旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

地球の丸さが実感できる「地球岬」

室蘭の白鳥大橋を通過している時にはあれほど強かった風雨ですが
地球岬に到着した時には晴れ間が覗くお天気に変わっていました。


雨がひどいので、ひなちゃんと一緒にバスの中で待っていようと思っていただけに
この急速な回復には感謝です。

地球儀に守らられた電話ボックス「面白い」
IMG_p6724.jpg



室蘭とはこんな所らしいです。
IMG_p6725.jpg


アイヌ語では「ピリカノカ」というのですね。
IMG_p6726.jpg



IMG_p6727.jpg


展望台への階段を上がります
IMG_p6728.jpg


展望台からは絶景が望めます。

雨が大気中のチリを流してくれたので余計に素晴らしく美しかったです。
IMG_p6730.jpg

IMG_p6731.jpg



幸福の鐘 ひなちゃんも鳴らしたいといいます。
IMG_p6733.jpg



ツアーのメンバーさんが抱っこしてくださったおかげで、私は写真を撮ることができました。
皆さん、ひなちゃんを孫を見るような目で見てくださって感謝です。
IMG_p6732.jpg



室蘭と言えば工業都市という印象が強いですが
私はこの日から地球岬という名勝地があることも忘れることは無いと思います。

この地域は、渡り鳥のルート上にあり、
渡り鳥を狙ったハヤブサの営巣地としても知られる自然豊かな地だそうです。
IMG_p6734.jpg


内浦湾を挟んで対岸は駒ヶ岳、大沼や函館のある半島になります。
IMG_p6736.jpg

IMG_p6737.jpg



IMG_p6743.jpg


IMG_p6744.jpg


IMG_p6747.jpg



こちらは帰りの機内で食べたお弁当です。

中央アルプスを見ながら、遠くに富士山も見えて素敵な旅のしめくくりになりました。
IMG_p6754.jpg



IMG_p6755.jpg

これでひなちゃんと行った北海道の旅はおしまいです。
いつもながらお付き合いくださいましてありがとうございました。



                                     -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回からジュマはクロアチアの続きを書きます☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/15(日) 00:02:12|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地球岬へ向かう途中の室蘭市内は大雨やし・・・

昭和新山熊牧場から地球岬に向かう途中、バスは室蘭湾に架かる白鳥大橋を渡ります。

全長1380mの吊り橋で、晴れた日には美しい風景が望めるはずですが
丁度前線の通過に当たったのか、少し前から強風と横なぐりの雨がバスの窓に打ち付けて
バスが揺れて横倒しになるのでは・・・・という恐怖とともに橋を渡っています。
IMG_p6713.jpg



ともあれ無事に渡り切ったようです。
IMG_p6714.jpg


IMG_p6715.jpg


美しい全景を室蘭市のHPよりお借りしました
phakutyouoohasi.jpg



明治45年に建造され、北海道内の駅舎の中では最古の木造建築物である旧室蘭駅舎

平成11年7月に「国の登録有形文化財」に登録され、
平成22年10月にJR北海道の「準鉄道記念物」に指定されています。
IMG_p6717.jpg


真っ赤に色づいたナナカマド
IMG_p6719.jpg



今のJR「室蘭」駅
IMG_p6722.jpg


「母恋(ぼこい)」駅は北海道旅客鉄道室蘭本線の駅で
その名前から入場券が 母の日のプレゼントに人気となっているらしいです。
IMG_p6723.jpg

あ~雨止まないかな・・・・・


                                         -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回は最終回360度のパノラマ「地球岬」です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/12(木) 20:43:16|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和新山熊牧場でひなちゃんエサやりに没頭

昭和新山の麓に熊牧場があります。
オプションは熊牧場見学かロープウェイで風景を楽しむかの2択

私は風景を取りたかったですが、ひなちゃんのために熊牧場にしました。
中高年さん中心のツアーでしたから、子供はひなちゃん一人。
必然的に熊牧場は私とひなちゃんだけになりました。

熊牧場の見学者の大部分はアジアからのお客さんでした。

この建物の中ではお土産物がたくさん売られています。

IMG_p6687.jpg


熊さんがいっぱいいます~
IMG_p6692.jpg



エサ欲しさに、座って『ちょうだい』ポーズを取っています。
何だか切ない・・・・・

ひなちゃんもエサやりをしますが、うまく届きません。
IMG_p6695.jpg


こんなに間近で見られる檻もあります。

日々エサを探さなくてはならない過酷な自然の中での生活と、
食は足りていても狭い場所に閉じ込められているのと
熊にとってはどちらが幸せなんでしょうね・・・・
IMG_p6700.jpg


矢印のパイプにエサを入れると転がって行き、向こう側にいる熊が食べる仕組みになっています。
IMG_p6701.jpg


アライグマの檻も同じ仕組みでエサやりが出来ます。
IMG_p6703.jpg



ロープウェイにちょっと未練があるジュマでした。
IMG_p6706.jpg




                                    -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回は室蘭へ移動です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/09(月) 22:40:30|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今も噴煙を上げる昭和新山

ザ・ウインザーホテル洞爺を出発
二日連続で虹に出会えて幸せ~
「今日もよろしくね」
IMG_p6666.jpg



バスは”山”を下り、洞爺湖畔を通過しています。
IMG_p6668.jpg




とある瞬間、すぐ横に有珠山の噴火口が見える場所があります。
これほど民家のすぐそばで噴火してさぞ恐ろしかったことでしょうね。

何度も噴火を繰り返している山ですが
北海道大名誉教授・岡田弘氏は2000年の有珠山噴火を予知し、
住民避難につなげて犠牲者はゼロ。
災害を最小限に食い止めました。
IMG_p6671.jpg



洞爺湖に浮かぶ中島が見えています。
無人島ですが、島にはエゾシカが生息し遊覧船も運航しています。
IMG_p6676.jpg


こちらは今も噴煙が上がる昭和新山
有珠山の側火山で標高は398m 
温度低下や浸食などによって少しずつ縮んでいるらしいです。

有珠山の麓にあった麦畑に突然火山が形成されました。
山肌が赤色に見えるのは、かつての土壌が溶岩の熱で焼かれて煉瓦のように固まったからです。

昭和新山の一部は過去に買い取られたことがあり、
今もその方の子孫の私有地になっているそうです。
IMG_p6685.jpg






                                      -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回は「クマ牧場でエサやり」です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/08(日) 00:04:52|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ザ・ウインザーホテル洞爺リゾート&スパ 移流霧の風景と朝食

ザ・ウインザーホテル洞爺リゾート&スパ の朝です。

お部屋からの風景
チェックイン時は日没後だったのでよく見えなかった洞爺湖が眼下に広がります。

IMG_p6624.jpg


前日はあちら方面からやって来ました。
IMG_p6626.jpg




雲間から朝陽が昇って来ました。
IMG_p6628.jpg



IMG_p6634.jpg


混雑しないうちに朝食をいただきに行きましょう・・・・
IMG_p6636.jpg


和食・洋食・ビュッフェの3つから選べますが
ひなちゃんがいるので無難に地階のビュッフェにしました。

6時半オープンでほぼ一番乗り
IMG_p6638.jpg



IMG_p6640.jpg


ひなちゃん、これくらいしか要らないといいます
IMG_p6641.jpg



私は一通り盛って来ました。
味はいたって普通です。
IMG_p6643.jpg





朝食を食べ終わり、1階のメインロビーに・・・・
IMG_p6647.jpg



洞爺湖に霧が降りて来ました。
IMG_p6646.jpg



見る見る間に視界はほぼゼロ

IMG_p6649.jpg



霧は湖面をどんどん移動しています。
IMG_p6651.jpg



移流霧はあっという間に去って行きました。
IMG_p6652.jpg



自然のなせる業って本当に面白いです。
IMG_p6653.jpg




IMG_p6658.jpg



ロビーではハープの演奏が始まりました。
ひなちゃん、こんな間近で見るハープに興味津々
じっと聴き入っていました。

IMG_p6660.jpg



前夜の祥庵「こげ津」さんの夕ご飯はこちらに載せました。




                                           -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回は今も噴煙が上がる昭和新山です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/05(木) 22:55:35|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・ウインザーホテル洞爺リゾート&スパに宿泊

雲の真ん中がぽっかり空いてそこからお日様の光が照らしている風景

珍しいので写真に撮ってみました。

IMG_p6577.jpg



遠くの山の上にポツンと出っ張りが見えますが、
あそこが一度宿泊してみたかった「ザ・ウインザーホテル洞爺リゾート&スパ」です。

添乗員さんが「値段が高すぎて一度も宿泊させてもらったことがないのでレストランやお部屋の事はわかりません。」と
バスガイドさんは「私達は下界の宿に泊ります」ということからしても
このホテルが特別なグレートだということがわかります。

ただ、今思うに
夫の出張の日にちに合わせたこともあり、秋のベストシーズンに訪問したので
ツアー代金は軽くアジアを旅行できるくらいかかっちゃったのが勿体なかったかな。
このホテル目的なら冬場の方がもっとお得に宿泊できます。

IMG_p6580.jpg

IMG_p6587.jpg


IMG_p6588.jpg


IMG_p6594.jpg


高くて開放感に溢れる窓が特徴的な洞爺湖を望むロビー
IMG_p6591.jpg


IMG_p6595.jpg



反対側からは朝食会場となったレストランが見下ろせます。
IMG_p6589.jpg


とはいえ、ひなちゃん疲れましたかね・・・・
エレベータの中で座っちゃいました。
IMG_p6596.jpg


さあお部屋を探しましょう
IMG_p6633.jpg



部屋は広々約40㎡のスーペリアツイン
窓からは洞爺湖が一望できます。
IMG_p6598.jpg


白を基調とし、落ち着いた上品さがあります。
IMG_p6601.jpg


バスルームもゆったりした広さ
IMG_p6599.jpg


温泉に行きましたのでバスタブは使用していません。

浴場は2階にありますが、浴衣やバスローブでの行き来もOKだそうです。
ただ、バスローブ姿の方とエレベータで一緒というのはなんか変な感じでした。

あと、浴場の洗い場はお風呂の周りに設置されているので湯船に浸かっている人からは
洗っている姿が丸見えなのがとてもいやでした。
IMG_p6600.jpg




アメニティはブルガリ
好みが分かれるヨーロッパ独特のあの香りがします。
IMG_p6604.jpg


他のアメニティは白いボックスに納められています。
IMG_p6606.jpg



IMG_p6607.jpg


クローゼットの中に抱き枕のようなものがあったのでお借りしました。

IMG_p6619.jpg


壁付けのドライヤーの他に持ち運べるドライヤーの用意もありました。
IMG_p6621.jpg

体重計もあります。
IMG_p6622.jpg


枕もあと6種類選べるんですね。
すごーい!
備え付けの枕に不満が無かったので別の物をお願いはしませんでしたが
ウォータードーナツ枕使ってみたかったかも・・・・
IMG_p6623.jpg



                             -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回は鮨処祥庵「こげ津」のお食事です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/10/30(金) 21:45:18|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名水を汲みに来る人も多い「京極ふきだし公園」

雨が降ったり、お日様が顔を出したりと忙しいお天気です。
そのおかげで美しい虹を見ることが出来ました。
「虹を見るのは久しぶりだわ・・・」

IMG_p6555.jpg



毛無峠からメープル街道393を通りながら「京極ふきだし公園」へ向かっています。
IMG_p6556.jpg


バスがスピードを出しているのでどの写真もぶれています。
IMG_p6557.jpg


頂上に雲がかかっていますが、独立峰の羊蹄山は蝦夷富士と呼ばれるにふさわしい美しい形をしています。
IMG_p6558.jpg


そうこうしているうちに「京極ふきだし公園」に着きました。
公園にいくにはこの吊り橋を渡ります。(渡らなくても行ける道もあります)

ひなちゃん、面白がってピョンピョン跳ねて揺らします。

IMG_p6561.jpg


橋の中央から下を見ると、透明度の高い池が見えます。
IMG_p6563.jpg



IMG_p6564.jpg


橋を渡った対岸の風景
先程とは違う池があります。
IMG_p6565.jpg



IMG_p6567.jpg


池に沿って奥に進むと湧水に到着

ポリタンクで汲みに来てらっしゃる方もいましたが、
取り込み口が多いので行列は出来ていませんでした。


私も持っていたペットボトルに入れました。
飲んでみましたが、すごく美味しくてコーヒーを入れたくなりました。
(今回は出来るだけ荷物を軽くするためにインスタントコーヒーを持って来ていないのが残念でした)
IMG_p6570.jpg




IMG_p6571.jpg
私は生でいただきましたがお腹を壊すことは無かったです。



少しあとから中国からの団体さんがやって来ました。

IMG_p6572.jpg


入れ替わりに私とひなちゃんはまた吊り橋を揺らしながら駐車場に戻りました。
IMG_p6574.jpg




IMG_p6575.jpg




                                    -2015年10月に訪問ー

                                      ☆次回は一度は泊まってみたい「ザ・ウインザー洞爺」です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/10/28(水) 21:03:03|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人気観光地「小樽」は人でいっぱい!!

余市から小樽まではバスで約40分
途中日本海が見えるのですが、通過時は雨  しかも風も吹いていたので
10月ですが寒々とした風景が広がっていました。
IMG_p6525.jpg


IMG_p6530.jpg



白波が打ち寄せる海岸線
IMG_p6533.jpg


IMG_p6534.jpg

バスはJR小樽駅を通過
IMG_p6536.jpg



車内で小樽の観光地図を渡されます。
小樽は何度かお邪魔していますが、訪問の間隔が開いているので地理はうろ覚え
なのでこのマップは助かります。
IMG_p6528.jpg



まずはバスを降りて運河で写真撮影
IMG_p6537.jpg


外国の人も多くて、人で溢れ返っています。
すでにこの風景を見ただけでどっと疲れが出ました。
IMG_p6539.jpg



ひなちゃんを待たせて、人をかき分けながらとりあえず1枚だけ写真を撮ります。
IMG_p6542.jpg

ここの滞在時間は昼食を含めて1時間半
ひなちゃんにお土産を買わせてあげたいのでランチは手っ取り早く済ませたいと
お店を探そうとした時
「お〇っこ~」とひなちゃん

すぐそばのラーメン屋さんでランチがてらお手洗いをお借りしました。


そのランチはこちら



30分くらいが過ぎたので残り1時間
ひなちゃんのお気に召すお土産は見つかるでしょうか・・・・
IMG_p6548.jpg



ここ「大正ク-ブ館」さんには「お父さん預かります」と書かれています。
お買い物に興味がないお父さん(お父さん以外も可)が
時間を過ごせるイス席を用意してくださっているお店だそうですよ。
IMG_p6550.jpg




焼肉からお寿司まで何でもあるお店
外国人が盛んにこのメニューを覗きこんでいました。
IMG_p6551.jpg


ルタオのパトスも人で溢れ返っています。
久しぶりの小樽は私が記憶している小樽とはすっかり様変わりしていました。
IMG_p6553.jpg

北一ガラスで、ひなちゃんはいくつかお土産を買い、私もひなちゃんにネックレスを買ってあげてタイムオーバー
怒涛の小樽滞在は終わりましたとさ。


                                         -2015年10月に訪問ー

                                        ☆次回は名水湧き出る「京極ふきだし公園」です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/10/26(月) 21:45:45|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人気沸騰中のニッカ余市蒸留所見学 ー後編ー 試飲コーナーは大人気

旧竹鶴邸は余市蒸留所の中でも人気の高い建物です。

創業者竹鶴政孝が夫人リタとともに使用していた余市町の郊外山田町の住居を
平成14年12月に工場内に移築、復元し、玄関ホールと庭園を一般公開しています。
和洋折衷の造りとなっております。

[開館時間] 9:00~16:30
年末年始を除く毎日。

一般公開されるのは、玄関ホールと庭園だけとなります。  -HPより引用ー

IMG_p6496.jpg



玄関には行列が出来ていましたので、あとで写真を撮りに来ることにしました。
IMG_p6497.jpg



IMG_p6521.jpg



IMG_p6498.jpg



色づく木々が美しい秋の風景がそこにあります。
IMG_p6502.jpg



IMG_p6503.jpg


青空が出ていたのに、急にザーッツと降って来ましたのでノースランド(売店)に避難します。
ひなちゃんが欲しいものが売っていればいいのですが・・・

どれどれ


トマトとトマトジュースがありますが、
大まかはアルコール類。

当然と言えば当然ですが、私もひなちゃんもがっかり
IMG_p6505.jpg



ニッカウヰスキー創業者 竹鶴政孝(1894-1979)

大正時代半ば、「日本で本物のウイスキーを作る」という夢を抱き
単身スコットランドに渡りウイスキー作りを学びます。
ひたむきに学ぶ彼の勤勉さは
かつての英国首相に「頭のよい日本の生年が、1本の万年筆とノートでウイスキー作りの秘密を盗んで行った」
と讃えられたそうです。
IMG_p6504.jpg





こちらは別棟(売店の隣)にあるニッカ会館
無料試飲会場とレストラン樽があります。

ゆっくり腰かけてウイスキーの試飲が出来ますので大人気
IMG_p6507.jpg




ひなちゃんも初ウイスキー「飲むわよ~」
IMG_p6508.jpg

というのは嘘で
私のような下戸や子供さん用にはリンゴジュースも用意されています。



窓側の席からは赤屋根の工場が見えます。
さっき雨を降らせた雲が去って行こうとしています。
IMG_p6510.jpg



IMG_p6513.jpg



雨が上がったので集合時間まで再び見学に行きます。

ここは竹鶴政孝記念庭園らしいです。
乾燥棟の模型の前でパシャ
IMG_p6514.jpg



IMG_p6517.jpg



急な雨には主だった建物の前に傘が用意されていて助かりました。
ありがとうございました。
IMG_p6516.jpg





                                    -2015年10月に訪問ー

                                        ☆次回は荒波の日本海です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ





テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/10/24(土) 21:18:12|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人気沸騰中のニッカ余市蒸留所見学 ー前編ー

NHKの朝の連ドラで一躍有名になったこの地「ニッカ余市蒸留所」
ガイドさんが「それまで(ドラマが放送される前)はいつ来てもゆっくり見学できたのですが・・・」と言っていました。
テレビの力恐るべし!

余談ですが 先日コメ油の健康パワーを放送していました。
そしたら今日スーパーの棚からコメ油が消えていました。

毎度毎度繰り返しますよねこの現象


正門から入場してまず目に飛び込んでくるのが赤い屋根の乾燥棟(キルン塔)
IMG_p6474.jpg


美しい建物です。
IMG_p6476.jpg




日本の方だけではなく、外国の方も多く訪れています。
彼らも「マッサン」見ていたの?
IMG_p6475.jpg





蒸留棟
IMG_p6479.jpg



中にはひなちゃんが興味を示さないので写真を1枚だけ撮ってすぐに出ました。
どの道私もよく分かりませんし・・・・
IMG_p6480.jpg



構内は広くて開放的
想像していた いわゆる「工場」とは全く違っていました。

素敵だ~

IMG_p6481.jpg



美しいアーチの石造りの門の向こうも見学できるようですが、私達とひなちゃんは行っていません。

IMG_p6483.jpg



昭和9年に建てられた当時の事務所

”マッサン”が創業当初はリンゴジュース・リンゴワイン・リンゴゼリーの製造工場として稼働しました。

ほぼ毎朝、ドラマを見ていましたので、
テレビの映像とこちらの醸造所の風景が重なり、私までもが懐かしい気持ちになります。
IMG_p6484.jpg



IMG_p6485.jpg



竹鶴政孝の妻リタの名前を取った「リタハウス」は旧研究室です。
1931年竣工の但馬八十次住宅を工場開設時に事務所と研究室として利用したようです。

IMG_p6486.jpg




IMG_p6488.jpg




工場と言うより公園のような風景が広がります。
IMG_p6489.jpg




IMG_p6491.jpg




真っ赤に実るエゾノコリンゴの木 
初めて見ました。
リンゴ飴のリンゴはこれを使っているのですか?   違う?
IMG_p6492.jpg

このあと、一転にわかに掻き曇りザーッツと雨が降ります。
道西ってそんなに天気が急変する地でしたっけ。
傘バスに置いてるし・・・・・

                        -後編に続くー


                                      -2015年10月に訪問ー

                                        ☆次回も人気観光地「ニッカ余市蒸留所」です☆



                -本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                         ブログランキング・にほんブログ村へ





テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/10/22(木) 20:40:43|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。

ージュマんち登場人物ー

ジュマ☆(メインの筆者・主婦)
ジュマパパ☆(夫、サブの筆者)
たー君☆(孫息子)
ひなちゃん☆(孫娘)
☆(長女・ たー君、ひなちゃんの母親)
たー君パパ☆(たー君、ひなちゃんの父親)


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (154)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (10)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
ネパール (31)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (74)
カナダ (69)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (34)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ