旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

ベトナム最後の晩餐とハノイ空港 -ベトナムー

最後のベトナム旅行記となりました。

帰国の飛行機の離陸時間は夜中00:20なので夜もたっぷり時間があります。

ベトナム最後のディナーは RED HOUSE NHA DOと言うお店です。


CIMGc1910.jpg

CIMGc1915.jpg



まずは お腹も壊さず、暑さにもバテず で無事に旅が出来たことに乾杯
ビールはハノイビールです。

CIMGc1912.jpg


メニューには英語表記もあるのがありがたいです。

CIMGc1913.jpg


その内容は

外国に行くと「水が合わない」ことがあります。
なのでうっかり生ものを口にしてしまうとお腹を壊すことも・・・
(過去には釜山と香港でひどい腹痛になったことがありました)
そういう意味でも、
すべての行程で火を通したものを用意してもらったツアー会社(トラピクスさん)に感謝です。

CIMGc1916.jpg




CIMGc1917.jpg




CIMGc1918.jpg




CIMGc1919.jpg




CIMGc1920.jpg




CIMGc1922.jpg



店員さんがジュマパパにお店のアンケートを持って来ました。
英語表記なので、何故ジュマパパが話せることが分かったのか不思議でしたが
ジュマパパに聞いてみた所
食事の途中で立って何かをお願いしに行った時に英語で聞いたかららしい・・・
「なんで、旅行に来てまで仕事の延長みたいなことをしなくてはいけないんだ?」とブツブツ言っていましたが

今後の運営に役立てようとするお店の姿勢には好感が持てました

CIMGc1923.jpg



食事の後は空港で時間を潰します。

国際空港とはいえ空調は充分ではなくかなり暑い

お店は開いていましたが、欲しいものはありませんでしたので、
空調の利いたレストランで時間を潰しました。

CIMGc1928.jpg



ベトナム航空 ハノイ~セントレア便の機内食
味は可も無く不可もなく…といったところです。

CIMGc1929.jpg




帰りの飛行時間は約4時間30分 案外近いですね。
もうすぐ着陸です。
CIMGc1932.jpg

長いベトナム記事でしたが、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回からはちびっ子と一緒に行った星野リゾートの旅をお届けします。
またお暇な時にでも読んでくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


ランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ポチgoお願いします

スポンサーサイト
  1. 2014/02/18(火) 18:05:02|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベトナムのホワイトハウスとバイク軍団 -ベトナムー

ホーチミン廟周辺はいわゆる官庁街になっています。


CIMGc1875.jpg 


黄土色の壁に赤っぽい屋根の建物はフランス植民地時代のもの

お役所として使われています。


CIMGc1878.jpg 



その傍らで工事が進行中

新しい国会議事堂を建設中でした!!

完成図を見て、ベトナムでは「ホワイトハウス」と呼んでいる人もいるそうですよ。

CIMGc1876.jpg 


これが完成予想図です。

CIMGc1879.jpg 

完成はいつなんでしょうね??



次はベトナム最後の夕食になります。



バスまで歩く途中で、リュウガンがたわわに生っていました。

CIMGc1884.jpg

南国ですねぇ・・・・・





夕方 仕事を終えて家へと向かうバイクの群れ

CIMGc1900.jpg

自動車を運転する方が小さくなっているようですね!!

CIMGc1901.jpg 



ハノイ市内でも建設ラッシュのようでした。

CIMGc1906.jpg 

ベトナム もっと発展しますよ!! 

                  ー次回はベトナム旅行記の最終回ですー




本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

  1. 2014/02/17(月) 21:30:36|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーチミン廟 衛兵の交替式 -ベトナムー

説明するまでも無いと思いますが、ホーチミンは「ベトナム建国の父」です。

フランス統治時代からベトナム戦争までベトナム革命を指導した初代ベトナム民主共和国主席です。

写真のバーデン広場(クアン・チューン・バーデン)は
1945年9月2日にホーチミンがベトナム民主共和国の独立宣言を読み上げた場所です。

午前中は廟に入場してガラスケースに納められているホーチミンの遺体と一目対面しようとする人たちが順番待ちをしていて、このあたりは人でいっぱいだとか・・・・


この時間は、写真左のポールがある所から廟側の歩道のような所へは1歩でも踏み入ると注意されます。


CIMGc1850.jpg


訪問時は夕方なので閑散としていましたが、この後夕涼みする人たちが集まって来るようです。

CIMGc1851.jpg



閉ざされた門の前で兵隊さんが番をしています。

大理石造りの廟は蓮の花をかたどったデザインらしいですが、ここからはよくわかりません。

CIMGc1852.jpg



この廟を守る衛兵さんは兵士の中でも超エリートだそうです。


CIMGc1856.jpg




国旗掲揚塔の国旗は毎朝6:30に掲揚され、21:00に衛兵によって降納されます。

CIMGc1857.jpg



せっかく来たのだから、ホーチミン氏の遺体を見てみたかった気もしますが、
このツアーの旅程は夕刻の衛兵の交替式を見学するものでした。

CIMGc1859.jpg



やって来ました、交替の衛兵さんたち。

その様子をご覧くださいね。

CIMGc1860.jpg






CIMGc1861.jpg





CIMGc1862.jpg






CIMGc1864.jpg






CIMGc1865.jpg





CIMGc1868.jpg





CIMGc1870.jpg

ロンドンのバッキンガム宮殿、バチカン、台北の忠烈祠といろんな国で衛兵の交替式を見て来ましたが
いずこも一見の価値ありでした。



             -次回はベトナムの”ホワイトハウス”などのご紹介ですー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


ランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ポチgoお願いします

  1. 2014/02/16(日) 23:32:35|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホーチミン廟周辺 -ベトナムー

商店街の魚屋さんで生きている雷魚が売られていましたが、久しぶりに見たのと、『やっぱり食べるんだぁ!』というのと・・・・・

市場って面白いですねぇ、どこでも!



ベトナム建国の父ホーチミンさんのご遺体が保存されているホーチミン廟へと向かいます。


あの塔は何なんでしょう? 遠くを見張る監視所にも使えそうです。

オシャレっぽいカフェもあります。


CIMGc1836.jpg 




こちらはお役所でしょうか、警備の方 ちょっと暇そう・・・・

CIMGc1839.jpg 




ホーチミン廟の前は広い公園になっています。

CIMGc1841.jpg 




植木もきれいにカットされています。

CIMGc1843.jpg 




ここからは入らないでください!というようなことを 若い警備兵さんは言っているのか・・・

CIMGc1844.jpg 




衛兵交替までには まだ時間があるので、近くの一柱寺を参拝!

CIMGc1845.jpg

李朝の太宗リー・タイ・トンが1049年に建てた延祐寺の中にある楼閣

一本の柱の上に仏堂が載っていることから、一柱寺と呼ばれているとか

その太宗が蓮華の上で子供を抱いた観音菩薩の夢を見たあと子供を授かったので

夢に出て来た観音様への感謝の念を込めて、蓮の花のイメージで建てたお堂だそうです。

CIMGc1846.jpg 

こじんまりしているので、お参りは1-2人ずつです。

CIMGc1847.jpg 




こちらが御本尊です。

CIMGc1848.jpg 


お参りも済んだので、そろそろホーチミン廟の衛兵交替を見に行きましょう


廟の傍では、衛兵交替の練習中でした。

CIMGc1849.jpg



                  ー次回は衛兵の交替式の様子ですー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

  1. 2014/02/14(金) 23:33:15|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

危険な商店街らしいです(>_<) -ベトナムー

ホアンキエム湖のすぐそばには市民が利用する商店街があります。

ガイドさんのお話では、慣れない観光客にはちょっと危険な場所らしい。

それで、「貴重品はすべてバスの中に置いて手ぶらで歩いてください。」と言うお達し。

そんなに治安が悪いのか?

パスポートもお財布もバックもバスに残して出かけました。

バス乗っ取られないでね~


CIMGc1812.jpg



最初身構えましたが、う~んそんなに危ない雰囲気は無いけれどね・・・・

CIMGc1813.jpg



靴屋さん
CIMGc1814.jpg


アートギャラリー

CIMGc1816.jpg



花はバイクの上で売るんですね。
CIMGc1817.jpg



ザルに並べられた果物
CIMGc1818.jpg



野菜の売り方も日本とは随分違います。
CIMGc1820.jpg



ハムの量り売り

大都市ハノイといえども、市民の生活はこういう商店での購入が主流なんでしょうか・・・
CIMGc1821.jpg





CIMGc1822.jpg



アヒルの丸焼き

田んぼにアヒルがたくさんいましたが、
雑草を食べてもらって、やがてはここに・・・・? なんてよからぬことを考えたりしてしまいます。
CIMGc1826.jpg



気温は高いのに意外とハエはいないんですよ。
でも常温ですから傷まないのかしら・・・・
CIMGc1827.jpg


炭火焼にもしてくれるようです。

CIMGc1830.jpg



魚の売り方はこんな風
雷魚だそうです。
どんな味なんでしょうね・・・

CIMGc1831.jpg



燃料は練炭

CIMGc1833.jpg

発展著しいベトナムですが、ここには昔の日本の風景がありました。

そうそう、心配していた”危険なこと”は何もなかったですよ。
商売にならない観光客と知ってか、お店の人の笑顔も無かったけれど・・・


            -次回はホーチミン廟と一柱寺ですー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


ランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ポチgoお願いします

  1. 2014/02/13(木) 21:18:07|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホアンキエム湖周辺散歩 -ベトナムー

ベトナムハノイ市内観光の一つ目は ホアンキエム湖

この湖にはベトナムでは有名な伝説があります。

1428年にベトナムのレ朝の始祖であるレ・ロイが、この湖に住む亀から剣を授かり、それを持ったかれは中国の明の軍隊を追い出し、ベトナムを明の支配から解放!

その後、また亀が現れ、その剣を返すようにという啓示があり、湖の小島で券を返したのだとか

そんな訳で、ホアンキエム(還剣)と呼ばれているそうです。



では、湖へ出発!!

CIMGc1791.jpg 




ホアンキエム湖はハノイ市街の中心にあり、緑豊かなので、市民の憩いの場になっています。

CIMGc1792.jpg 




あの橋に向かいます。

CIMGc1794.jpg 




橋から見えた小さな塔 亀の塔ですが、あそこがレ・ロイが剣を亀に返したところだと伝えられています。

CIMGc1797.jpg 




ハノイの街中にある湖なので、まわりはビルだらけ!

CIMGc1799.jpg 



あまり時間が無いので、移動!!



この門がホアンキエム湖への入り口です。

CIMGc1806.jpg 
今では漢字を使わないベトナムですが、史跡などでは残っていますね!




入口の周りには、こんなものがありました。

CIMGc1808.jpg 





真ん中の塔の下にこんなものが!  これと同じようなものを沖縄で見ました。 魔除けです。

CIMGc1809.jpg 



湖の前の広い道を渡って、近くの商店街へ移動です。

例によって、たくさんのバイクが走っていました。

ガイドさんの指示で、横一列になって ゆっくりと歩いて渡ります。 バイクは自然によけて行ってくれます。

私たちはすでに経験済みの渡り方です。



道を渡ったところに兵士の像がありました。

CIMGc1810.jpg 



ベトナム戦争ではなくて、ベトナムの独立戦争の頃、ベトミンの部隊がフランス軍に包囲された時、仲間を逃げさせるために

何人もの兵士が この辺りを死守したということを記念して建てられたものだとか


CIMGc1811.jpg 

平和に過ごせますように!! (祈



                        -次回は観光客にはちょっと危険な商店街ですー


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

  1. 2014/02/12(水) 22:05:32|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バッチャン村からハノイ市内に移動します ーベトナムー

前回バスの中で配られたのは果物でしたが、
次は飴をいただきました。

Oishi 私は「美味し」と言う意味に取りました。
日本の会社の飴ではないようでしたのでOishiの意味は分かりませんが
なんとなく親しみを持った記憶があります。
味は甘いフルーツ味(特定のフルーツではなくそんな感じがしただけです。)

CIMGc1758.jpg




ハノイに中心地に向かってバスは走ります。
CIMGc1759.jpg




お寺の横を通過します
CIMGc1762.jpg




CIMGc1764.jpg





川を渡ります。幅が広いのでホン河かもしれません。
CIMGc1768.jpg



ハノイに入ると目に付いたのが陶器のモザイク壁画
2101年、世界最大としてギネスブックに認定されました。

CIMGc1769.jpg



2010年タンロン・ハノイ建都1000年を記念して国内外のアーティストによって創作されたものです。
7000k㎡ー2011年時点ーだと言うことですからいかに巨大な陶器モザイクかわかります。

今も創作は続いているらしいですよ。
CIMGc1770.jpg


壁画の横を走るバイク

ヘルメットにサングラス、マスク姿はいつしか見慣れた風景となりました。

気温が30度を越しているのにこの格好はさぞ暑いのでは・・・・と思いますが
排ガスや紫外線から身を守るための手段なのでしょうね。頑張って~

CIMGc1773.jpg



ここは何だろう・・・・不明
CIMGc1776.jpg



広い公園にやって来ました。
CIMGc1784.jpg




CIMGc1785.jpg



この方は上半身『完全武装』
トップスとスカートが花柄
その後ろの男性はボーダーシャツに花柄パンツ

日本ではNGなコーディネートですが
この国では違和感が無い気がします。

というか可愛いかも

CIMGc1790.jpg

                          ーつづくー


-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


ランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ポチgoお願いします

  1. 2014/02/10(月) 20:58:33|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『バッチャン焼』のバッチャン村はこんなところです -ベトナムー

ハロン湾クルーズの後は、バッチャン村というところへ向かいます。

途中、ベトナム鉄道の車両に遭遇!  客車の扉が無い・・・・・・・

CIMGc1731.jpg 


途中、車内でガイドさんからの差し入れあり

まず、マンゴスチン  甘くて美味しい・・・・

CIMGc1732.jpg 


もうひとつは、リュウガン  これも美味しかった~

CIMGc1733.jpg 


皮を剥くと、真ん中に大きな種! 食感は柔らかいです。

CIMGc1734.jpg 





やっとバッチャン村に到着 ハノイの南東10kmほどのところにあります。

この村は、ベトナム土産のひとつ【バッチャン焼】という陶器の村です。

【バッチャン焼】はバッチャン村で焼かれた陶器の呼び名です。



まず、こちらのお店の見学から!!

CIMGc1739.jpg 



ちょっとお手洗いを拝借!  トイレ、驚きの広さでした・・・・・

CIMGc1742.jpg 



お姉さんたちが作業をしています。 こちらは焼く前のレンゲに釉薬をつけているところ

CIMGc1743.jpg



CIMGc1744.jpg 




この部屋では、型から抜いた生地を乾燥したものに絵付けをしています。

CIMGc1746.jpg 



鍋敷きにするものみたいですが、絵付けしています。

CIMGc1748.jpg 



こんなものも陶板で作っているようです。

CIMGc1749.jpg 



このお姉さんは釉薬専門の担当みたいです。 絵付けの済んだ鍋敷き(?)に釉薬をつけてます。

CIMGc1750.jpg 


焼く前は、こんな状態!

CIMGc1752.jpg 

窯で焼くと、熔けて透明なガラス状になり、下地の絵が見えるようになります。




昔は、こんな登り窯を使っていたようです。

CIMGc1755.jpg 

他のお店も入ってみましたが、欲しいなと思うものが見当たらなかったので、見学のみでした。




バッチャン村のメインストリート 焼き物のお店が軒を連ねていました。

CIMGc1756.jpg 


次はハノイの街へと向かいます。


本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

  1. 2014/02/08(土) 17:33:58|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハロン湾クルーズの船上ランチは豪華だ~(^^♪ ーベトナムー

船内のテーブルのセッティングが出来上がり、素敵なレストランに早替わり~

船の後部に簡単な厨房を備えていますので、スタッフがそこで調理して運んで来ます。
と言っても、陸で下ごしらえをしたものを最後に仕上げるのだと思いますが・・・


CIMGc1706.jpg




蒸しエビは、塩と柑橘でいただきます。


CIMGc1712.jpg
CIMGc1713.jpg


魚のすり身は醤油で
CIMGc1714.jpg

CIMGc1719.jpg



ベトナム旅行記をずっとご覧いただいている方は「いつもと変わらないメニューじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、

エアコンが無い、街のレストランで食べるのと違い
心地よい風が吹き抜ける船内で、素敵な風景を見ながら、新鮮な食材をいただくということで
格別美味しく感じました


CIMGc1705.jpg




タコの春巻き
初めて食べましたが、やみつきになる味でした。
1人2本でも足りないくらい
CIMGc1715.jpg



CIMGc1730.jpg



カニの甲羅の詰め物

カニ身が入っていたかどうかは微妙ですが、美味しいです。
CIMGc1716.jpg




CIMGc1725.jpg


イカのうま煮

CIMGc1720.jpg



ご飯が2種類
CIMGc1721.jpg

CIMGc1722.jpg


魚のダシが利いたスープ

CIMGc1724.jpg


魚の丸揚げ

スタッフは「鯛」だと言っていましたが
日本で売っている鯛とは明らかに味が違いました。

ちょっと泥臭くて小骨がいっぱい

CIMGc1727.jpg



器用に切って取り分けてくれましたが、
これだけは皆さんあまり手を付けていませんでした。

CIMGc1728.jpg



茹でた野菜のサラダ
CIMGc1729.jpg


滞在中で一番楽しいランチタイムになりました


クルーズはこれでおしまい。
ー次回は陶器「バッチャン焼」のバッチャン村に向かいますー



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー


ランキングにクリックしていただけると嬉しいです
ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ポチgoお願いします

  1. 2014/02/07(金) 18:10:21|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハロン湾の闘鶏岩は仲良くも見え・・・ーベトナムー

ハロン湾 クルーズ船はゆっくりと進みます。 ダウゴー島へと向かって来る船 絵になりますねぇ・・・・
 

CIMGc1680.jpg 



奇岩というか、奇島?

CIMGc1681.jpg 



遠くにも小さな島がたくさん!!

CIMGc1689.jpg 



あれは小さな島が寄り集まって一つに見えるのか、それとも一つの島なのか・・・・・

CIMGc1693.jpg 



すれ違ったクルーズ船 小さな船を引いています。

CIMGc1697.jpg 

無人島上陸ツアー用かも知れません。 船の造りも立派!!




ハロン湾の見どころのひとつ【闘鶏岩】にやって来ました。 闘鶏というよりは仲良し鳥のように見えますねぇ・・

CIMGc1702.jpg 
あの岩ですが、裏に周るとただの二つの岩にしか見えません・・・・・・



不思議な形の岩(小島?)の間を行き来するクルーズ船  天気も良くて楽しいですねぇ・・・

CIMGc1705.jpg 


CIMGc1708.jpg 

ハロン湾って、奇岩の小島に囲まれているところみたいですね。

CIMGc1710.jpg

そろそろお昼ご飯ですよ~っ!!



本日の記事はジュマパパが担当しましたー

ランキングにクリックしていただけると嬉しいです

ポチgoブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ポチgoお願いします

  1. 2014/02/06(木) 21:54:24|
  2. ベトナム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (156)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (15)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ