてしまいました。
設計図は残されていなかったのですが、
16世紀に著された文献を基に20世紀になってから復元されました。

建築にあたってはクギや接着剤などは一切利用されておらず、
木組みだけで建てられたという匠の技が施された一級品の建築物だそうです。

入場は叶いませんでしたが、
中にはマネキンを用いて歴史の変遷を記した展示もあるようです。
CIMGd8338.jpg



当時はこのような大砲が使われていたのでしょうね。
CIMGd8342.jpg

                                  -次回は周辺にある商業施設ですー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/14(日) 21:37:58|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マラッカ セントポール教会内の不思議なプレート -マレーシアー

ザビエルさんが布教していた頃は、多くの信者が行き交っていたのでしょうけれど、今は遺跡状態のセントポール教会

数百年の歴史の荒波の為せる技により、このような状態となっています。

CIMGd8324.jpg




ネコは どこででも 居心地の良い場所をみつけるのが上手!!

CIMGd8325.jpg




由緒ある教会でよく見かける床に置かれた墓碑  床から外されて壁に立てかけられています。

CIMGd8326.jpg



CIMGd8327.jpg



たくさんの墓碑 どれも当時のお金持ちの方のものでしょうね!

CIMGd8328.jpg


部屋の真ん中あたり、周囲と色の違う石板がありました。

この植民地(マラッカ)の創立者John Van Riebeck氏の奥さんの望みが書かれた石板が置かれていたところとあります。

1915年にケープタウンに移設・・・・何が刻まれていたのやら???

CIMGd8329.jpg




この子もぐっすり・・・・・

CIMGd8330.jpg


地下室もあったのでしょうか・・・・単なる下水溝かも・・・
CIMGd8331.jpg

                                     -次回は丘の下の風景ですー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お手数ですがお願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/12(金) 20:44:45|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マラッカ オランダ広場からセントポール教会への坂道 -マレーシアー

スタダイス(スタダイスとはオランダ語で「議事堂・市役所」を意味します。
オランダ統治時代の旧総督邸で、現在はマラッカ歴史博物館となっています。)←昨日も書きましたが・・・^^;

1650年代に建築され、19世紀に紅色に塗り変えられたそうです。
CIMGd8305.jpg


だから「紅屋」ね
CIMGd8304.jpg


古い消防車も展示されています。

1939年にマラッカ政府が使用を開始し、
1942年にイギリスがシンガポールに持って行きましたが、
日本軍の手でマラッカに戻されたようです。
1974年まで現役だったそうですから驚きです。
CIMGd8306.jpg




緩い階段を上るとセントポール教会が見えて来ます。(すぐ)
CIMGd8311.jpg



教会と言っても今は壁面しか残っていません。

CIMGd8313.jpg



フランシスコ・ザビエル像

フランシスコ・ザビエルはここで宣教をしていました。
この教会で知り合った日本人の元武士アンジロウ(ヤジローともいわれる)と共に、
1549年マラッカから日本へ向かいました。

日本での宣教を終えたザビエルは、再びこの教会に戻っています。
CIMGd8314.jpg



所々に使われている赤いタイルのようなものは船のバラストです。
マラッカに寄港した船が、バランス調整のために捨てて行ったものが再利用されています。
CIMGd8315.jpg


丘の上からは海峡を行く船が見えます。

手前の背の高い塔のようなものは展望タワー
丸い展望室が上下する仕組みです。

その様子は、一度遠目に見えたのですが
運転頻度が少ないのかそれ以降は上がって来てくれませんでしたので写真に撮れなくて残念。
CIMGd8317.jpg

           -次回はセントポール教会をもう少し詳しくご紹介しますー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/11(木) 21:39:16|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マラッカ オランダ広場 -マレーシアー

フリータイムの集合場所の橋から広い道路を渡った所にマラッカの一番の観光地オランダ広場があります。

あの風車もオランダ統治下の名残でしょうか・・・(不明)
CIMGd8295.jpg



ひときわ目立つ赤レンガの時計台は工事中でした。
CIMGd8294.jpg


噴水の周りには、時計台やキリスト教会、
スタダイス(スタダイスとはオランダ語で「議事堂・市役所」を意味します。
オランダ統治時代の旧総督邸で、現在はマラッカ歴史博物館となっています。)
などが並んでいます。
CIMGd8293.jpg


サーモンピンクの煉瓦の建物に囲まれた風景はオランダ統治下時代にタイムスリップした感じを受けます。
CIMGd8298.jpg


客待ちの派手派手なトライショー
このトライショーはキティちゃんのぬいぐるみがいっぱい

ひなちゃんが乗りたそうにしていました。
CIMGd8299.jpg


スタダイス横の階段と土産物店
覗いてみましたが、これと言って欲しいものが無かったので何も買いませんでした。
CIMGd8300.jpg


マラッカの象徴ともいえるキリスト教会はプロテスタントの教会です。

オランダがポルトガルを駆逐しマラッカを占領した100周年の記念事業として1741年にスタートしました。
完成は1753年。
12年の歳月がかかったことになります。
レンガはオランダ製です。
独特なオランダ建築を250年以上経った今に伝え残しています。
壁面には十字架があり、イスラム教の国マレーシアでは違和感がありますが
ここにマレーシア政府の寛容さが伺えます。

内部には「最後の晩餐」の壁画(レプリカ)があるそうですが入場はしていません。

記念にピース
CIMGd8302.jpg


記念にピース
CIMGd8303.jpg

           -次回はセントポール教会がある丘への風景ですー





-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/10(水) 21:30:04|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マラッカにトトロやオオトカゲ出現! -マレーシアー

途中で見かけた塔 最上階にスピーカーが!! 

あれはミナレット ここはイスラムの寺院ですね、きっと。 

ミナレットのあのスピーカーから定期的にコーランが放送されるんでしょう。

CIMGd8280.jpg

ちょっと雨がぱらついてきたので、傘の花が咲いております・・・・





シャッターにトトロ発見!! 人気ありますよねぇ・・・・

CIMGd8282.jpg




先ほどのミナレットが遠ざかって行きます。

CIMGd8283.jpg




ジョンカー・ウォークに面した公園  象も置かれていますが、あの筋肉隆々の像はいったい・・・・

CIMGd8284.jpg




十字路に到着  鄭和が大航海で使った帆船!?  ここから少しの間 フリータイム

CIMGd8285.jpg

集合地点は突き当たりです!


ここで男組と女組に分かれました。

女組はショッピングでしたが、ヒナちゃんの『トイレ行きたい!』モード発生で、無理だったみたいです。

男組は、集合地点付近のお店で冷たいドリンクを飲みながら休憩!!



集合地点のすぐそばにハード・ロック・カフェ ちょっと違和感ありでした・・・

CIMGd8287.jpg




集合地点は橋のたもと

CIMGd8290.jpg




堤防を眺めていたら、何やら動くものがっ!!

CIMGd8288.jpg

なんと、大きなトカゲ

CIMGd8292.jpg

【ミズオオトカゲ】というものだそうです。

2mほどに成長するそうで、水辺近くに棲み、泳ぎも得意だそうです。

こんな街中で見られるとは・・・驚きでした。

                 -次回は赤いキリスト教会ですー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お手数ですがお願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/09(火) 09:25:46|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マラッカ 青雲亭 後編 -マレーシアー

ユネスコ世界文化遺産登録されているマラッカの町にある青雲亭
明の永楽帝の命を受け大遠征を指揮した海軍大将「鄭和」の功績をたたえ1646年に建立されました。

儒教、タオイズム、観音菩薩、現世利益を願う中国仏教が混合している珍しいお寺です。

建築資材は中国本土から運ばれたそうです。

こちらには正義と平和を守る仏様が祀られています。

CIMGd8264.jpg


立派な祭壇がいくつもあります。

CIMGd8265.jpg


御本尊の観音菩薩が祀られた祭壇。

長い年月 人々の信仰のよりどころなのでしょうね・・・・
CIMGd8266.jpg



海運をつかさどる祭壇にはお供え物がダンボールで積み上げられています。

CIMGd8267.jpg



裏側に行ける通路があり、そこを抜けると
これまでご紹介した祭壇の裏側に当たる所にも祭壇があります。

CIMGd8268.jpg


このお寺には一体どれだけの仏様がおられるのでしょう・・・・

CIMGd8269.jpg

CIMGd8270.jpg



石の彫刻の上にはたくさんの仏様が乗っています。
ここで手を合わせるだけでも充分ご利益がありそうですね。

CIMGd8271.jpg




CIMGd8272.jpg




CIMGd8273.jpg

                  -次回は町歩きですー


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

お手数ですがランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お願いします

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2014/12/08(月) 12:56:33|
  2. マレーシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (34)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (34)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ