旅するファミリー情報局2

国内・海外の風景・グルメ・ホテル・ガイドブックにない情報も交えてお届けしています。写真だけでもご覧くださいね。                   

中世に栄えた 古都キルケニー 「キルケニー城」 -アイルランドー

キルケニーまで ゆるやかな起伏の続く丘陵地帯を進んで行きました。

IMG_q0715_115203.jpg


途中で通過した町(村?)はHollywood(ハリウッド)  動いているバスの車窓からは撮影しにくかった・・・・・

IMG_q0715_121308.jpg


キルケニーに近づくにつれ 人家が増えていきます。

IMG_q0715_122852.jpg


キルケニーに到着!! 

IMG_q0715_131818.jpg

不思議なスポーツをしている石像  クリケットみたいにも見えるのですが・・・・

これ、ハーリングと呼ばれているアイルランドの国技なんですって!

IMG_q0715_131836.jpg

非常に危険な”地上最速”のスポーツとして有名なんだとか!
自衛隊が訓練に採用しているという話もあるようです。

キルケニーのチームはかなり強いようです!!



中世アイルランドの中心都市キルケニーの観光はキルケニー城から!!

IMG_q0715_132524.jpg

周囲は堀があり、昔は水があったとか! 

謎の出入口がありました。 汚物処理のためのものだったとガイドさんが言っていたような・・・・・・ 

IMG_q0715_132530.jpg



キルケニー城は12世紀に建設され 領主であったバトラー家の居城でした。 現在の姿は19世紀の改築によるものです。

IMG_q0715_133131.jpg



IMG_q0715_133138.jpg

学生さんの見学コースになっているようです。

IMG_q0715_133203.jpg


すぐ下にはノア川が流れています。

IMG_q0715_133455.jpg


散歩したり、日光浴しているような人達もいます。

IMG_q0715_133558.jpg



IMG_q0715_133639.jpg

前庭には噴水もあり、のんびりした時間が流れていました。

IMG_q0715_133714.jpg




ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「キルケニー パーラメントストリートを歩きます 」を予定しています☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/17(金) 22:51:17|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレンダーロッホ 二つの湖 -アイルランドー

グレンダーロッホはゲール語で「二つの湖の谷」という意味です。
今日はその二つの湖のご紹介です。

ウィックロウ国立公園内では様々な野草を見ることが出来ます。

これはホタルブクロの一種でしょうか・・・
IMG_q0715_103825.jpg

前回の聖ケヴィン教会があった初期キリスト教会群から歩き始めて10分くらいでロウア―レイクーLower Lakeーが見えて来ます。
氷河が押し出した堆積物によって形成された湖です。
起伏はあるものの
整備されたハイキング道はとても歩きやすいです。
IMG_q0715_103944.jpg

ハイキングコースは30分から4時間まで9種類用意されていますが、
私たちは手軽なグリーンロード・ウォーク(50分)のコースでした。

二つの湖のアッパー・レイクーUpper Lakeー寄りに国立インフォメーション・オフィスがあります。
周囲の景観に溶け込むような建物になっています。

IMG_q0715_105132.jpg


左に進むと森のトレッキングコースになります。
IMG_q0715_105342.jpg


アッパー・レイクに到着です。
IMG_q0715_105721.jpg


谷の間から流れ込む移流霧に遭遇
写真ではわかりにくいかもしれませんが
何とも幻想的でした。
IMG_q0715_105748.jpg


波打ち際に寄せる白い泡は湖に流れて来た花びらから出来た泡だそうです。
IMG_q0715_110029.jpg



ここでUターンします。
IMG_q0715_110407.jpg


行きとは反対側の道を引き返しました。
見えているのはロウア―・レイクです。
IMG_q0715_111705.jpg


こういった沼地には木道が架かっています。
IMG_q0715_112528.jpg



IMG_q0715_114807.jpg




ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「キルケニー」を予定しています☆



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/13(月) 23:07:13|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレンダーロッホ -アイルランドー

本日は先日予約したグレンダーロッホ、ウィックロー山地とキルケニーへの日帰り旅行です。

朝早く起き、集合場所へと向かいます。 集合場所へのルートは初日にウロウロしたトリニティー・カレッジ方面です。

途中でこんなお店を発見!! 

YAMAMORI? ということはヤマモリさんという日本食系のお店のようです。

IMG_q0715_080658.jpg

昔懐かしいホウロウの看板がかかっていました。

IMG_q0715_080706.jpg







バスはダブリンから南西へと走ります。

こんな感じの山あい(というか丘の連続)を走ります。

IMG_q0715_093635.jpg


1時間ほどしてグレンダーロッホに到着  まず散策するのは6世紀の修道院跡

IMG_q0715_102024.jpg

このアーチをくぐって散策開始です。


6世紀頃のこの辺りの風景・・・らしいです。

IMG_q0715_102041.jpg


少し歩くと 見えて来ました。

IMG_q0715_102304.jpg

この辺りはお墓! ケルト風の十字架が目立ちます。

IMG_q0715_102316.jpg


円柱形の塔  武器や食料などを保管していたようです。

IMG_q0715_102420.jpg

もともとは、下に見える窓(出入口)は無く、簡単には出入りできないようになっていたそうです。



立派な墓石です。 ケルト十字が使われているということは、古い墓石でしょうね!

IMG_q0715_102639.jpg


修道院跡に入りました。  もう使われていないので、石積みの壁が往時をしのばせています。

IMG_q0715_102747.jpg


裏手の景色  なんだかいい感じ!?

IMG_q0715_102953.jpg


もうひとつ建物が残っています。 こちらは屋根を含め 完全石造り!!  

IMG_q0715_103001.jpg

残念ながら 中へは入れません。  どんなものなのか見てみたかったのですが・・・・

IMG_q0715_103115.jpg

同行の方々も同じ気分みたいでした。


 ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「二つの湖 」を予定しています☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村


関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/07(火) 22:41:17|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クライストチャーチ大聖堂とモリ―・マローン像 -アイルランドー

出来るだけ毎日書こうと努めてきたブログですが
ここのところ間隔が空くようになってきました。

6月から始めたことに関連して、英語すらもたどたどしいですのに、
必要に迫られて中国語の勉強まで始めちゃったので
時間がぁ・・・・・・・・

中国語に堪能な方はご存知かと思いますが、発音の難しさが英語の比ではないように思えます。

ジュマ老眼と老体に鞭打って奮闘中です

そんなこんなで
コメントのやり取りをさせていただいている皆様の記事へのコメントが入れさせていただけなくて申し訳ございません。
記事はしっかり読ませていただいています。


さて、今日は宿泊ホテル「ジュリーズ・イン・クライストチャーチ」の真ん前にある
クライストチャーチ大聖堂
の外観です。

ダブリンに2つある中世の大聖堂のうちの古いほうで、もう1つは前回ご紹介した聖パトリック大聖堂 です。

コートヤードには屋台が出ていました。
IMG_q0714_161638.jpg


父と子と聖霊が一体となる考えの聖三位一体大聖堂です。

全長63.4mの地下聖堂や「猫とネズミのミイラ」が有名です。
IMG_q0714_161642.jpg


こちらのステンドグラスも見事なものです。
IMG_q0714_161945.jpg


大聖堂の西端には石橋が架けられていて、教会会議場とつながっています。
IMG_q0714_162138.jpg



会議場は元は別の教会があった場所に建てられていましたが
現在はダブリニアとして知られる古いダブリンの都市と風俗を再現した展示場になっています。

IMG_q0714_162232.jpg




IMG_q0714_162236.jpg




ホテルの小さなロビーでしばし休憩して街歩きに出ます。
白夜の地域を旅するとなんか得した気持ちになりますが、
睡眠不足になりがちですので、うまく調整しなくてはいけません。
IMG_q0714_170710.jpg


7月のダブリン 夜はそれなりに冷えて来ます。
IMG_q0714_173636.jpg


以前少し触れました「モリ―・マローン」像がこちら。
セント・アンドリュース教会の前に建っていて、写真を撮る人もたくさんいます。

モリー・マローン(Molly Malone)とは、アイルランドのダブリンを舞台にした曲であり、
非公式ながらもダブリン市の歌として、広く親しまれているらしいです。


(諸説あるのですが)この歌は
ダブリンで魚売りを営んでいた美しい娘が、熱病のため若くして死ぬと言う架空の話をもとにしていたらしいですが、
20世紀後半になって、モリーは17世紀に実在していたという話が浮上したようです。-wikipwdiaより引用-
IMG_q0714_175907.jpg


モリ―・マローン像除幕記念碑は宿泊していたジュリーズインに縁があるものでした。
IMG_q0714_175924.jpg




ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回からは「グレンダー・ロッホ」を予定しています☆



-本日の記事はジュマ花が担当しましたー

                            ランキングにクリックお願いします
                        
にほんブログ村

関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/01(水) 22:08:32|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

セント・パトリック大聖堂 後編 -アイルランドー

ステンドグラス きれいでした。

IMG_q0714_154656.jpg


こちらのコーナー 不思議な木のようなものが置かれています。

IMG_q0714_155155.jpg

この木のようなモニュメントは第一次世界大戦百周年記念で2014年に造られたものだそうです。

IMG_q0714_155217.jpg

戦争による大きな被害を表しているもので、戦争で亡くなった方へのメッセージを木の横に残せます。

IMG_q0714_155235.jpg



もうひとつ不思議なものが展示されていました。

IMG_q0714_155306.jpg

対立していた2つの一族 オーモンドのバトラー家とキルデアのフィッツジェラルド家が大聖堂に入り、
参事会集会所の扉越しに口論となりましたが
騒動を収めるためにジェラルド・フィッツジェラルドが扉の穴から腕を出し
両家が握手して解決したとか!!

【chance your arm】(一か八かやってみる)という言葉の語源になった出来事だそうです。


大聖堂を出ると公園になっていました。

IMG_q0714_155727.jpg

天気も良いし 公園で過ごすにはピッタリの日です。  予想よりも暑かったのですが・・・・




             ー2017年7月に訪問ー

                    ☆次回は「クライストチャーチ 」を予定しています☆


ー本日の記事はジュマパパが担当しましたー


にほんブログ村


関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2017/10/29(日) 22:12:35|
  2. アイルランド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール


Jumapapa・Juma

Author:Jumapapa・Juma
海外・国内を問わず、
お出かけに関する情報を発信しています。
ガイドブックに載っていない穴場情報もご紹介しています♪


ブログ記事上の画像の
『無断転載(加工を含む)』を
お断り致します

お好きな言語でお楽しみください


It can translate into a favorite language.

English
中文版
한국어
Française
Deutsche
Italiana
Española
Portuguesa



Flag Counter

アクセス数
    

いらっしゃいませ

数あるブログの中から
「旅ファミ2」にいらしてくださって
「ありがとうございます。」
個人旅行とツアー半々の旅行記です。
国内・海外の旅記事を夫婦交替で書いています。


現在の閲覧者数:



普段の暮らしぶりは
CIMG65381.jpg

家族で
お出かけするなら

にほんブログ村


旅の情報は


旅行記
記事一覧


新着コメントさん

読ませていただいています

最新記事

カテゴリ

北海道 (34)
なばなの里 (36)
三重県 (17)
岐阜県 (59)
愛知県 (156)
滋賀県 (10)
京都府 (13)
兵庫県 (11)
大阪府 (11)
奈良県 (10)
長野県 (24)
山梨県 (26)
静岡県 (17)
新潟県 (11)
富山県 (6)
福井県 (14)
千葉県 (8)
東京都 (10)
神奈川県 (1)
福岡県 (6)
長崎県 (5)
沖縄県 (37)
八重山諸島 (23)
日帰り旅行 (10)
温泉・宿 (8)
韓国 (5)
中国 (69)
香港 (8)
タイ (1)
ベトナム (68)
マレーシア (66)
シンガポール (17)
ネパール (66)
スペイン (58)
ポルトガル (129)
オランダ (72)
ベルギー (158)
ルクセンブルク (17)
英国 (195)
アイルランド (15)
フィンランド (7)
サイパン (1)
USA (75)
カナダ (69)
ペルー (53)
スイス (10)
ドイツ (53)
フランス (6)
イタリア (75)
ニュージーランド (7)
オーストラリア (72)
タンザニア (2)
クロアチア (42)
スロヴェニア (29)
ボスニアヘルツェゴビナ (12)
モンテネグロ (6)
ドバイ (5)
カタール (7)
チェコ (20)
ハンガリー (17)
オーストリア (15)
エストニア (15)
リトアニア (12)
ロシア (51)
ラトビア (14)
ポーランド (15)
天使たち (77)
当選しました (22)
使ってみました (35)
食べてみました (13)
外食・内食 (36)
ベランダガーデン (15)
ガーデニング (11)
雑談 (37)
未分類 (16)
お得情報 (7)

どこ行く・ここ行く

どこ行く・ここ行く2


トリップアドバイザーさんに
おすすめブログとして
掲載していただいています


アムステルダム ホテルの口コミ




記事でご紹介した場所の
詳細情報は

千葉県
TDL

東京都
サンシャイン水族館

神奈川県
横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

長野県
信州新町ジンギスカン街道
久米路峡
道の駅しなのふるさと天望館
野尻湖
野尻湖ナウマンゾウ博物館
小布施界隈ガイド
上高地
伊那谷道中
ビーナスラインNavi
奈良井宿観光協会
道の駅小坂田公園
鷹山ファミリー牧場

静岡県
エスパルスドリームプラザ

岐阜県
千保稲荷神社
関市武芸川温泉ゆとりの湯
岐阜県 人気やな場
新穂高ロープウェイ
四十八滝山野草花園
ひるがの高原SA
日本昭和村
三峰温泉
寺尾が原千本桜公園
千代保稲荷神社
高山市観光情報
アクア・トトぎふ
かかみがはら航空宇宙科学博物館
花フェスタ記念公園
金華山

愛知県
フローラルガーデンよさみ
名古屋港
えびせんべいの里
INAXライブミュージアム
形原温泉
知立公園
海南こどもの国
リニア・鉄道館
南知多ビーチランド
豊川稲荷
矢勝川彼岸花
セントレア
名古屋テレビ塔夜景
徳川園
半田赤レンガ建物
吉良温泉
一色さかな広場
碧南市明石公園
安城産業文化公園 デンパーク
半田の春祭り
ドニチエコきっぷ
鶴舞公園
東海市観光協会
竹島
ラ・グーナ蒲郡
JR名古屋セントラルタワーズ
野外民俗博物館リトルワールド
刈谷ハイウェイオアシス
大須商店街
渥美半島ドライブコース

三重県
伊賀の里モクモク手づくりファーム
忍者列車
なばなの里
名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
ジャズドリーム長島
ナガシマリゾート
湾岸長島PA
二見シーパラダイス
熊野市観光HP

京都府
東福寺
天得院
金閣寺
龍安寺

大阪府
大阪駅構内図

滋賀県
ブルーメの丘

兵庫県
明石海峡大橋ライトアップ

山梨県
八ヶ岳倶楽部
スパティオ小淵沢
八ヶ岳アウトレット
リゾナーレ八ヶ岳
富士見パノラマリゾート

新潟県
妙高道の駅「あらい」

富山県
黒部ダム

福井県
九頭竜ダム
越前大野城
永平寺町観光ガイド
千古の家
福井県立恐竜博物館

滋賀県
彦根・長浜観光ガイド
長浜
近江八幡水郷めぐり
醒ヶ井宿梅花藻

兵庫県
神戸市立王子動物園

北海道
北海道の旅
旭山動物園公式HP
層雲峡氷瀑祭り
オホーツク流氷館

福岡県
関門国道トンネル
門司港レトロ
九州鉄道記念館

長崎県
小浜温泉
口之津イルカウォッチング

沖縄県
八重山諸島
沖縄観光
沖縄フルーツランド

その他
全国イチゴ狩りスポット
名阪国道

ベルギー
フランダースの犬情報センター
ベルギー・フランダース政府観光局
グランプラス
小便小僧

オランダ
NHバルビゾンホテル
オランダ観光情報

スイス
ジュネーブ
ローザンヌ

フランス
シャモニー

イギリス
バッキンガム宮殿
ウェストミンスター寺院
ロンドン・アイ
トラファルガースクエア
大英博物館
タワーブリッジ
バーミンガム観光
ノッティンガム観光
イギリス国立鉄道博物館ーヨークー

イタリア
ミラノ旅行ガイド
ヴェネツィア
フィレンツェ観光
ピサ

ドイツ
フランクフルト
マンハイム
ハイデルベルグ
シュツットガルト
ミュンヘン
ニュルンベルク

タンザニア
タンザニア情報

ポルトガル
ポルトガル公式サイト

スペイン
スペイン政府観光局

アメリカ合衆国
クリーブランド動物園
シアトル観光

カナダ
ブッチャートガーデン
ウィスラー
キャピラノ吊り橋
クライスト・チャーチ聖堂

韓国
韓国観光公社
ロッテホテルワールド

中国
上海博物館
外灘

ベトナム
ハロン湾













ホテルグランヴィア京都




お得情報


logo.gif










★買って気に入っている商品★
「美肌シャワーヘッド ボリーナ」


「シンクビー カーラ 長財布」


「アロマスプレー アンチバクテリア」


「激落ち     刃物クリーナー」

「左利きにも使える包丁」

「分別ごみ箱」



jumaのブログ


CIMG65381.jpg

bn-gr2b.jpg

88-051.jpg

88-052.jpg

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ